« 東京マラソンコース試走PART1 | Main | クリスマスフェスティバル共通ウィズユーカードを買う »

2006.11.26

つくばマラソン、2時間58分53秒でゴール

つくばマラソンゴール地点
今日・11月26日、第26回つくばマラソンで今年最後のレースとして、42.195kmを走ります。目標はフルマラソンの自己記録、2時間58分43秒の更新です。

4時45分、池袋のカプセルホテルを出て、池袋駅から山手線外回りに乗り、秋葉原駅下車。
神戸らんぷ亭で納豆たまご定食を食べ、つくばエクスプレスで6時05分発快速に乗り、6時50分・つくば駅(終点)下車。通常はひとつ手前の研究学園駅で下車し、有料のシャトルバスでマラソン会場へ向かうのですが、帰りは始発のつくば駅から乗りたいのと、コインロッカーに荷物を置きたかったので、つくば駅を利用することに。
駅のトイレで用足しをし、マラソンに必要な荷物以外をコインロッカーに入れたあと、駅から受付のある筑波大学陸上競技場まで約2.5km軽く走って、7時45分・会場到着。
会場へ行く途中、公園にある公衆トイレで再び用足し。気温が低いと思い、つくばの気象状況を確認したところ、7時時点で気温1.9度、北西の風・風速2m。同じ時刻の札幌は2.3度。札幌より気温が低い!
8時過ぎに準備運動・ストレッチを20分くらい行ったあと、会場近くを15分くらいウォーミングアップで軽く走ったあと、着替えをし、9時過ぎに荷物を有料(100円)の保管所へ預けようとしたところ、ものすごい長蛇の列。このまま待っていてもスタート時刻に到底間に合いそうにないため、バックを陸上競技場そばのベンチに置くことに(貴重品はなし)。
陸上競技場近くの広場にある公衆トイレでまた用足しをしたあと、スタート地点に向かい、
9時22分、スタート地点到着。先頭に陸連登録者が並ぶことができるため、私もその集団のほぼ真ん中に入り、スタート待機。9時時点のつくばは気温6.3度、西北西の風・風速1m。格好はランシャツ、ランパンですが、気温が10度以下なので、アームウォーマーと手袋を着用。

