« フルマラソン1歳刻みランキング、77位にランクイン | Main | 5/20・日ハム、巨人に1点差で「守り勝ち」! »

2009.05.19

5/19・日ハム、巨人に16-6の大勝!

5/19・日ハム−巨人戦スコアボード
5月19日(火)、札幌ドームでの北海道日本ハム-読売(巨人)戦。交流戦開幕戦はセパ首位チーム同士の対戦となり、巨人が3回に3点先制するも、4回裏に巨人・李選手のエラーから4点取って日ハム逆転。5回裏にも6点とって主導権をがっちり握り、途中で巨人に追い上げられるも、日ハムは6回、8回にも得点を重ね、16-6の大勝。交流戦の初戦は幸先の良いスタートとなりました。

大きかったのは、巨人から移籍の二岡選手の犠飛を含む3安打2打点の大活躍。ここまで思うような活躍ができなかったのですが、古巣巨人相手に「復活」。相手を知っているセ相手なら「経験」が活きますから、二岡選手の存在は重要で、調子が上がってくると、ただでさえ調子のいい日ハム打線がさらに活気付きます。
日ハム11-3の8点差から7回表、巨人が3点取って5点差に追い上げ、8回表、日ハムはセットアッパー・建山投手が登板。9回表はクローザー・武田久投手の登板用意をしていたと思われ、さらに8回裏、日ハム無死2塁で高橋信選手が打ったセンターへの当たりが巨人のセンター・松本選手のダイビングキャッチ。2塁走者・小谷野選手が飛び出して、ダブルプレーとなり、日ハムにイヤなムードがちょっと流れたところで、6番・二岡選手、7番・糸井選手が打ったレフトの当たりを巨人・谷選手が2度も後ろへそらして1点献上。2死2塁で投球がワイルドピッチとなり、ボールが3塁ベンチ方向へ転々としているうちに、2塁走者・糸井選手が3塁を回って一気にホームイン。7点差でもほぼ勝負アリですが、鶴岡選手が打ったショートゴロを巨人・坂本選手がはじいてエラー出塁。そのあと2連打で2死満塁とし、2番・森本選手が本当に勝負を決めるライトオーバーの走者一掃タイムリー2塁打で、日ハム16-6。これで武田久投手の登板を回避。1軍登録したばかりの宮本投手を楽な場面で投げさせることができたのも非常に大きかった。
巨人はエラー3つ&ワイルドピッチがすべて失点につながる最悪な展開。かたや日ハムは7回表、巨人が無死1塁でレフト前ヒット。ランエンドヒットにより、1塁走者は2塁を回って3塁へ。レフト・森本選手は、3塁ベースをカバーしに行ったショート・金子選手に送球し、走者タッチアウト。これがこの日のキープレーでした。もし、無死1・2塁で上位に回ってきたら、巨人が追いつく可能性も十分にあったでしょう。この緻密な守りができる…猛打に隠れがちですが、守り勝ったとも言える「1勝」ですね。
ただ、巨人もこのまま終わらないチームですので、明日も厳しい試合になりそう。でも、仮に負けたとしても1勝1敗の五分ですから、多少は気楽かな。何が何でも勝利にこだわる時期じゃないから、無理しすぎて、選手の故障だけはないようにしてほしいものです。

|

« フルマラソン1歳刻みランキング、77位にランクイン | Main | 5/20・日ハム、巨人に1点差で「守り勝ち」! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/45068354

Listed below are links to weblogs that reference 5/19・日ハム、巨人に16-6の大勝!:

« フルマラソン1歳刻みランキング、77位にランクイン | Main | 5/20・日ハム、巨人に1点差で「守り勝ち」! »