« 札幌市地下鉄東豊線開通20周年 | Main | 2009ファイターズパスポート、無事購入 »

2008.12.05

広尾局「サンタランド」小型印、今年は使用無し

広尾局・広尾サンタランドサンタメール小型印
昨年まで12月1日から25日まで広尾郵便局で使用していた「広尾サンタランドサンタメール」小型印ですが、今年は使用されないことが判明しました。

一昨年まで、広尾サンタランドのサンタメール(クリスマスカード入り)を注文した場合、封筒にふるさと切手北海道版「サンタクロース」切手(1999年11月11日発売、原画作者:永田萌さん)が貼られ、広尾郵便局の「広尾サンタランドサンタメール」小型印が押されていました。
ところが、昨年のサンタメールは広尾サンタランド事務局において、サンタメールにふさわしい切手が無いという理由で、クリスマスカード入りの封筒に料金後納郵便の表示をあらかじめ印刷したもので発送となりました。今年も昨年同様の方法での発送ということで、小型印の役目も必要がなくなったため、広尾郵便局では小型印使用申請を出さなかった…ということでした。
クリスマス関係の小型印が無くなり、ちょっと寂しいですね。切手については毎年、「冬のグリーティング」切手を発売してますから、日本郵便と連携して、その切手を購入して使う(切手もシール式ですから、貼る手間は通常の裏のり式よりかなり楽)とか、切手の料金が1枚当たり40円アップになりますが、フレーム切手を使う…など、封筒に「切手&消印(小型印)」という組み合わせは今後もやってほしいものですね。ただ、そういうことをしようとすると手間もかかれば、コストもかかるわけで、サンタメール利用者も減少傾向とのことですので、料金後納郵便利用も止むを得ないかな…。
自分で自分あてのサンタメール申し込みをしたので、どんな封筒で届くのか…注目ですね。

|

« 札幌市地下鉄東豊線開通20周年 | Main | 2009ファイターズパスポート、無事購入 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/43331194

Listed below are links to weblogs that reference 広尾局「サンタランド」小型印、今年は使用無し:

« 札幌市地下鉄東豊線開通20周年 | Main | 2009ファイターズパスポート、無事購入 »