◆0km(START)
9時30分、いよいよスタート。スタートラインにはスタートして6秒で通過。距離表示は1kmおきにはなく、どうやら5kmおきの模様。それでも、最初は筑波大学の周辺を1周する周回コースで、500mおきにジョギング用の距離表示があったので、自分のペースを確認したところ、おおむね1km4分ペース。ほぼ先頭からスタートしたので、後続で1km4分を切るペースのランナーに次々と抜かれるも、最初の5kmはオーバーペースにならないよう、抑え目で走る。
◆5km/0:20:24
最初の5kmは1km4分05秒ペース。抑え目でいってこのタイムなので、目標の2時間56分切りも行けそうな感じ。6km地点の給水所でアミノバリューを飲む。給水所を過ぎて、学園東大通りを北上。ここからは左1車線のみ交通規制のため、右側にクルマが走っている状態で走行。向かい風なので、なるべく選手の後ろにつけて走る。
◆10km/0:41:07
この5kmは20分43秒。1km4分09秒ペースで、ほぼ想定内。しかし、この辺りで用足しがしたくなり、まだゴールまで25km以上もあるので、やむなく用足しをすることに。約1分のロスタイム。13km辺り、クリーンセンター入口交差点で左折し、ここからは完全な交通規制区間なため、気持ちよく走ることができる。
◆15km/1:02:11
この5kmは21分04秒。1km4分13秒ペース。しかし、トイレタイムの約1分ロスがあったので、それを除けばおおむね1km4分ペース。16km辺りで左折し、つくば真岡線を南下。この区間は背中から風が吹く追い風。しかし、肌寒い状態は相変わらず。20km手前で、遠くから「頑張って」という声が聞こえると思ったら、給水所手前で男の子が拡声器で応援の連呼。微笑ましい光景を目の当たりにし、元気を与えてくれました。
◆20km/1:22:28
この5kmは20分17秒。1km4分04秒ペース。予定では5~30kmは1km4分05秒で行くことにしていたので、ほぼ予定どおりのペース。
◆中間点(21.0975km)/1:26:40
フルマラソンでの中間点としては自己最高記録。後半、1時間29分で行けば2時間55分台。22km過ぎで折り返し、今度はつくば真岡線を北上。
◆25km/1:42:22
この5kmは19分54秒。1km3分59秒ペースと4分を切ってしまう。別に飛ばしたつもりはなかったのですが…。
◆30km/2:03:26
この5kmは21分04秒。1km4分13秒ペース。このあたりで、寒さのため、太ももやふくらはぎの状態がイマイチ。31km地点でバナナ半房を食べたのですが、ガス欠とまではいかないものの、おなかがだいぶ空いてきて、スローダウン。下りなのにスピードが上がらず、後続の選手に次々と抜かれる。
◆35km/2:26:38
この5kmは23分12秒。1km4分38秒ペースと4分半を大きく超えてしまう。それでも自己記録の2時間58分43秒には7kmちょっとで32分05秒。1km4分27秒ペースでOKなので、最後のひと踏ん張り。36km地点のエイドでバナナを食べようとしたら、アメなどはあったものの、バナナはなし。事前に郵送されていた「つくばマラソン参加のしおり」で36km地点にバナナもあることになっており、アテにしていたのですが、おなかが空いた状態であと6km走ることに。
◆残り5km(37.19km)/2:36:42
35km地点から2.195kmを10分以上もかかってしまう。3時間まではあと23分18秒なので、3時間切りは大丈夫なものの、自己記録更新までは22分ちょうど。1km4分24秒ペース。頑張れば自己記録もいけそうな状況。途中、ループで高架橋へ向かう上り坂はさすがにきつかったものの、高架橋からの下りは多少ペースアップして走る。
◆残り4km(38.19km)/2:40:58
この1kmは4分16秒とまずまず。このあともフラットな下りが続くも、ふくらはぎの状態がいっぱいいっぱい。内臓もかなりきつくなっており、無理して故障しても仕方ないので、ちょっと抑え目に走ることに。
◆残り3km(39.19km)/2:45:34
この1kmは4分36秒とかなりのペースダウン。それでも、同じペースでいっても3時間は切れるのですが、目標を3時間切りに切り替えて、急激なペースダウンだけしないようマイペースで進む。
◆40km/2:49:08
この5kmは22分30秒と1km4分半ペース。かろうじて30~35kmの区間タイムよりペースダウンしないで済んだというところ。
◆残り2km(40.19km)/2:50:02
この1kmも4分28秒とゴールは近づくも、ペースは上げられず。サブスリー(3時間切り)には1km4分58秒ペース…この時点でやっとサブスリー達成を確信してゴールへ向かう。自己記録更新まではあと8分40秒…1km4分20秒ペースと決して不可能なタイムじゃないので、自己記録更新をあきらめずに走る。
◆残り1km(41.19km)/2:54:34
この1kmは4分32秒。自己記録更新するには4分08秒とさすがに厳しい状況。2時間58分台でのゴールなら4分25秒とこちらならなんとか達成できそうな状況。頑張って、あわよくば自己記録も目指してゴールへ進む。トラックに入り、残り400m弱。大幅なペースアップはできなくても、2時間58分台でのゴールを目指し、ラストスパート。
◆ゴール/2:58:53
第4コーナーを回り、直線に入ったところで、自己記録を過ぎてしまい、記録更新はならず。それでも、2時間59分を切ってゴール。記録は2時間58分53秒。自己記録より10秒遅れてしまったものの、用足しのロスタイムがなければ、実質的な自己記録更新でした。
