« 計呂地局風景印、2007年7月20日限りで使用廃止 | Main | 札幌北七条郵便局、8/27移転 »

2007.07.03

日ハム首位キープ…パ同士の対戦「5割復帰」

久々の札幌ドームでの日ハム戦。相手は4連勝中、この11試合では10勝1敗の西武。交流戦では10連敗とどん底状態のときもあったのに、よりによって絶好調のときに対戦することになるとは、ツイてないなぁ…。

日ハムのツキの無さは、3回ウラにセギノールが右中間へ大きな当たり。ボールがフェンス最上段の角に当たり、打球はグラウンド側に戻ってしまったため、2塁打どまり。続く高橋信が凡退したため、得点なし。セギの打球があと10センチさらに飛んでいれば、フェンスの角に当たっても、外野観客席側に行ってホームランとなったのに…。
4回表、西武・中島がライトポール際へほんとにギリギリのホームラン。あと1メートル飛距離が短ければ、フェンス直撃。またはあと3メートル右にそれていれば、ファールでした。
ツイてないなぁ…と、思っていたら、カブレラの打球は高く上がってショートフライ…と思ったら、天井直撃。ボールはホーム寄りに「戻って」きたものの、サード・小谷野がちょっと予測していて、体勢を崩しながら、見事キャッチしてアウト。ツキが西武から日ハムに移った感じ。
6回ウラ、西武のミスをつき、日ハム1死満塁で9番・金子誠が右中間寄りのセンターフライ…と、思いきや、センターがかなり前に守っていて、急いでバックしたものの、頭を越され、走者一掃の2塁打で日ハム5-2。田中賢にもタイムリーが出て6-2。8回には西武の守護神・小野寺投手の時速148km直球をレフトスタンドへ運ぶ来日初のホームランで勝負有り。先発・武田勝が西武・西口との「立正大先輩・後輩対決」で8回2失点で投げる。9回は金森投手が出て、初完投はならずも、4勝目。日ハムも3連勝でガッチリと首位キープ。でも、パのチーム同士の対戦としては、昨日時点で「借金1」。よって、今日の勝利で、パのチーム同士の対戦成績は、やっと5割に戻りました。
やはり。対西武3連戦の初戦を勝つということは、非常に重要なことで、選手もちゃんと自分の役割を把握してプレーしているので、そうそう簡単に負けるようなことはめったにありません。見ていて、たとえ負けていても、何かあるかもしれない、と期待を持たせてくれます。
明日の日ハム先発はしばらく2軍で調整していた金村投手。エース復活の投球に期待です!

|

« 計呂地局風景印、2007年7月20日限りで使用廃止 | Main | 札幌北七条郵便局、8/27移転 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/15644047

Listed below are links to weblogs that reference 日ハム首位キープ…パ同士の対戦「5割復帰」:

« 計呂地局風景印、2007年7月20日限りで使用廃止 | Main | 札幌北七条郵便局、8/27移転 »