« 北海道マラソン…10回連続完走! | Main | 北海道自治政策研修センター前の丸形ポストが撤去 »

2006.08.31

「石原裕次郎記念館臨時郵便局」小型印最終印を押印

小型印/石原裕次郎記念館臨時郵便局
小樽にある石原裕次郎記念館に常設設置していた小樽郵便局の臨時郵便局が平成18年7月31日限りで営業終了になりました。ただし、「石原裕次郎記念館臨時郵便局」小型印は翌月の8月も使用していたのですが、8月31日を最後に使用終了ということで、閉局間際の18時45分、小樽局へ行き、小型印を押印してきました。

局員さんに臨時郵便局廃止の理由を聞いてみたところ、販売切手の種類がほとんどないため、とおっしゃっていました。小樽局で在庫している北海道版のふるさと切手は、平成18年7月3日発売「北の動物たち」(4種連刷)のみとのこと。これでは、臨時郵便局の売り上げが少ししか見込めなくなり、出店料等の経費のことも考えて「撤退」ということになったのでしょう。
平成19年10月から郵政民営化となれば、臨時郵便局開設における出店料も今までは無料とか微々たる金額だったケースも高い料金になったり、そもそも開設不可というケースも出たりすることが考えられ、販売できる切手の種類減と併せて考えれば、郵政民営化後の臨時郵便局設置は大幅に減ることになるのでは…と、思います。

|

« 北海道マラソン…10回連続完走! | Main | 北海道自治政策研修センター前の丸形ポストが撤去 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/11710577

Listed below are links to weblogs that reference 「石原裕次郎記念館臨時郵便局」小型印最終印を押印:

» 郵便局 [気になる言葉]
郵便局は、日本において郵政3事業の現業事務を行う事業所。一般の企業でいう支店や営業所に当たる。 旧逓信省、郵政省、総務省郵政事業庁を経て2003年4月1日以降は日本郵政公社が管轄している。 郵便配達・収集の地区拠点であり、簡易保険や郵便貯金の業務にも当たる。郵便局の設置基準は日本郵政公社法に基づく総務省令により規定されており、日本郵政公社は、同法の施行の際現に存する郵便局ネットワークの水準を維�... [Read More]

Tracked on 2006.09.13 at 10:41 PM

« 北海道マラソン…10回連続完走! | Main | 北海道自治政策研修センター前の丸形ポストが撤去 »