« 9/19・北海道内65集配局、集配事務廃止 | Main | 9/18・日ハムが4か月ぶりに首位! »

2006.09.17

9/17・日ハム、劇的なサヨナラ勝ち!

9月17日(日)、北海道日本ハムは札幌ドームでの千葉ロッテ3連戦の最終戦。13時試合開始、10時30分開場で、昨日は9時27分頃に札幌ドームへ到着し、1塁側内外野自由席側の列に並んでいたのですが、今日はもっと早い出足になると思い、家から走って(トレーニングを兼ねて…昨日もですが)ドームへ向かい、9時07分到着。

しかし、昨日より並んだ位置はちょっと後方。それでも、1塁側内野自由席の前方での観戦は十分に可能。
昨日は予定より10分早めて10時20分開場でしたが、今日は昨日よりさらに5分早めて10時15分開場。
試合開始の13時前には内外野自由席は当然満員、内野指定席もバックネット裏(年間シート)を除いてほぼ満員。観客数は文句なしに43000人以上の発表間違いなし状態。ラジオでは11時15分に当日券完売とのこと。そして、今日まで利用可のファンクラブ入会特典の内外野自由席無料招待券での入場も試合開始前には入場お断り状態になった模様。
いよいよ試合開始。始球式で、小学生が投げたボールをロッテ・西岡選手が打ち、セカンド後方のフライを日ハム・SHINJO選手が前進して地面スレスレでキャッチ。ボールをそのまま一塁スタンドへ投げ込みました。なかなかの「サプライズ」でしたが、投げ込んだボールは、せっかく投げた小学生の始球式記念ボールなのに(苦笑)。
この試合は某パチンコチェーン店からの提供による赤と青のボードが配られ、日ハム攻撃前にそのボードを応援ミュージックに合わせて観客が掲げ、チームを盛り立てていこう!というプロジェクトが行われました。360度(ロッテファンを除く)、赤いボード、最後に青いボードが一面掲げられたところを見ると、ほんと勇気が出るような感じがします。
2006.9.17 日ハム-ロッテ戦1
4回表、ロッテ・堀選手がライトスタンドのわずかのスペースに陣取っている熱狂的なロッテファンの最前列に打ち込むホームランで先制。金村投手はすっかり動揺してしまい、続く福浦選手、ベニー選手に連続ヒットを打たれ、あっさり2点目を献上。しかし、このあとなんとかしのいで、失点はこの2点で抑える。
しかし、日ハムはすぐ4回裏に2点取ってあっさり同点に追いつき、5回裏にSHINJO選手のタイムリーヒットで3-2と勝ち越し。
勝ち投手の権利をGETし、8年連続2ケタ勝利目前の金村投手でしたが、6回表も先頭打者にヒットを打たれたところで、2番手・伊藤投手にスイッチ。正直言ってこの交代は中途半端。それなら6回の頭から伊藤投手にスイッチすべき。伊藤投手は過去の3試合、5イニングは打者15人パーフェクトピッチング。しかし、逆にランナーを背負っての投球が一度もなく、ランナーがいる状態のピッチングがどうなのかは未知数な状態。そのイヤな予感が的中し、四球とヒットで3-3の同点とされ、金村投手の2ケタ勝利は今回おあずけに。そして、犠牲フライを打たれてロッテに4-3と勝ち越される。
でも、ここですんなり終わらないのが日ハムの強さ。6回裏、1死後に森本選手が4安打目の2塁打を打ち、2番・田中賢選手、3番・小笠原選手が連続タイムリーを打ち、またあっさり逆転。
7回から日ハムは武田久投手が登板。7回は三者凡退に抑えるも、8回は里崎選手に2塁打、そしてサブロー選手にタイムリーヒットを打たれて、5-5の同点。
この試合の観客数は43,473人…「43000プロジェクト」の第2弾・6月6日、第3弾・8月13日と同じ数字…どうやら、消防法による定員の兼ね合いがあるのでしょう。なお、野球モードにおける固定席の座席数は41,823人。3階の立見部分やファミリーシートを含めてプラス1,650人の43,473人…ということかな。
2006.9.17 日ハム-ロッテ戦2
日ハムは8、9、10回と毎回、2塁へランナーを進め、勝ち越し、サヨナラのチャンスをつぶして、イヤなムード。
しかし、11回裏にSHINJO選手がセンター前ヒット。紺田選手が代走。飯山選手がきっちり送りバントで走者を2塁に送り、2死後、選手会長・金子選手がセンター前へヒット。前の方に守っていたセンターがバックホームするも、紺田選手が快足を生かしてホームイン。日ハムがサヨナラ勝ちでロッテに3タテ。これで西武が負け、ソフトバンクが引き分けたため、2位浮上です。
2006.9.17 日ハム-ロッテ戦3
なお、日ハムは試合終了後、新千歳空港19時05分発・仙台行のANAに乗る予定でしたが、かろうじて乗れた模様。出発は19時22分と17分遅れだったのは、日ハム搭乗の配慮でしょう(^^)。ただし、明日の仙台は雨の予報で試合ができるかどうかは微妙ですが…。
ちなみに、9月17日午後3時、南鳥島の南東約500kmにある台風14号のアジア名は「YAGI」です。命名が日本の番で星座の「やぎ座」から付けられたのですが、明日の対楽天戦の日ハム先発はYAGI…八木投手です。

|

« 9/19・北海道内65集配局、集配事務廃止 | Main | 9/18・日ハムが4か月ぶりに首位! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/11949020

Listed below are links to weblogs that reference 9/17・日ハム、劇的なサヨナラ勝ち!:

» 小笠原、25年ぶりV目前で来季の去就「わからない」 [スポーツニュース]
これも歴史的快進撃の余波!? 日本ハムが18日の楽天戦に勝ち、5月19日以来の首位。1981年以来実に25年ぶりとなるリーグ優勝が現実味を帯びてきた。慣れない状況に、ナインは戸惑い気味。FA権を取得済みで、巨人、中日が獲得を狙うといわれる小笠原の去就も、ここにきて混迷を深めている。 止まらない勢いで4連勝、首位に立った直後、白井ヘッドコーチは開口一番、「何かが取り付いているな」と口走った。... [Read More]

Tracked on 2006.09.19 at 09:04 PM

« 9/19・北海道内65集配局、集配事務廃止 | Main | 9/18・日ハムが4か月ぶりに首位! »