« サロマ湖100km、8時間59分15秒で完走! | Main | きたひろしまエルフィンロードハーフマラソンは8位 »

2007.06.30

定額小為替の料金が10月から10倍増!

日本郵政公社が10月に民営化され、郵便貯金業務は「株式会社ゆうちょ銀行」が行うことになり、定額小為替の発行についても民営化後も引き続き行うことになったのですが、料金は今までの10円(金種は50円、100円、200円、300円、400円、500円、1000円の7種類)から100円と10倍増となります。金種が50円の定額小為替を買うのにも、今までは料金を含めて60円だったのが150円になるわけです。

例えば、戸籍謄本を取り寄せる場合、戸籍謄本の料金は450円ですので、400円と50円の定額小為替を購入する必要があり、発行の料金は今まで20円だったのが「200円」になります。450円の送金で料金200円は感覚的に「高すぎます」。除籍謄本だと750円ですから、定額小為替の料金は300円になります。800円分送金(定額小為替の料金は200円)送って、おつりは不要と言った方が、逆に50円安上がりになるのです。ほんとにおかしな話です。
1枚の定額小為替料金が10円から30円になったとしても、「3倍増」は問題有りですが、ある意味ではやむを得ないかな、と思うにしても、いきなり10倍増ですから、やることが無神経すぎると言えます。しょせん、サービスしているのが自分のところだけ、実質独占しているので、イヤなら買わなきゃいいでしょ、どうせサービスはここしかやってないんだから…と強気に出ているとしか思えないです。用はお金の送金はめんどくさいサービスは大幅値上げです、口座→口座の方がが安いからそちらにしなさい、とでも言っているような感じですよね。
郵政民営化により、民営化後の各会社は、今まで負担しなくてよかった各種「税金」を負担することになるため、その税金負担分を捻出するために、利用者からの料金を大幅値上げすることになったわけです。
よく、「郵政は税金を負担していない。民営化すると税金が国に入るわけだから、郵政は民営化すべき」という話も出ました。しかし、民営化した会社の税金負担分は、利用者である国民が支払う料金の値上げによってまかなわれることまでは、もちろん話が出てこない部分だったのです。それが、各種値上げによりやっと出てきただけのことなのです。
はっきり言って、小泉政権を信任投票した皆さんは、各種料金値上げも認めるから、郵政民営化に賛成したのでしょうか。そういうつもりはなかったのでしょうけど、結果的には「認めた」ことになるのです。
一部ニュースサイトでは「値上げでも「民業圧迫」」なんていう見出しが出ているのですから、一般とはかけ離れた感覚としかいいようがないです。通常の送金の場合はそういうこともいえるけど、いわゆる役所等に対しての送金については、そんなに多額の料金を利用者に負担させることは問題じゃないのか、という話はほとんど出てきません。ま、記事の書き手がそれだけ庶民感覚に乏しいことの証明とも言えますけど。
とにかく、こういう状況をつくったのは、小泉政権を「信任」した有権者の責任ですから、値上げは問題だ!と、言っても後の祭りです。そういうことを見越して、国政選挙の投票をしていかないといけないような気がするんですけどね。あとで困るのは国民自身なんですから…。

|

« サロマ湖100km、8時間59分15秒で完走! | Main | きたひろしまエルフィンロードハーフマラソンは8位 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/15601519

Listed below are links to weblogs that reference 定額小為替の料金が10月から10倍増!:

» アットローンの申込方法 [アットローンの申込方法]
アットローンの申込方法 [Read More]

Tracked on 2007.06.30 at 06:26 PM

» 定額小為替 [FX外国為替証拠金取引と株取引でホクホク]
外貨預金の10倍パワー!小資金で毎日1万円の金利収入!月30万円!初心者向けFX(外国為替証拠金取引)バイブル 伝説のFXマニュアルfxfx 定額小為替の料金が10月から10倍増!日本郵政公社が10月に民営化され、郵便貯金業務は「株式会社ゆうちょ銀行」が行うことになり、定額小為替の発行についても民営化後も引き続き行うことになったのですが、料金は今までの10円(金種は50円、100円、200円、300円、400 ...(続きを読む) 定額小為替で稼ぐ方法!4497 定額 小 為替 4131 外国 ... [Read More]

Tracked on 2007.07.07 at 08:54 AM

« サロマ湖100km、8時間59分15秒で完走! | Main | きたひろしまエルフィンロードハーフマラソンは8位 »