« 士幌町の丸形ポスト、3箇所撮影 | Main | たきかわコスモスマラソン、10km年代別で優勝! »

2008.09.14

9/14・日ハム大逆転勝利…今年一番いい勝ち方!

今日・9月14日、札幌ドームで北海道日本ハム-オリックスの試合観戦。序盤で日ハム0-4と劣勢に立たされるものの、稲葉、高橋、スレッジのクリーンアップ3選手のホームランで5-4と逆転。その後も高橋、スレッジの連続タイムリーで突き放し、オリックスの反撃をなんとかしのいで、9-6の大逆転勝利。この日の勝利は今年の日ハムで一番いい勝ち方だったと思います。


先発・多田野投手が1回に要警戒のカブレラ選手に先制ホームランを打たれ、3回には2死からカブレラ選手に2塁打を打たれ、ローズ選手を歩かせて、次の後藤選手の初球が甘く入って痛恨の3ランホームランを打たれる…はっきり言って今までなら間違いなく「負けパターン」。ただし、クライマックスシリーズ進出を争っている状況で、こういう劣勢の状況を1度でもはね返すことがないと3位以内に入るのは難しいだろうし、もし3位以内に入ったとしても、クライマックスシリーズでの対戦で勝ち進むことは厳しいわけで、ホームゲームの利を生かして、ひっくりかえしてほしい…と願っていたら、まず3回裏に稲葉選手が反撃ののろしを上げるソロホームラン。そして5回裏、前のカードで3ランを2本打った「ミスター3ラン」高橋選手が初球を打ち、バックスクリーンに飛び込む起死回生の同点3ラン。ドーム内のどよめきが収まらないうちに、続くスレッジ選手がこれまた初球を右中間へ勝ち越しホームラン。
続く6回裏も2死2・3塁で3番稲葉選手が敬遠で歩かされ、前にホームランを打った高橋選手との勝負。確かにセオリーでは敬遠策でしょうが、勢いのある高橋選手は左中間へフェンス直撃の走者一掃タイムリー2塁打で8-4。スレッジ選手もレフト線へタイムリーヒットで9-4。
7回表、オリックスに2点返されるも、建山投手、マイケル中村投手のリレーで反撃を断ち、9-6で日ハム勝利。日ハムは札幌移転1年目の2004年がロッテとの3位争いを制し、2005年こそ5位に沈んだものの、一昨年はレギュラーシーズン1位、プレーオフ優勝(パ・リーグ優勝)、44年ぶり日本一、昨年もパ・リーグ優勝、クライマックスシリーズ優勝と修羅場を何度も戦い、昨年の日本シリーズ以外はいい結果を残しているのに対し、オリックスは近鉄との合併した2005年以降、4、5、6位とすべてBクラス。3位争いもほとんどかやの外状態で、土壇場での緊張感のある戦いは大半の選手がほとんど経験なし。オリックスの先発・金子投手もあれよ、あれよのうちに逆転されてしまった…という感じだったと思います。これが本当の土壇場における札幌ドームでの日ハムの強さなんですよね。
大きいのは、投手陣が多少失点しても打者陣が取り返してくれる、という気持ちで投球できること。そうなれば、強気の投球もできるわけで、先発陣がダルビッシュ投手、グリン投手以外が相当調子落ちしてますけど、多少は復活できる兆しが出ると思います。
何にしても、これでダルビッシュ投手が先発する明日の対オリックス戦、油断せずにチーム一丸で勝利をつかんでほしいですね。まずは目先の1勝。その勝利が今後、つまりクライマックスシリーズ進出、そしてクライマックスシリーズでの勝利に繋がります。先のことは考えず、がむしゃらに勝ちにこだわる試合をしてほしいものです。

|

« 士幌町の丸形ポスト、3箇所撮影 | Main | たきかわコスモスマラソン、10km年代別で優勝! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/42477646

Listed below are links to weblogs that reference 9/14・日ハム大逆転勝利…今年一番いい勝ち方!:

« 士幌町の丸形ポスト、3箇所撮影 | Main | たきかわコスモスマラソン、10km年代別で優勝! »