« 「平成22年度特殊切手・ふるさと切手発行計画」発表 | Main | 「Web速達」手元に到着 »

2010.02.01

2010年2月1日から「Webレタックス」「Web速達」「Webレター」引受開始

Webゆうびんサイト画面
2010年2月1日(月)午前8時から「ゆうびんホームページ」内に「Webゆうびん」サイトが開設され、「Webレタックス」「Web速達」「Webレター」のサービスが同日より開始されました。

「Webゆうびん」サイト
https://webyubin.jpi.post.japanpost.jp/webyubin/

Eメールアドレスとクレジットカード登録すると、パソコンを利用して、レタックスの発送、そしてワードファイル、PDFファイルも速達便(レタックス扱い)と普通便(コンピューター郵便扱い)で発送できるようになります。
で、早速「Web速達」「Webレター」を利用してみました。が、ワードファイルは2000/2003形式のみ。2007形式は不可。なので、「Web速達」「Webレター」で送るワードファイルは、保存する際に2000/2003形式にする必要があります。また、ファイルサイズは1MBまで。画像が添付されていたりすると、1MB以上になることが多いので、添付できないケースも出てきます。そしてA4判横長のファイルの場合は90度回転されず、横の長さがファイルより短いため、自動的に縮小となり、下半分は空白状態…これはビジネス的には正直使えないような気がします。まだまだいろいろと改良すべき点が多々あると思います。
なお、自分あてのWeb速達を郵便事業会社札幌支店私書箱のあて先でお昼に発送し、17時半に私書箱を開けたのですが、まだ届いておらず、追跡サービスで確認すると、17時37分「到着」(プリントアウト処理)、20時04分「窓口でお渡し」(私書箱交付)となっています。初日というせいもあるのでしょうが、処理がちょっと遅い感じですね。
郵便追跡サービス検索結果画面
12時時点で利用はわずか6番目。初日便は貴重かな?


|

« 「平成22年度特殊切手・ふるさと切手発行計画」発表 | Main | 「Web速達」手元に到着 »

Comments

こんにちは。
自分宛のものはもっとひどく、「配達予定日2月2日」になっています。
全然“速達”じゃない(笑)

なお、初日便は22通のようです。

しかし、初日分の配達取扱店を見ると、半分くらいは誰が受取人かわかってしまいます(笑)

Posted by: 739163 | 2010.02.02 at 09:31 PM

「Web速達」発送第1号者こと739163さん、こんにちは(笑)。どうやら739163さんあてのは、2/2付の到着印が押されているようですね。きっと新封筒を捜索していたのでしょう(爆)。
で、豊島支店管内あてが最初、板橋支店到着というのはどういうことなんでしょうか?
なお「Web速達」の2/1差出分で北海道あては私あての1通だけでした(苦笑)。

Posted by: yua | 2010.02.02 at 11:27 PM

実は、第1号でなく第2号なんです。残念なことに(笑)
某氏宛のは2通めの豊島支店管内の分です。
(たぶん、1件目、3件目は某団体宛でしょう。)

板橋支店の話は、その某氏と話をしたところ、
システム上の豊島支店のあて先自体が
誤っているのではないかという結論に達しました。
板橋支店管内宛のものを出したら、豊島支店を経由したりして(笑)

Posted by: 739163 | 2010.02.02 at 11:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/47454752

Listed below are links to weblogs that reference 2010年2月1日から「Webレタックス」「Web速達」「Webレター」引受開始:

« 「平成22年度特殊切手・ふるさと切手発行計画」発表 | Main | 「Web速達」手元に到着 »