« 10/1、函館中央局&函館東局風景印図案改正 | Main | 2008年2月は青梅30kmに挑戦! »

2007.09.27

支店と郵便局で表示異なるケース

2007年10月1日、郵政民営化により、消印が郵便事業株式会社と郵便局株式会社それぞれで使用されることになりますが、同一所在地に郵便事業株式会社(支社)と郵便局会社(郵便局)が存在するケースで、支社・局名表示が異なることがあります。

北海道では、

〒060-8799 札幌支社/札幌中央郵便局
〒040-8799 函館支社/函館中央郵便局
〒070-8799 旭川支社/旭川中央郵便局
〒085-8799 釧路支社/釧路中央郵便局
〒074-8799 北海道深川支社(北海道深川)/深川郵便局(北海道・深川)

で、郵政事業株式会社の消印は支店名表示のため、支店に都道府県が入っていない場合、局名表示も都道府県が入らないと思われるため、以下の2支社・郵便局も表示が異なると思われます。

〒066-8799 千歳支社(千歳)/千歳郵便局(北海道・千歳)
〒098-2599 音威子府支社(音威子府)/音威子府郵便局(北海道・音威子府)

上記の支店・郵便局に各種消印を郵頼する予定なので、支社名・郵便局名の表示がどうなるか、あとでお知らせしたいと思います。

|

« 10/1、函館中央局&函館東局風景印図案改正 | Main | 2008年2月は青梅30kmに挑戦! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/16592374

Listed below are links to weblogs that reference 支店と郵便局で表示異なるケース:

« 10/1、函館中央局&函館東局風景印図案改正 | Main | 2008年2月は青梅30kmに挑戦! »