« 日ハム7-8惜敗…「札幌ドームの呪縛」??? | Main | 日ハム、「らしい」勝ち方で貯金1! »

2009.04.15

4/15・日ハム、やっと札幌ドーム初勝利!

日ハム-オリックス戦・スコアボード
4月15日(水)、札幌ドームで行われた北海道日本ハム-オリックス戦、日ハム・金子誠選手の7試合連続2塁打のプロ野球新記録など17安打11得点と今日も打線が爆発し、11-5と札幌ドーム5試合目でやっと初勝利です。

そして、打点王争いもこの試合開始前まで、日ハム・金子誠選手、小谷野選手、オリックス・ローズ選手の3人が11打点のトップ。まず、1回表にオリックス・ローズ選手が先制タイムリーで打点1をプラスし、12打点で単独トップに。
3回裏、日ハム・小谷野選手が2ラン勝ち越しホームランで、打点2プラスの13打点でローズ選手を抜き、単独トップ。
6回裏、日ハム・金子誠選手が無死満塁で、三塁線を破る走者一掃タイムリー2塁打で、打点3プラスの14打点。小谷野選手を抜き、単独トップ。
しかし、日ハムの猛攻が続き、このイニング2打席目の小谷野選手が2死満塁でタイムリーヒット。打点2プラスの15打点。金子誠選手を抜き返し、再び単独トップ。
と、いうことで、小谷野選手が15打点、金子誠選手が14打点、ローズ選手が12打点と、小谷野選手がこの日4打点で、4月15日時点の打点王です。序盤は全く打てなかったのがウソのよう。ま、逆に4月5日、札幌ドームでの対日ハム戦で4安打がすべて打点付きと絶好調だった楽天・中村紀選手はこの日、対ロッテ戦で1併殺打に3三振と大ブレーキ。同じく日ハム戦は絶好調の楽天・セギノール選手も今は打撃不振でスタメン落ちと、わずか10日ほどで好不調が入れ替わってしまいました。日ハム打線も今は絶好調ですが、いつ調子を落とすかわかりません。
本来なら、投手陣の踏ん張り、守備や走塁などでミスをしないなど、緻密な野球をしていかないといけないのですが、投手陣は札幌ドームでの試合で5試合連続1回表に先制点を相手に与え、攻撃では併殺2つ、走塁死2つ、7、8回は6者連続三振。守りでもタイムリーエラー有とミスが目立ちます。今は打撃でそのミスをカバーしてますが、終盤ではそういうわけにもいかなくなるでしょう。いかに相手のスキをつき、自分はミスをしないか…原点に立ち返って今後やっていってほしいものです。
この日はコンサドーレ札幌もアウェイでザスパ草津と対戦し、PKで先制されるも、キリノ選手の2得点で2-1の逆転勝利。内容はともあれ、まずは2勝目できてよかったです。次の首位・セレッソ大阪戦は相手に臆することなく、死力を尽くして戦ってほしいものです。

|

« 日ハム7-8惜敗…「札幌ドームの呪縛」??? | Main | 日ハム、「らしい」勝ち方で貯金1! »

Comments

Everything dynamic and very positively! :)
Thank you
AnnaHopn

Posted by: AnnaHopn | 2009.04.18 at 05:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/44682708

Listed below are links to weblogs that reference 4/15・日ハム、やっと札幌ドーム初勝利!:

« 日ハム7-8惜敗…「札幌ドームの呪縛」??? | Main | 日ハム、「らしい」勝ち方で貯金1! »