« 5/2・日ハム、札幌ドームで2009初サヨナラ勝ち! | Main | 4/26・とくしまマラソン2009完走記(1) »

2009.05.03

5/3・日ハム、稲葉選手「涙」のサヨナラホームランで劇勝!

日ハム-西武戦・スコアボード
5月3日(日・祝)、札幌ドームで行われた北海道日本ハム-埼玉西武戦、観客4万人以上と大入りとなった試合で、日ハムは今日も先制され、一時は0-4と苦しい展開。しかし4割打者・金子選手、昨日のサヨナラ打・スレッジ選手の2人ともタイムリーヒット&ホームランを含む3安打・猛打賞の大活躍で5-5の同点に追いつき、3試合連続延長戦突入。そして12回裏、稲葉選手がホームランを打ち、日ハム6-5の2試合連続サヨナラ勝ちです!

この試合も2回表、銀次朗選手のレフトオーバーのタイムリー2塁打で西武が先制。これで今年・2009年の札幌ドームでの日ハム戦は9試合すべて相手(ビジター)チームが先制。そして、おかわり君こと西武・中村選手のセンターバックスクリーンへの3ランホームランで西武4-0。
しかし、これですんなり終わらないのが今年の日ハム打線。3回裏、この時点で打率4割ちょうどで、凡退すると4割を割り込む「危機」だった9番・金子選手が打った瞬間に文句なしのホームランで日ハム1-4と反撃ののろし。4回裏にはスレッジ選手のタイムリーヒットで2-4と2点差。あっさり「接戦」に持ち込む。
5回表、西武・中村選手がこの日2本目となるレフトへ特大のホームランを打ち、2-5と3点差にされるも、すぐその裏、金子選手がタイムリーヒットで3-5と再び2点差に。
6回裏、スレッジ選手が無死1塁で右中間へ2ランホームラン。5-5の同点となり、ドーム内は最高潮。
9回を終了し、5-5の同点のままで3試合連続延長突入。12回表、日ハム・谷本投手が3四球を与えて、2死満塁のピンチを迎えるも、西武・清水選手を球速145キロのストレートでレフトフライに打ちとり、日ハムの負けはこれでなし。
12回裏、先頭打者の稲葉選手が西武・小野寺投手が投げた球速145キロストレートを右中間へ大きな当たり。打球はそのままスタンドへ入り、サヨナラホームラン。2試合連続、日ハム延長戦サヨナラ勝利!
ヒーローインタビューで稲葉選手が思わず言葉が詰まり、目から涙が溢れる状態。それを見て、私も思わずもらい泣きしてしまいました。打率こそ3割台ですが、得点圏打率が1割台とチャンスで打てず、今シーズンから主将ということもあり、責任感強い稲葉選手の苦悩がこの涙となったのでしょう。今シーズンのホームランは、4月8日に東京ドームで打った「3打席連続ホームラン」の3本のみ。20試合振りのホームランは、今シーズン、札幌ドームでの初ホームランとなり、これで本当の「開幕」となったと思います。ふっきれたときの稲葉選手の活躍は期待できます。これで首位・楽天の追撃体制が整いつつある、というところですね。こういう劇的な試合があるからこそ、スポーツ試合観戦はやめられないですね!
3試合連続で4時間を超える延長戦で見ている方もちょっと疲れましたが、日ハム、西武とも明日の試合開始が14時なため、試合終了後すぐに東京へ移動。勝って移動するのと、負けて移動するのでは、気分が違うので、ホント日ハム勝ってよかったです。
試合終了後、札幌ドームからジョギングで帰ったのですが、札幌ドーム敷地内の桜(写真はエゾヤマザクラ)もほぼ満開。
札幌ドーム敷地内の桜札幌ドーム敷地内の桜
梨田監督のコメントじゃないですが、札幌の桜の開花に合わせて、稲葉選手もこのサヨナラホームラン、今シーズンの「開花宣言」を告げてくれましたね!

|

« 5/2・日ハム、札幌ドームで2009初サヨナラ勝ち! | Main | 4/26・とくしまマラソン2009完走記(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/44892801

Listed below are links to weblogs that reference 5/3・日ハム、稲葉選手「涙」のサヨナラホームランで劇勝!:

« 5/2・日ハム、札幌ドームで2009初サヨナラ勝ち! | Main | 4/26・とくしまマラソン2009完走記(1) »