30km過ぎのペースダウンは、上半身の防寒対策はOKでしたが、下半身がランパンのみで、つくばの寒さで筋肉が硬くなり、30km以降、思うような走りができなかったのが、自己記録更新できなかった「敗因」ですね。ふくらはぎのつり・けいれん防止の意味でもレース用のロングタイツを着用した方がよかったと思います。来年2月の東京マラソンはもっと寒い状況になると思うので、防寒対策をしっかりしていきたいと思います。
また、空腹対策、用足し対策も失敗。空腹対策は東京マラソンの場合、エイドにて提供の食料がまだ未定なので、なんとも言えませんが、場合によってはウエストポーチ着用でゼリー食品等を持っていこうと考えてます。用足し対策は正直言って、1回くらいは想定しておきたいと思ってます。寒さの中では、3時間も用足しせずにいく自信がさすがにありません(苦笑)。ま、いろいろと失敗した走りながら、サブスリー達成ですから、ちゃんとした走りができれば大幅記録更新できると思うので、それを目指してこれから頑張りたいですね。
マラソン終了後、つくばから意外と近い千葉県柏市(そもそもつくばエクスプレス自体が柏市を通っていて、駅も2つある)の日立柏サッカー場で16時から行われるサッカーJ2・柏レイソル-コンサドーレ札幌戦で札幌応援をしようか…と、思っていたところ、東京競馬場で行われる国際G1・ジャパンカップでディープインパクトが出走しているので、こちらを選んでしまいました。
ただし、ジャパンカップは15時20分スタートなので、逆算すると、つくばエクスプレス・つくば駅13時18分発の区間快速・秋葉原行に乗らないと間に合わない(南流山駅でJR武蔵野線・府中本町行に乗換)…ゴールしてから完走証をもらったあと、慌しく着替えをして、ゴールしてからわずか20分、12時50分に会場を後にし、疲れた体ながら走って2.5km先のつくば駅まで行く。
つくば駅には発車4分前に着き、駅構内のコンビニ(AmPm)で昼食(おにぎりとサンドイッチ)を買い、忘れずにコインロッカーから荷物を取り出し、区間快速・秋葉原行の車両に乗り込む。これでなんとかジャパンカップのスタート前にちょこっと馬券を買って、レースを見ることができそう。
車両内で昼食をとり、南流山駅で下車。つくばエクスプレスの駅は地下なため、地上に上がったところ、駅前に流山市のカラーデザインマンホールがあったので、デジカメでパチリ。
JR南流山駅から府中本町行に乗り、約1時間で終点・府中本町駅到着。臨時改札口を出て、急いで東京競馬場へ。入場券売場ではまだジャパンカップ記念入場券があり、3枚買ってしまう。
西門から入ってすぐゴール先(第1コーナー付近)から競馬場内を見渡すことができたのですが、スタンドはものすごい人の数。間違いなく10万人以上ですね。
時間はもう15時をちょっと回り、発売締切15分前ということで、慌てて馬券購入。と、言っても、勝ったのはディープインパクト、ハーツクライ、コスモバルクの応援馬券(単勝&複勝)など約1000円分ですが。
で、15時20分、いよいよレース発走。ディープはいつものようにやや出遅れぎみにスタートして「定位置」の最後方。先頭はホッカイドウ競馬所属のコスモバルク。ややスローな展開で第4コーナーを回り、ディープがいつものように大外を回って直線へ。残り200mで先頭に立つと、そのまま後続を2馬身離して1着でゴール。
東京競馬場・ジャパンカップゴール前
ディープの勝利を期待していた場内はもちろん大歓声。こんな雰囲気はほんと初体験でした。ま、8年前の天皇賞(秋)で同じ武豊騎手が按上のダントツ1番人気、サイレンススズカ号が前半1000mで57.4の超ハイペースで飛ばし、第4コーナーで悪夢の骨折。その後、安楽死処分となったレースを目の当たりにしていただけに、競馬には「絶対」がないと思いながら見ていたのですが、今回はその「絶対」が現実となって、ホッとしました。これで、あとは12月24日の有馬記念1レースのみ。久々のアイドルホースなだけに、結果はともかく、無事ゴール板を通過してほしい…と、一競馬ファンとして願うだけですね。なお、私はその当日、函館競馬場で観戦予定です。
…と、マラソンから大幅脱線してしまいました。ちなみに、コンサドーレ札幌は柏レイソルに0-2から後半10分、13分、27分と立て続けに得点。3-2の大逆転勝利でした。クラブ創設11年目で90分以内の0-2→3-2の逆転勝利は史上初の快挙。ま、コンサの試合はまた見られるけど、ディープのレースはもう見られないから、仕方ない「究極の選択」でした(^^;。

|

« 東京マラソンコース試走PART1 | Main | クリスマスフェスティバル共通ウィズユーカードを買う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/13097035

Listed below are links to weblogs that reference つくばマラソン、2時間58分53秒でゴール:

» 競馬予想をしない究極の馬券購入法 最新投資競馬 [ギャンブル依存症克服]
1レースで360万円、2500万円!?競馬ど素人だったサラリーマンが、100万円、200万円と稼げるようになった究極の秘密 とは ・・・ [Read More]

Tracked on 2006.12.18 at 08:34 PM

« 東京マラソンコース試走PART1 | Main | クリスマスフェスティバル共通ウィズユーカードを買う »