« いわて北上マラソン完走記(1) | Main | 10/22、札幌市・大田広域市姉妹都市提携記念共通ウィズユーカードを購入 »

2010.10.14

郵便局会社による風景印押印後の和文印二重消印

若柳郵便局風景印&和文印の二重消印
2010年10月12日、若柳郵便局(〒989−5599宮城県栗原市)の窓口で風景印押印。うち、友人あてに切手貼の私製葉書を差しだしたところ、同郵便局の和文印(インク浸透式印)が二重に押されて配達されてしまいました。

よくある「二重消印」のパターンは、郵便事業会社の支店での処理で誤って押される(特に機械印)ことが多いのですが、これは自局内での二重消印。本来、特殊扱いでない通常の郵便物について、差出人が指定しない限り郵便局会社の消印処理はないもので、単純な処理ミスでは片づけることができない誤処理です。
どういう経緯でこのような処理になったか、郵便局会社のサイト「郵便局に関するご意見・お問い合わせフォーム」にて、今回の状況報告、そしてどういう経緯でこのような処理になったかの調査、また郵便局会社としての再発防止策の説明を依頼したところです。
ミスは仕方ないにしても、実質的に1枚の切手に2つの消印が押されること自体「棄損郵便物」扱いとして、付箋紙などで「お詫び」対応すべきところ、そのまま配達されること自体、日本郵便グループ全体の意識が「二重消印」が「罪」と思っていないということでしょう。ミスは仕方ないにしても、ミスをミスと思わない意識の方が問題なので、何度もこういうことを取り上げていますが、日本郵便グループに対して徹底的に「二重消印」に対する「意識改革」に向けた取り組みをしていきたいと思っています。

|

« いわて北上マラソン完走記(1) | Main | 10/22、札幌市・大田広域市姉妹都市提携記念共通ウィズユーカードを購入 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/49739620

Listed below are links to weblogs that reference 郵便局会社による風景印押印後の和文印二重消印:

« いわて北上マラソン完走記(1) | Main | 10/22、札幌市・大田広域市姉妹都市提携記念共通ウィズユーカードを購入 »