« 「札幌五輪」切手にスキージャンプ&五輪マーク風景印を押印 | Main | 「日の丸飛行隊」切手、宮の森シャンツェ写真入りカバー作成 »

2011.07.10

定山渓森林マラソン、16kmで年代別4位入賞

7月10日(日)、定山渓森林マラソンの16kmで1時間02分31秒で完走。40歳以上の部4位入賞しました。

札幌中心部は日中曇りでしたが、定山渓は日が差して、蒸し暑い状況。ただ、会場近くの冷水トンネルの中は涼しく、アップしたあとはトンネルの中に移動し、涼んでました。
10時半スタート。トンネルと森林区画が多いので、珍しく帽子はかぶらず。最初は会場内を500メートルほど周回。下り区間は自然と足が進み、トップのすぐ後ろにつけるも、そのあとは自分のペースに落ち着かせると、後ろから次々と抜かれる。5kmの部も同時スタートなので、そのペースに惑わされることなく、自分のペースを守る。
冷水トンネル、豊平峡トンネルと涼しいトンネル区間では路面が濡れていて、滑らないよう慎重に走り、2.5kmの第1折返しでは40歳以上で7位も2位から6位までは大きな差はなく、入賞は射程圏。
折り返し後のトンネル内で1人抜いて6位。早くも入賞圏内。トンネル区間が終わり、スタート地点横の5km地点は18分47秒。ここから約3kmは下り区間。速すぎず、でもブレーキはかけないように走る。途中、1人抜いて5位浮上。
8km地点で給水。この先は非舗装区間。まずは上り区間。勾配がややきつく、ペースがだいぶ落ちるも、頑張りすぎずに走る。路面は早朝の雨でぬかるんでいる状況。水溜りもところどころにあり、それを避けつつ、滑って転倒することがないよう、足元を見て、走りやすいところを見つけながら走る。途中で下りに変わり、切り替えてペースアップ。10.3km地点で第2折返し。前後の差をチェックしたところ、4位とはだいぶ差が開いたものの、後ろの6位とは20秒くらいの差。同じ道を戻るので、今度は上り→下り。下り区間は今まで溜めていたパワーを出して走る。39歳以下のランナーを3人抜き、13km地点の給水をとったあと、残り3kmは上り区間。後ろを見ると、6位との差は8秒くらいで、ちょっとヤバい状況。入賞は確実でも、あっさり負けるわけにいかないので、少しずつ頑張り度を上げていく。残り2kmを切り、もう一度後ろを見ると、差は5秒くらい。このままなら間違いなく追いつかれる状況。すると、前に4位のランナーが見える。ちょっとペースが落ちてきたようで、ひょっとしたらもう少し頑張って走れば4位のランナーに追いつくかも…と思い、6位との差をキープする意味でも前の4位のランナーを一生懸命追いかける。残り1.5kmくらいで20秒くらいの差。途中、上り勾配がゆるやかな区間のところで、スピードアップして、差を一気に縮める。残り500mくらいで4位のランナーに追いつき、一気に抜き去る。あとは後ろを振りかえず、がむしゃらにゴールへ向かって上り続ける。残り100m。上り切ったあとの左折で後ろを振り返ると10m以上の差。あとは下りなので、抜かれることはないと確信。そのまま4位を死守してゴール。5位と2秒差。6位と5秒差。苦手な上り区間の競り合いを征することができ、ちょっと嬉しかったです。
レース後は定山渓温泉のホテルミリオーネでゆっくり汗を流し、札幌駅まで路線バスで移動。しっかり休むことができました。
このところ千歳(標高差約150mの上り→下り)、美瑛(標高差約600mの下り)、ピンネシリ(標高1100mの登山マラソン)、そして今回の定山渓森林マラソンと山登り・下りをたっぷり楽しんでしまい、スタミナは養成されたものの、スピードはちょっとイマイチ状態になったので、北海道マラソンに向けて、これからはスピード練習も入れていきたいですね。

|

« 「札幌五輪」切手にスキージャンプ&五輪マーク風景印を押印 | Main | 「日の丸飛行隊」切手、宮の森シャンツェ写真入りカバー作成 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/52174145

Listed below are links to weblogs that reference 定山渓森林マラソン、16kmで年代別4位入賞:

« 「札幌五輪」切手にスキージャンプ&五輪マーク風景印を押印 | Main | 「日の丸飛行隊」切手、宮の森シャンツェ写真入りカバー作成 »