« 日ハムの優勝、黄信号! | Main | JPS北海道会員大会in北見へ顔出し »

2009.10.03

第34回札幌マラソン、10kmに出場

明日・2009年10月4日(日)、第34回札幌マラソンが行われ、今回は久々に10kmの部での出場です。

札幌マラソンは、1992年(多分)に初めて10kmに出場。1994年に初めて40分切りを果たし、1997年には37分45秒を記録。そのあとこの10年くらいずっとハーフに出てました。
今年から40歳代になるのと、来週にいわて北上マラソンのフルがあるので、今回は10kmにしました。
このところ、10kmのレースで37分をなかなか切ることができないのですが、調子は比較的いいので、目標タイムは36分30秒以内。前半は下り基調なので、キロ3分35秒ペースで押して、前半の5kmは18分ちょうどでカバー。後半は5〜6kmが3分45秒、6〜8kmの上り区画が7分40秒で乗り切り、8〜10kmのラスト2kmはラストスパートをかけて7分05秒。後半の5kmを18分30秒、トータル36分30秒…でいければと思ってます。
昨日・10月2日(金)に受付を済ませ、名簿で同じカテゴリー(40歳代の部)の選手をチェックしたところ、昨年の入賞者(8位以内)が3人しかいなく、そもそも陸連登録者が7人しかおらず、一般の部は年代順に並ぶため、ズルして前に来ない限り、30秒くらいのハンデがあるようなものですから、持ちタイムが35分を切るようなランナーだとお手上げですが、35分台ならいい勝負、36分台なら勝機十分。昨年入賞者以外で速そうなランナーもあまりいないようなので、入賞の8位は最低限。目標は5位以内。うまくいけば3位以内も視野に入れて走ります。
序盤でオーバーペースに気をつけていけさえすれば、大勢のランナーが出場してますので、前にいるランナーを目標に、最後まで粘り、力をそれなりに出し切りたいです。そうすれば、記録と順位も自然とついてくるでしょう。
今回の札幌マラソン、エントリー数が13353人と13000人を突破。昨年は11785人と初めて11000人を突破(1万人台は11年振り)でしたが、増加した理由のひとつに旭川マラソン中止の影響もあったのかな…と思いつつ、今年は先週に旭川ハーフマラソンが行われたのですが、さらに1568人増。今は本当に「マラソンブーム」なんですね(今さらですが)。
うち、ハーフ(21.0975km)が6484人と全体のほぼ半数。昨年は5243人なので20%以上も増えてます。10kmも3911人と、昨年の3577人から9%増。増加率、増加数とも10kmよりハーフが相当増えてます。人気はどんどん長距離寄りになってます。ただ、ハーフが6000人を超えると、後ろからスタートする選手はスタートラインにたどり着くまでに5分くらいかかってしまいそうですね…。完走率もちょっと下がりそう…。
ただし、中学3km(男子、女子)、小学生3km(高学年)、小学生2km(低学年)、ファンペア3km(子どもは小学生高学年)、ファンペア2km(子どもは小学生低学年)は少子化と子どもの運動する比率の低下が影響してなのか、すべてのカテゴリーで昨年より少なくなってます。
レース当日の天気は、晴れのち一時雨…多分、レース中はなんとか天気はもつと思います。最高気温予想も20度とほぼ絶好のコンディション。気持ちよく走れそうです!

|

« 日ハムの優勝、黄信号! | Main | JPS北海道会員大会in北見へ顔出し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/46375540

Listed below are links to weblogs that reference 第34回札幌マラソン、10kmに出場:

« 日ハムの優勝、黄信号! | Main | JPS北海道会員大会in北見へ顔出し »