« 5/19・日ハム、巨人に16-6の大勝! | Main | 「2009北海道日本ハムファイターズ」共通ウィズユーカード »

2009.05.20

5/20・日ハム、巨人に1点差で「守り勝ち」!

5/20・日ハム-巨人戦スコアボード
5月20日(水)、札幌ドームでの北海道日本ハム-読売(巨人)の第2戦。昨日とは違い、主導権が両チームに移るスリリングな展開。日ハム1点差で9回表・巨人の攻撃。2死2・3塁で打者は4番ラミネス選手。日ハム投手は守護神・武田久投手。渾身の外角ストレートをラミネス選手が見逃して三振。なんとか6-5で日ハム勝利。交流戦2連勝と幸先のよいスタートとなりました。

この試合は2回表、巨人・李選手に先制ホームランを打たれるも、すぐにその裏、日ハムが5~9番の5連打で3-1と逆転。しかし、巨人も4回に3点取って再逆転したあと、5、6回もビックチャンスをつかみながら、5回は1死2・3塁で小笠原選手が三振、3塁走者・脇谷選手のリードが大きく、鶴岡捕手から3塁へ送球し、タッチアウトの併殺。6回も無死1・3塁の大ピンチで、巨人から移籍の林投手が2番手で登板。亀井選手、阿部選手を連続三振。阿部選手三振のとき、1塁走者が盗塁を試みるも、また鶴岡選手が2塁送球でタッチアウトの併殺。
それに対し、日ハムは「ピンチのあとにチャンスあり」状態で、5回裏は田中謙選手が打ったレフトフライを巨人・ラミネス選手が前進して地面すれすれでキャッチ…と思いきや、グラブからポロリでヒット(実質的にはエラー)。森本選手の犠打でランナー2塁。稲葉選手の深いレフトフライで、2塁走者・田中賢選手が3塁へタッチアップ。そして、巨人・グライシンガー投手の暴投でラッキーな1点。6回裏も先頭打者・高橋信選手がレフトへホームラン。そして、次の代打・ヒメネス選手も特大ホームランと2者連続ホームランで、6-4と日ハムリード
林投手は7回に1点取られるも、3番手・建山投手、4番手・武田久投手がそのあと無失点で抑え、6-5の1点差勝利。勝利投手は林投手で、日ハム移籍後初勝利です。
それにしても、この日は昨年オフ、巨人と日ハムの2対2トレードで、日ハムに来た二岡選手が昨日に続きヒットを打ち、林投手も好投で初勝利。巨人に移ったマイケル中村投手も1イニング無失点、工藤選手も今シーズン初ヒットを打ち、全員が自分の役割を果たしていました。いろんな思いがあったでしょうが、みんなの活躍を目の当たりにして、見ている私も非常に感動しました。だから、スポーツ観戦は面白いし、やめられないですね。
交流戦2試合目で、2連勝チームは日ハムのみ。負けなしは2007年交流戦優勝・日ハムと2008年交流戦優勝・ソフトバンク(1勝1分)の2チーム。交流戦に相性がいいのでしょう。もっとも始まったばかりなので、今後どうなるかはもちろんわかりませんけどね。
日ハム、次の対戦は22・23日、札幌ドームでのヤクルト戦。22日は「絶対エース」ダルビッシュ投手の登板が予想されます。23日は翌・24日の洞爺湖マラソン参加で、洞爺湖一泊のため、観戦できませんが、22日はたっぷりと応援します。好ゲーム期待ですね。

|

« 5/19・日ハム、巨人に16-6の大勝! | Main | 「2009北海道日本ハムファイターズ」共通ウィズユーカード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/45077965

Listed below are links to weblogs that reference 5/20・日ハム、巨人に1点差で「守り勝ち」!:

« 5/19・日ハム、巨人に16-6の大勝! | Main | 「2009北海道日本ハムファイターズ」共通ウィズユーカード »