« JR北海道「光と風の物語」2月版オレカを買う | Main | 2008年2月東京旅行で入手の風景印 »

2008.02.09

第42回青梅マラソン、雪で中止…

雪の青梅マラソンスタート地点
2月3日(日)開催予定の第42回青梅マラソンは、当日未明頃からの降雪によりコース上に雪が積もってしまい、午前7時に大会中止が決定。青梅マラソンとしては1996年の第30回記念大会以来、12年振り2度目の降雪による中止となってしまいました。

前日、八王子のホテルに宿泊。午前3時頃からベタ雪が降り続き、朝食買出しした午前7時時点では積雪5センチとなり、まずレース開催は無理な状況。
中止になったとしても、青梅郵便局で使用の小型印押印で、青梅に向かうため、朝8時半にホテルを出る。JR八王子駅から八高線に乗ったところで、車掌が「青梅マラソンは中止になりました」とアナウンス。ま、やっぱり…という感じ。拝島駅で降り、青梅線に乗り換えようとしたら、八高線が八王子駅構内で積雪によるポイント故障で不通になったとのこと。ギリギリで不通前に拝島まで出ることができ、ラッキー(レース中止だから、本来ラッキーなわけがないが…)。
河辺駅で降り、青梅市総合体育館に行き、前日受付したときにもらったゼッケンのウラについているレンタルのICタグを返却。入口で本来、ゴール時にもらうことができるおにぎりを「3個」もらう(余ってゴミになるのを避けるため、ランナーに大盤振る舞いで配ってました)。
本来、青梅マラソン小型印は体育館北側に青梅局が臨時出張所開設して、そこでの押印でしたが、ほかのブースを含めてすべてクローズ状態。青梅局に電話で小型印使用について問い合わせしたところ、本局にて9~15時(本来の臨時出張所開設時間と同じ)、入口すぐに臨時出張所を開設して押印対応しているとのこと。ということで、青梅局へ向かうことに。
途中、青梅マラソンのスタート地点を通過。クルマが通っているので、ランナーが走ることは不可能じゃないですが、走っていると間違いなく水がはねてきて、足元はびしょびしょになるし、低温でカーブも多いコースなので、スリップ・転倒する可能性も高いから、レースはまずできません。中止の判断は正しいでしょう。
青梅郵便局到着。入ってすぐのゆうちょATM前に「青梅郵便局臨時出張所」の看板有り。青梅局本局なのに「臨時出張所」という名称にはちょっと違和感がありました(苦笑)。で、青梅マラソンの小型印を押印。
青梅局臨時出張所第42回青梅マラソン小型印
局員さんは小型印の押印回数をカウントしていて、郵便局会社東京支社に合計の押印回数を報告するとのことでした。あと、タトウも130円で販売されていました。
第42回青梅マラソン大会タトウ表紙第42回青梅マラソン大会タトウ
昨年10月1日発売の新普通切手2種貼り。50円オシドリ切手に和文印(インク浸透式印)、80円キジバト切手に青梅マラソン小型印押しです。タトウはインクジェットプリンタによる印刷。果たしてタトウはどれだけ売れたのでしょうか…。
青梅局隣りの塾1階にある駐車場で、やきそばやフランクフルトなどつくっていて、無料でいただくことができるということで、お言葉に甘えて豚汁とフランクフルトをいただきました。本来販売予定だったですが、売り上げることは実質無理となり、せっかく用意した食材が無駄になるのはもったいないから、無料提供…だと思われます。
青梅マラソンのコース、青梅局の先(青梅市役所前)はカーブがあり、電柱やガードレールなどに青梅マラソン名物「ふとん」がくるまってました(2月2日(土)撮影)。
このあと、JR東日本の「ホリデーきっぷ」(2300円)を利用して、八王子支社管内駅の駅スタンプ押し。ついでに駅前ポストに葉書投函よる風景印押印依頼。大会中止になってもしっかりとほかの目的に切り替えて、有意義な旅行にしてしまいました。
ただし、羽田空港から最終の千歳行飛行機(エアドゥ27便)が20時55分発の予定が21時51分離陸と大幅に遅れ、千歳空港23時09分着。JR新千歳空港駅の札幌方面行最終列車が22時50分発と既に終了済。札幌方面の交通機関は、北都交通の空港連絡バス、札幌都心行(道央自動車道利用→北広島ICから国道36号線・地下鉄福住駅経由)のみ。家からの最寄バス停が「札幌ドーム前」…5.5kmも離れていますが、仕方ありません。23時58分到着・下車(運賃1000円)。2.5km先の南郷18丁目駅までジョギングペースで約20分走り、地下鉄東西線新さっぽろ駅行きがまだ運行しており、最終1本前の列車に乗り、ひばりが丘駅下車。家までの1.5kmはさすがに歩き、0時40分にやっと帰宅。ま、30km走ったあとだと大変でしたが、それでもちょっと疲れました。
来年・2009年の青梅マラソンは、当初日本陸連が昨年12月に発表した平成20年度(2008年度)の主要競技会日程では2月1日(日)となってましたが、総合体育館に掲げられていた横断幕には「第43回青梅マラソンは2月15日(日)に開催します。」と書かれていました。
青梅マラソン来年開催案内
青梅マラソンは一昨年・2006年(第40回)まで2月第3日曜に行われていましたが、昨年、今年と参加人数3万人の東京マラソンが2月第3日曜開催となったため、2週繰り上げて2月第1日曜開催と変更。ところが、昨年の東京マラソンが寒さに加え、大雨と悪条件だったため、2009年の第3回は5週繰り下がり、3月22日(日)となりました。よって、青梅マラソンも急きょ日程を変更し、3年ぶりに2月第3日曜と日程が元に戻ることになりました。今まで3月第3日曜に行われていた荒川市民マラソンや湘南国際マラソンが東京マラソンの開催移動により来年の開催時期がどうなるのか、まだわかりませんが、何にせよ来年は3月か4月に行われるフルマラソンを目標にすると思うので、逆算すれば、来年は30kmの青梅マラソンにまたチャレンジしたいと思ってます。やっぱり、1度は青梅で2時間を切ってゴールしたいですよね。
2年前の青梅マラソン参加以降、本州で参加したマラソン大会はいい天気で一度も走ってないなぁ。小雨や寒さだけならまだいい方。昨年の東京マラソンの大雨以降、昨年の荒川市民、大田原、今年の谷川真理ハーフと3大会連続強風(というか突風)、そして青梅は雪で中止…。雨男、雪男どころじゃなく、「『超』悪天男」ですね。次の荒川市民マラソンこそ普通の天気で走りたい…。「『超』晴れ男」にぜひ参加してほしいものですねぇ(笑)。
おまけ、今日・2月9日、つどーむで30km(400mコース×75周)走ってきました。タイムは2時間06分01秒…キロ4分12秒ペース。これで荒川市民マラソンは最低でもサブスリー(3時間切り)の下地ができました。2月中は走り込みを強化して、2時間50分切りに近づくことができれば…と思ってます。

|

« JR北海道「光と風の物語」2月版オレカを買う | Main | 2008年2月東京旅行で入手の風景印 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/40057388

Listed below are links to weblogs that reference 第42回青梅マラソン、雪で中止…:

» 雪支 [HYPER Philatelist]
 第42回青梅マラソンにエントリーされていたYuaさんからご恵送いただきました。 [Read More]

Tracked on 2008.02.10 at 11:31 PM

« JR北海道「光と風の物語」2月版オレカを買う | Main | 2008年2月東京旅行で入手の風景印 »