« 湘南国際マラソン、2時間56分35秒でなんとかサブスリー | Main | 11/16・湘南国際マラソン完走記(2) »

2008.11.17

11/16・湘南国際マラソン完走記(1)

第3回湘南国際マラソンコース
11月16日(日)、第3回湘南国際マラソンのフルで2時間56分35秒で完走しました。その完走記・その1です。

大会前日・11月15日(土)に飛行機で東京移動。新千歳8時00分発→羽田行のエアドゥに乗ったのですが、新千歳空港が濃霧で、9時前まで滑走路閉鎖となってしまい、離陸は9時05分。羽田到着も10時半と予定より1時間遅れ。
東京・目白にある「切手の博物館」に寄ったあと、湘南国際マラソンの受付(当日受付はないため、前日受付のみ)で大磯プリンスホテルへ行くため、JR東京駅から東海道線で二宮駅まで行く(楽をしたかったので、グリーン車(料金750円)に乗車)。会場へは徒歩で移動(所要時間は約35分)。途中で雨が本降りとなり、傘を使うことに。そのあと、小田原に寄り道したあと、横浜市・JR鶴見駅近くのカプセルホテルへ宿泊。この日の食事は、朝食がレーズン入りの角パン(はちみつをつける)、クリームパン、パンプキンクリーム入りパン、昼が熊本名物・太平燕(タイピーエン…某テレビ番組に紹介されたので、試しに食べました)、かけうどん(太平燕だけじゃ足りない(苦笑))、夜はスパゲティ(サイゼリヤで。量は2人前分)&コンビニおにぎり。
23時に就寝。翌・16日(日)、フルのスタートが9時なので、朝4時10分起床(目覚ましは4時20分にセットしてましたが、その10分前に目が覚めてしまう)。4時40分にホテルをチェックアウト。ホテルすぐのコンビニで朝食(たまごサンド、ハム&チーズ入りラップサンド、りんご入りヨーグルト、野菜ジュース(野菜350g相当のもの…カリウム含有量(野菜ジュース1本で800mg前後)が普通の野菜ジュースより多く、バナナ1本だと約400mgなので、バナナ2本分あります。カリウムは足つり予防に効果があるようで、オレンジジュース以上に効果有りだと思ってます))を買ったあと、JR鶴見駅へ。ホリデーパス(2300円。ただし、フリーエリアは東海道線だと東京〜平塚間なので、平塚〜二宮間は別途、運賃(190円)が必要(あらかじめ自宅近くの厚別駅で乗車券を購入済))を買って、5時10分発・大船行の京浜東北線に乗り、横浜駅で東海道線に乗り換え。5時27分、品川始発(始発列車から2本目)の普通・小田原行に乗車。
今回の湘南国際マラソンで一番の難関は当日朝、JR東海道線での現地移動。最寄り駅が二宮駅(それでも約3km離れている…)。参加者はフル12000人、10km8000人、計2万人と3月の荒川市民マラソン並み。しかし、横浜駅発→二宮駅着のJRが、二宮駅到着時刻で5時台1本、6時台2本のみ(7時台は7本)。で、始発列車だと。鶴見駅4時41分発(二宮5時40分着)なので、さすがに早すぎ。始発3本目の東京・5時20分発(東京駅からだと大磯・二宮方面の始発電車)→静岡行(二宮・6時31分着)の普通列車は、大垣発→東京行の快速「ムーンライトながら」車両の折返しの運用(鉄道マニアもどき(としておきましょう(笑))としては「常識」)で、9両編成の2ドア。座席もすべて回転できる2人がけ用で、ロングシートゼロ。よって、立つスペースが通常の車両よりかなり狭いため、めちゃ混みになること必至。グリーン車もついてないので、座るには始発の東京駅でないとほぼ無理(途中で下車する人がいて、運良く座れることがあるかもしれませんが)。この列車での移動はマラソンを走る直前のランナーにとっては「自殺行為」なのでパス。そのあとの列車だと到着が7時以降となり、移動や準備などの時間を考えると遅すぎな。よって、始発2本目の列車乗車を選択した次第。