« 「22.2.2」2並び印押印・局回り記 | Main | 2/4、「さっぽろ雪まつり」外フレーム切手2種発売 »

2010.02.03

2010.4.1から「レターパック」登場…発表内容は不完全

2010年4月1日から「エクスパック500」に代わるサービスとして、信書封入OKの「レターパック500」「レターパック350」が登場します。

「エクスパック500」は信書封入が不可な「宅配便」扱いですが、「レターパック500」「レターパック350」とも信書封入OKなので、当然「信書便」…いわゆる「郵便」扱いとなります。
民営化後の「エクスパック500」表面左上は「EXPACK500」の文字だけでしたが、「レターパック」は「印面」が登場し、「Letter Pack」の文字に「NIPPON 日本郵便 〒」の文字と額面(「500」または「350」)が入っています。よって、レターパック引受のときは印面に消印押印が必要となり、特殊通信日付印(風景印など)の押印も可だと思います。
ただ、ひとつ気になることがあります。ゆうびんホームページに掲載されている「レターパック4月1日サービス開始」(PDFファイル)に、肝心のサービス内容の一部が記載されていませんでした。ゆうびんホームページ掲載の「エクスパックご利用案内」では(一部のみ掲載)、

◆全国翌日配達いたします(一部地域を除きます。)。
◆午前・午後の1日2回配達です。不在で持ち戻ったエクスパックは、電話により当日19時頃(※)までに再配達希望のあったものについては、21時頃までに再配達するほか、荷受人さまからのご依頼により、ご希望の場所へ転送いたします(無料)。
(※) 電話受付時間は事業所によって異なる場合があります。
◆電話をいただければ集荷にお伺いします。詳細は、お近くの事業所へおたずねください。

とありますが、「レターパック」の方は、配達方法について「レターパック500」が「受取人さまの受領の証印又は署名をいただきます。」、「レターパック350」が「ポスト(郵便受箱)へ配達します。」という記載があるだけで、詳しい配達方法、そして電話による集荷サービスの有無についての記載がありません。
私が知りたいのは、
(1)スピーディーな配達という扱いになるのか?
(2)日曜日は配達の扱いがあるのか?
なんですけど、これでは全くわかりません。どれだけの速さで配達されるのか、という記載がなく、利用者の側に立った報道発表ができてません。これは今回だけじゃなく、新切手発行のときもそう。だいたいの報道発表がこんな調子。いいサービスを提供していても、日本郵便グループの宣伝は非常に下手で、本当に利用者が「使いたい」と思わせるようなPRをしっかりしないと、今のJALのような状態になってしまうでしょうね…。

|

« 「22.2.2」2並び印押印・局回り記 | Main | 2/4、「さっぽろ雪まつり」外フレーム切手2種発売 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/47468253

Listed below are links to weblogs that reference 2010.4.1から「レターパック」登場…発表内容は不完全:

« 「22.2.2」2並び印押印・局回り記 | Main | 2/4、「さっぽろ雪まつり」外フレーム切手2種発売 »