« サッカーJ1、鹿島3連覇達成は感動的! | Main | 第22回大田原マラソン、10kmごとの通過順位 »

2009.12.06

日本国内初「フルマラソン2時間05分台」をテレビ観戦

12月6日(日)、第63回福岡国際マラソンをテレビ観戦。エチオピアのツェガエ・ケベデ選手が2時間05分18秒の自己新で2連覇達成。日本国内のフルマラソンレースで初の2時間05分台の瞬間をしっかりテレビ観戦してました。

ツェガエ・ケベデ選手の5kmごとと前後半のスプリット、ラップ、キロペースは以下のとおりです。

距離/スプリット/5kmラップ<1kmペース>
05km 0:15:02 15:02<3:00>
10km 0:29:53 14:51<2:58>
15km 0:44:43 14:50<2:38>
20km 0:59:45 15:02<3:00>
25km 1:14:58 15:13<3:03>
30km 1:39:47 14:49<2:58>
35km 1:44:24 14:37<2:55>
40km 1:59:01 14:37<2:55>
Goal 2:05:18 06:17<2:52>

距離/スプリット/ハーフラップ<1kmペース>
前半 1:03:05 1:03:05<2:59>
後半 2:05:18 1:02:13<2:57>

前半も1時間03分05秒とキロ3分ペース(1時間03分18秒)を上回るハイペースながら、後半は1時間02分13秒と前半より52秒も速く、キロ2分57秒ペース。ツェガエ・ケベデ選手にとってキロ3分ちょうどは、非常に楽なペースなんでしょう。もし、最初からキロ2分56秒くらいで入ったとき、どれくらいのタイムでゴールするのか…見てみたいですね。今回の福岡もゴールしてまだまだ余裕たっぷり状態だから、2時間03~04分台でいけるような気がします。それに対し、日本人選手なら前半でキロ3分03秒ペース(1時間04分21秒)でいったとして、後半が前半より速いペースでいくことすらまず無理。イーブンでゴール(2時間08分42秒)でいけば御の字。キロペースが3分05秒(1時間05分03秒)を上回ってしまう選手がほとんどでしょう。
国内招待選手で唯一出場の佐藤智之選手(旭化成)は、2時間23分59秒の31位。ハーフは1時間03分35秒とほぼキロ3分ちょうどのペース。しかし、25km過ぎからペースが落ち、30kmを過ぎでキロ4分を超えるペース。40kmからはついにキロ5分も超えてしまう大失速。談話では両足のけいれんとのこと。自分の経験上、けいれんした理由とすれば、エネルギー切れによる「低血糖症」でしょう。レースに合わせた食事がうまくいってなかったのでは…と思います。報道では、佐藤選手はレース直前まで40km走を10本近くやっていたので、42kmをキロ3分ちょっとで走るスタミナ自体は間違いなくあったと思いますが、その40km走の中身がどうだったのか?最初から最後までほぼ同じペースでいけてOK…というのは、市民ランナーのやり方。優勝とか上位を狙うのなら、オーバーペースぎみの速いペース、遅いペース、途中でペースを上げ下げさせる…などいろんなパターンでやっていく必要があります。こうやって走ったときの自分のカラダがどんな状態になっているかをしっかり把握させていかないと、本番では様々なレースの状況に対応できないでしょう。実は我々市民ランナーも例えば30km以上の長距離走をする場合、いつも同じペースで走るより、ときには最初はスロー、後半にビルドアップとか途中でペースを変えて走ってみた方がいいと思います。ただし、いろんなパターンで走ったとき、自分のカラダの状態を把握させて、初めて効果のある練習と言えるでしょう。今の状態は調子がいいのか、悪いのか。悪いときには早い段階で目標タイムを思い切って下げていく…それができないと、今回の佐藤選手のように後半のハーフが1時間20分24秒と大失速してしまうことになってしまいます。
マラソンに出場する実業団の男子選手のほとんどは、本当のマラソン練習がきちんとできてない状態で参加してい感じがします。それは選手、そして指導者ともマラソンに対する「勉強」が不足しているような気がします。2時間50分以内で走る市民ランナーの方がよっぽど勉強、研究しているでしょう(全員じゃありませんが)。
なお、福岡国際マラソンはAグループ(スタートが平和台陸上競技場)がフル2時間27分以内の持ちタイムが必要ですが、Bグループ(スタートが大濠公園)はフル2時間45分以内の持ちタイムがあれば出場OK。私のフルベストは2時間48分46秒。約4分短縮すれば出場資格を得ることができますけど、関門の閉鎖時間は、

10km 0:39:00<3:54>
15km 0:58:30/5km19:30<3:54>
20km 1:18:00/5km19:30<3:54>
25km 1:37:30/5km19:30<3:54>
30km 1:57:00/5km19:30<3:54>
35km 2:17:00/5km20:00<4:00>
40km 2:37:30/5km20:30<4:06>
※< >内はキロペース

30kmまではキロ3分54秒…最初から2時間45分を切るようなペースでいかないと関門通過できない厳しい条件。出るなら、持ちタイムは最低でも2時間42分台(キロ3分51秒ペース)はほしいですね。大きな夢ですが、1度でいいから福岡は走ってみたいですね。

|

« サッカーJ1、鹿島3連覇達成は感動的! | Main | 第22回大田原マラソン、10kmごとの通過順位 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/46960941

Listed below are links to weblogs that reference 日本国内初「フルマラソン2時間05分台」をテレビ観戦:

« サッカーJ1、鹿島3連覇達成は感動的! | Main | 第22回大田原マラソン、10kmごとの通過順位 »