« 「つま先にやさしい」靴ひもの結び方があった! | Main | 「とくしまマラソン2010」、申込2日目で受付終了! »

2009.12.02

2010.1.29発売「旅の風景シリーズ」切手は「仙台・松島」

「旅の風景シリーズ第7集」切手
2010年1月29日(金)に発売される「旅の風景シリーズ第7集」切手のデザインが発表され、宮城県仙台市や日本三景の松島が題材となっています。

80円切手10種の組み合わせで、それぞれの切手意匠、そして適正風景印使用局・支店(〔 〕内)は以下のとおりです。

1段目…松島遠望〔松島局、松島海岸局、吉田浜局〕
2段目…(左)仙台城址〔仙台中局〕、(右)黒漆五枚胴具足〔(政宗像)仙台中央局/仙台支店、仙台立町局、仙台川内局、若林局/若林支店、仙台八木山本町局〕
3段目…(左)るーぷる仙台、(右)定禅寺通〔仙台立町局〕
4段目…(左)仙台七夕まつり〔仙台中央局/仙台支店、仙台中局、仙台中央三局〕、(右)瑞鳳殿〔仙台米ヶ袋局、仙台向山局〕
5段目…輪王寺〔仙台北山局、仙台荒巻局〕

仙台は年に数回、「北海道・東日本パス」を利用して寄っていて、つい最近では、今年8月7日「仙台七夕まつり」の日に寄って、七夕まつり風景印使用の3局・1支店の印を押印してきましたし、松島の風景印も今年3月23日、松島海岸局へ寄って、印を押してます。来年・2010年も旅行で寄りたいと思っています。3月21日(日)、荒川市民マラソンを走る予定なので、翌日の3月22日(月)にでも寄ろうかな…と思ったら、振替休日。営業しているのはごくわずかなので、宮城の局回りは今年同様8月かな。
で、今回の切手発売について、言いたいことがあります。なぜ1月に発売される題材が仙台・松島なのか?その題材で発売するなら、7月下旬か8月上旬が「旬」だと思います。売り出しは観光客が一番多く訪れるときに売るべきです。そして、1月下旬に「旅の風景シリーズ」切手を出すなら、一番相応しい題材は何と言っても「北海道」「札幌」です。どうせなら「札幌」と「道北・オホーツク」で2種類出し、「札幌」なら札幌時計台、北海道庁旧本庁舎、クラーク博士像と羊ヶ丘展望台&札幌ドーム、さっぽろ雪まつり、ホワイトイルミネーション&さっぽろテレビ塔、YOSAKOIソーランまつり、北海道大学&ポプラ並木、すすきの&札幌市電…何でも出てきます。「道北・オホーツク」なら旭山動物園、利尻富士&高山植物、原生花園、流氷&ガリンコ号、美瑛の丘、ラベンダー畑…こちらもネタはつきません。
民営化して営利企業となった以上、シリーズ切手は単に出せばいいんでなく、いかに素早く大勢に売るか…も考えていくべきだと思うんですけど、「旬」を外した売り方をしている以上、すぐに完売することは考えにくく、数ヶ月は残ること必至。切手は売れない限り「不良在庫」状態。不良在庫を抱えること自体、本来「営利企業」ではあまりやらないと思うのですが…。そして、日本郵政グループ(郵便事業株式会社、郵便局株式会社)は決算期末が「3月31日」ですから、決算期末を控えて新切手を出すこと自体も、営利企業なら普通はやらないと思います。とりあえず期末まで在庫をいかに処分するか…でしょう。
日本郵政グループの体質はまだまだ営利企業の意識が低い…と切手発行の仕方を見るだけでも思ってしまいます。

|

« 「つま先にやさしい」靴ひもの結び方があった! | Main | 「とくしまマラソン2010」、申込2日目で受付終了! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/46919820

Listed below are links to weblogs that reference 2010.1.29発売「旅の風景シリーズ」切手は「仙台・松島」:

« 「つま先にやさしい」靴ひもの結び方があった! | Main | 「とくしまマラソン2010」、申込2日目で受付終了! »