« 「東京マラソン2010」完走記(1) | Main | レターパックもエクスパックも買えない「空白の9時間」 »

2010.03.31

「東京マラソン2010」完走記(2)

東京マラソン2010スタート直前写真
2月28日開催「東京マラソン2010」の完走記・その2です。

◆Start(0km)
雨の中、約25分じっと待ち続け、9時10分にやっとフルマラソンスタート。スタートライン到達は約12秒(ゴールタイム(グロスタイム)からこのロスタイムを引いたタイムが「ネットタイム」となります)。最初はじっくりいこうと思い、後ろからペースを上げて抜いていくランナーを気にせず、最初の1kmは4分30秒くらいでもOKのつもりで、じっくりと走る。スタートしてしばらくは道路の全車線を使い、完全に車を通行止めにしているので、常に左寄りで走ることはせず、最短距離になるようなコースどりで走る。
最初の1kmは4分23秒。まずまずの入り。このあと5kmまでは、キロ4分05秒前後のペースでいければOK。おおむね下り基調(途中で急な下りもある)なこともあり、後ろから次々と抜かれていく状況も、勝負は後半と思い、あせらずに自分のペースを守る。
◆5km/0:20:33
ロスタイム12秒を除けば、20分21秒。キロ4分04秒ペースと予定どおり。5km過ぎの給水所でアミノバリュー(スポーツドリンク)を少しだけ飲む。このあとキロ4分03秒ペースまで上げられれば…と思ったものの、無理しすぎると中盤(品川→浅草)の向かい風区間でスタミナを奪われ、終盤に大失速しそうな感じだったので、キロ4分くらいで走るランナーに抜かれても気にせず、無理はしないでキロ4分05秒前後のペースを維持する。ところが、早くも左足のアキレス腱にちょっと痛みが出てしまう。スタート前にストレッチできず、ジッとしていた影響が出たのかも。竹橋近くのパレスサイドビルのある交差点を左折し、内堀通りへ。ここからは中央分離帯の左車線のみの走行。途中から10kmのゴールが近いため、左側はフル、右側は10kmと分離して走ることになり、走路幅が若干狭くなるも、サブスリー前後のペースの人数なら問題なし。ゴールタイムが4時間以上のランナーなら相当混雑したのでは…。
◆10km/0:41:01
この5kmは20分28秒。キロ4分06秒。想定ペースより遅いものの、この気象条件を考えれば、やむを得ず。日比谷公園側は10kmのゴール。ポツポツと10kmのゴールするランナーもいましたが、大半はフルのランナーで、まずは品川駅前の折り返しに向けて走る。気象条件は雨は以前と本降り状態。気温もさらに下がってきて、2枚重ねてはめていた手袋(ソフト軍手の上からいつも使用している薄手のマラソン用手袋をはめる)もビショビショ状態。
12km地点過ぎ、増上寺前を通過したあと、右手の芝公園内の仮設トイレで、手前側が小便器5箇所あるところを発見。そこで用足しすることに。我慢しようと思えばできたけど、次にいつできるかわからないので、あとでトイレを気にして走るくらいなら、今回は2回(前回は3回)トイレタイムをとろう…と判断した次第。しかし入ろうとすると、手前4つは既に利用済み。最後の5つ目はかろうじて空いてました。係員がいない場合、あらかじめ遠めから利用者がいるかどうかをチェックして、空いているところを早めに確認して入る方がロスが少ないなぁ…と感じました。トイレのロスタイムは約40秒。
3年前の第1回もそうでしたが、冷たい雨の中のレースということで、沿道の応援者も思ったより多くはない状態。その分、沿道の応援に気をとられることなく、自分の走りに集中できる…というか、この雨の中、路面状況などを常に確認しながらの走りなので、走りに集中するしかない状況。とても景色とか沿道の応援まで気にする余裕は全くなし。
◆15km/1:02:07
この1kmは21分06秒。トイレのロスタイム・約40秒を差し引けば、キロ4分05秒ペースで、予定どおり。このあと、品川駅前で折り返し。それまでは追い風状態でしたが、これからは浅草まで向かい風を受けての走り。単独走は避け、なるべくほかのランナーの後方に待機しながらの走りができるように心がける。天気なら反対側で走っている仲間を探して、声を掛け合おう…と思ってましたが、その余裕は全くなし。ただ、仲間の方から声をかけてもらい、私も手を振ってなんとか反応する。
向かい風を受ける状況でペースが落ち、キロ4分10秒前後。ときどき左足のアキレス腱の痛みも出て、無理して走るとアキレス腱を切ってしまうのでは…という不安をかかえながら、慎重に走る。18km過ぎで内側のソフト軍手が濡れすぎて、手が冷える状況なので、ソフト軍手を外そうとするも、手が冷えて思うように動かすことができず、結局外すのをあきらめて元に戻す。そのため18~19kmの1kmは4分20秒と10秒ほどロス。
20km手前では札幌から応援に来てくれた仲間が沿道から声をかけてもらい、手を振って応える。仲間からの応援は励みになっていいですね!
◆20km/1:23:06
この5kmは20分59秒。なんとか21分以内で乗り切る。日比谷通りと晴海通りの交差点を左折し、有楽町駅前が中間点。1時間27分42秒で通過。
有楽町駅前風景東京マラソン中間点
和光の時計塔のある銀座4丁目の交差点を左折し、中央通りへ。観客が一番多いところで、雨の中でも応援が熱い状況。私はその様子を確認することはせず、ここでも走路の先を見つめ、自分の走りに集中。いつもなら早ければ中盤あたりでふくらはぎの調子が悪くなり、つりそうな状況になることもあるのですが、タイツ着用&ニューハレVテープ(さらにテープを貼る前にウォームアップクリームを塗る)の効果もあって、違和感はここまで特に無し。
22.5km地点の給水所の手前でウエストポーチに入れていたゼリー飲料(ザパス・ピットインリキッド)を補給し、そのあと水を飲む。当初の予定では15kmあたりで補給しようと思っていたのですが、思ったより空腹感がない状態なので、遅らせました。
途中でキロ4分10秒前後で走るいいペースのランナーを見つけ、その方についていくような形で自分も少しペースアップ。しかし、25km手前でそのランナーがトイレのためコースアウト。目標を失い、自分のペースも少しダウン。(その3に続く)

ところで、2月28日(日)「東京マラソン2010」のテレビ放送、日テレ関東ローカル「有名人ランナーもまだまだ激走中SP」(12:00~16:30)またはBS日テレ「東京マラソン2010ダイジェスト」(21:00~24:00)を録画された方がもしおりましたら、メールでお知らせしていただければ幸いです。仲間でファミリーランに出場し、1番でゴールに入ってインタビューを受け、それが放送されたものですから。よろしくお願いします。

|

« 「東京マラソン2010」完走記(1) | Main | レターパックもエクスパックも買えない「空白の9時間」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/47954962

Listed below are links to weblogs that reference 「東京マラソン2010」完走記(2):

« 「東京マラソン2010」完走記(1) | Main | レターパックもエクスパックも買えない「空白の9時間」 »