そして、この列車に乗っても座れるとは限らないし、途中で相当の混雑で慌しい感じなので、確実に座れて、ワゴンもあるので食事をとることが可能なグリーン車乗車を選択(料金550円。こちらも厚別駅で既に購入済)。グリーン車は4・5号車の2両。グリーン車に乗車したランナーは見る限り5人くらい。5号車の2階建て車両下段に行くと、乗客は私のほかにわずか2人。ゆったりと朝食を食べる(コンビニ購入分のほか、自宅から持ってきたバナナ1本とマクドナルドで無料引換券でGETしたホットコーヒーも有)。茅ヶ崎からは私のいるエリア(5号車・下段)には私ひとりで貸切状態!
6時09分・二宮駅到着。朝早い時間でも、乗っていたマラソン参加者はだいぶ多く、 急いで出口へ向かっても、階段や改札は混んでいて出るまでに時間がかかると思い、まだ時間に余裕があったので、ホームのベンチで5分ほど休憩。すると、階段や改札の混雑は解消されており、すんなりと改札を出る。二宮駅から徒歩で移動しようとしたら、二宮駅から神奈川中央交通の臨時バス(大磯プリンスホテル入口経由・大磯駅行)が運行され、6時半発車。大磯プリンスホテル入口バス停には5本ほどで到着(手持ちのバスカードで運賃(170円)支払い)。バス停から約100m先がスタート地点だったので、寄り道して様子を見たところ、マラソンの幟がズラッと立っていただけで、明確にスタート位置のわかる目印はまだ設置されておらず。
800mほど歩き、6時50分・大磯プリンスホテル到着。移動途中パラパラ降っていた雨が本降りとなり、傘をさす。6時55分、混まないうちに用足しをしたあと、小雨模様のため、プールセンター内の更衣室で準備することに。
8時前には着替え、すれ防止の「ヴィクトンスポーツ」擦り込み、準備運動、ストレッチを済ませ、荷物をプールセンターのコインロッカー(有料・300円)を利用することに。
カギはバンド式なので、右手首につけて走ることに。無料で荷物預かりのサービスもありましたが、プールセンターから遠く、どうせ預けるのに相当時間がかかるだろうと思って、コインロッカー利用を選択。
8時過ぎ、ランナーの待機所に向かっていたら、この時間でも会場に向かうランナーでごった返してました。10kmは10時スタートなので、まだ多少は時間の余裕があるものの、フルだとスタートまで1時間を切っており、準備やスタート地点までの移動などを考えると9時までにスタート地点への到着が到底間に合わないでしょう(間に合わせるためには、準備をほとんどしないで、スタート地点へ行かないと無理)。
8時10分頃、まだ小雨が降っていたので、目標のゴールタイムごとの集合場所近くの木の下で雨宿り。8時20分にスーパーヴァームとアミノバイタルゼリードリンク(マルチエネルギー)を補給。すぐそばに仮設トイレがたくさん設置されてましたが、選手の動線からちょっと外れていて、思ったほど利用者はおらず、並ばずに再び用足しを済ませる。
8時半過ぎ、集合場所に向かい、最前列のちょっと後ろに待機。すると、待機列の幅が広がり、最前列のすぐ後ろ(つまり2列目)に移動。これでスタートしてロスタイムなく走ることが可能。何事も早めに、そして余裕を持って準備をすれば、大勢参加のマラソン大会でも、楽勝でスタートできるものです。
(まだスタートしてませんが、その2につづく(笑))

|

« 湘南国際マラソン、2時間56分35秒でなんとかサブスリー | Main | 11/16・湘南国際マラソン完走記(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/43151683

Listed below are links to weblogs that reference 11/16・湘南国際マラソン完走記(1):

« 湘南国際マラソン、2時間56分35秒でなんとかサブスリー | Main | 11/16・湘南国際マラソン完走記(2) »