« 市電図柄の共通ウィズユーカード、第10弾発売 | Main | 日本国内初「フルマラソン2時間05分台」をテレビ観戦 »

2009.12.05

サッカーJ1、鹿島3連覇達成は感動的!

2009年12月5日、サッカーJ1とJ2の最終節が行われ、J1、J2の優勝争い、そしてJ1昇格の最後のイス、J2・3位の座を賭けた争いはどれもドラマチック。その中で感動的だったのは、やはり史上初のJ1・3連覇を達成した鹿島アントラーズの優勝でした。

J1は15時30分過ぎから一斉にキックオフ。前半終了時点で前節1位の鹿島が浦和と対戦し、0-0。前節2位の川崎は柏と対戦し、3-0と大差のリード。このまま鹿島引き分け、川崎勝利だと勝ち点は並ぶも、前節時点で得失点差では川崎が鹿島を上回っているため、川崎の逆転勝利。後半20分終了時点で鹿島0-0、川崎3-0は変わらず。ところが、鹿島が右サイドから攻め込み、センタリング。ワンバウンドしたボールを興梠選手が執念でヘディングで押し込み、V3をグッと引き寄せる先制点。このあと、終盤で浦和の猛攻をなんとか凌いで、試合終了。昨年も最終節で勝利をして優勝を決めましたが、対戦相手はJ2降格が既に決まってしまったコンサドーレ札幌。そして、会場は札幌ドーム。札幌は雪が降っていたものの、屋内の札幌ドームは雪の心配は全くなしで、鹿島アントラーズが歓喜の2連覇達成でしたが、今日の試合会場は埼玉スタジアム2002。さいたま地方は試合が始まってから本降りの雨。気温も9度と悪コンディションの中での試合。
その中、5万人以上集まった両チームの熱いサポーターの応援の中、鹿島、浦和の両選手とも勝利に対する執念が強かった試合をしてくれました。で、勝利の執念が勝っていたのは鹿島だった…ということですね。興梠選手のヘディングシュート…これこそ大舞台で一番やってほしいプレー!という感じでした。昨年に続き優勝が懸かった試合で1-0で勝利…これこそ鹿島の真骨頂ですね。今日のJ1で勝利チームは偶然にも1~4位の4チームのみ(1位鹿島、2位川崎、3位G大阪、4位広島)。うち、得点が1点の最少得点で勝ったのは鹿島だけ。一時は5連敗で首位を明け渡したものの、そのあとシーズン終盤に立て直して、最後の大一番で3連覇のプレッシャーもありながら、見事勝利で達成…素晴らしいのひと言です。純粋に感動の試合を見せてくれてありがとう!ですね。
鹿島はベテラン選手、若手選手、外国人選手がみんな機能してました。ベテラン選手が精神的支柱となり、若手選手はベテラン選手に引っ張られ、また厳しいチーム内競争をしながらたくましく育ち、外国人選手はチームプレーをしっかり理解しつつ、自分の持ち味を発揮してました。もちろん、監督の戦術、スタッフの努力、サポーターの熱い応援…すべてがマッチして勝ち取った3連覇でしょう。
鹿島はJ1制覇はこれで7度目(Jリーグ時代を含む)。天皇杯、ナビスコ杯を含めるとこれで「13冠」。J1・2年連続3度目の2位&ナビスコ今年を含む3度の2位の川崎がまだ「1冠」も取れていないことを考えれても、鹿島の記録はもうとてつもないスゴさです。
コンサドーレ札幌も昨年、間近で優勝した鹿島のスゴさ、そして敵の優勝を見ることとなった屈辱を味わったばかり。それを糧に来年は今年以上に飛躍していく!というくらいの気持ちがないと、万年J2となりかねません。J2・3位に食い込み、J1昇格となった湘南は実に11年ぶりのJ1(11年前の名称は平塚)。今日も0-2と劣勢の中、3点取って大逆転。4位・甲府と勝ち点「1」差で3位に入ったのも、なんとしてもJ1に戻りたい!という強い気持ちがあったからこそでしょう。そういう気持ちを札幌も来年はぜひ見せてもらいたいものです。
今日は午前中、つどーむのランニングコースで30kmロング走(つまり1周400mコース×75周)。最初はキロ5分ちょうどのペースで走ってましたが、20km走ったあと、キロ4分45秒にペースアップして、25kmまでいき、残り5kmはさらにキロ4分30秒にペースアップ。2時間24分で走り切りました。東京マラソンまでに30~35km走を5回くらいできれば、キロ4分ペースで押し切れる「脚」の基礎ができると思ってますので、年内にもう1回は30km走をしたいです。

|

« 市電図柄の共通ウィズユーカード、第10弾発売 | Main | 日本国内初「フルマラソン2時間05分台」をテレビ観戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/46945173

Listed below are links to weblogs that reference サッカーJ1、鹿島3連覇達成は感動的!:

« 市電図柄の共通ウィズユーカード、第10弾発売 | Main | 日本国内初「フルマラソン2時間05分台」をテレビ観戦 »