« フレーム切手、フレーム部分のみで郵便利用可 | Main | 「石原裕次郎記念館臨時郵便局」小型印最終印を押印 »

2006.08.27

北海道マラソン…10回連続完走!

8月27日、いよいよ北海道マラソンの日。朝の天気予報、札幌の天気「晴れ」、最高気温予想「30度」…やっぱり暑いコンディションになりそう(苦笑)。

(レース前)
6時20分起床(低脂肪乳、オレンジジュースを飲む)。7時40分に朝食(ご飯、コンソメスープ、麻婆豆腐、サラダ、肉じゃが、たらこ)。
8時20分に家を出て、9時40分会場到着。着いたときには「タケダファミリーマラソン」のレース中。到着後すぐ、おにぎり(梅干)を食べる。
10時に某所で用足しを済ませたあと、薬局で日焼け止めクリームを買う。
10時45分、ウォーミングアップ、ストレッチを15分ほどかけて行う。
11時10分、真駒内公園のランニングコースを約2km走る。後半の1km(下り)はレースを想定した走り(3分55秒)。
11時30分、荷物を預ける。
11時40分、スタート地点(真駒内オープンスタジアム)へ行く。
(いよいよレース)
12時10分、第20回北海道マラソン、スタート。最初は転倒しないよう、まわりのペースに合わせて走り、五輪通へ出た段階でちょっとペースアップ。それでもこれからの上りに備えて抑え目で走り、2km8分35秒で通過。
《5km》21分45秒で通過。1km4分21秒ペース。最初のロスタイムを考えればまずまずの入り。このあと1km4分10秒ペースを目標に走る予定。
《10km》42分21秒で通過。この5kmは20分36秒。1km4分08秒ペース。ほぼ予定どおりの走り。下りを利用して無理なく走ってこのタイムはとてもいいです。
《15km》1時間02分47秒で通過。この5kmは20分26秒。1km4分06秒ペース。快調に走ることができ、前半のロスタイムも挽回できました。あとは5km21分ペースで35kmまで押し切れば、目標の3時間切りも見えてきます。
《20km》1時間24分01秒で通過。この5kmは21分14秒。1km4分15秒ペース。19km過ぎ、私の親からウィダーインゼリーとアミノバイタル(約200ml)を受け取り、補給している分、ちょっとタイムロスしたものの、それを割り引けば、予定どおりのタイム。体調も変わりなく、このあとエンジンをかけて折り返し地点へ向かう。
《22km》中間地点(21.0975km)を1時間28分45秒で通過。今までのペースを維持しようと頑張って走ろうとしたところ、23km地点を過ぎたところで右脚ふくらはぎがピリっときて、つる寸前の状態。ちょっとペースを落とし、ちょっと頑張って走ろうとしたら、今度は左足ふくらはぎがピリッときて、つる寸前の状態に。両脚ともつる寸前の状態となってしまい、今までのペースで走ることができず、サブスリーは23kmを過ぎて早くも断念することに。
《25km》1時間46分07秒で通過。この5kmは22分08秒。1km4分26秒。しかし、既に両脚がつる寸前の状態になってからはキロ5分ペースにがた落ち。このあとも何度かふくらはぎがピリッときて、次第にペースを落とさざるををえない状況に。ただし、体調的には全く問題なし。脚さえ万全であれば、まだまだ4分ちょっとのペースでいける状況でしたが…。第1折り返しを過ぎて、27kmを過ぎたあたり、反対側の30km地点で千葉ちゃん(2連覇中の千葉真子選手)が通過。私が女子の先頭とすれ違ったのは約5分前なので、先頭とは約10分遅れ、距離にして約3km離されている状況。体調か脚の状態がかなり悪いのでしょう。それでも、これが第一線の選手としての最後のレースとあって、何が何でも完走しよう!という思いが、遠くながらも走りを見て感じることができました。
《30km》2時間11分55秒で通過。この5kmは25分48秒。1km5分10秒ペース。なんとかこのペースを維持して走っていきたいものの、脚の状態は相変わらずで、とにかく脚をつらないように抑えて走ることを心がける。30km地点を過ぎてすぐに新琴似一番通りに戻ったところで、ちょっと向かい風になったこともあり、さらにペースダウン。なんとかゴールまで走りきるために、2度ほど立ち止まり、脚の腱を伸ばしたりするストレッチをする。
《35km》2時間40分53秒で通過。この5kmは28分58秒。1km5分48秒ペース。このペースなら3時間20分も切ることは難しい状況に。しかし、無理をして脚をつってしまうと歩くことすら難しくなる可能性もあり、「頑張れ」の声援に反して「頑張らない」ようにひたすら走る。
《残り3km》3時間06分38秒で通過。残り4kmからの1kmは5分58秒。そしていよいよ石山通を左折して北大通へ。スキージャンプの応援仲間、職場の同僚からの大声援を受け、元気が出てきたとともに、脚の調子もだいぶ回復。ちょっとペースアップ。
《40km》3時間11分01秒で通過。この5kmは30分08秒。1km6分02秒ペース。
《残り2km》(大通西4丁目)3時間11分58秒で通過。この1kmは5分20秒とペースアップ。大通公園での大声援のおかげです!そして、札幌駅前通で右折し、あとは中島公園のゴールへ一直線(公園内ではカーブが数箇所ありますが)。
《残り1km》(南6条西3丁目)3時間17分18秒で通過。この1kmも5分20秒。
中島公園の入口(残り600m)に入り、さらにちょっとだけペースアップ。
《ゴール》ゴール地点ではビデオ撮影しているので、なるべく前や後ろのランナーにかぶらないよう、前も後ろも間隔がそこそこ開いている状態でゴール。記録は3時間22分15秒。これで10回連続完走達成です!

なお、この日の札幌の最高気温は30.1度と真夏日。私が走った大会(11~20回)の中では、真夏日は今回が初(今までの一番高い最高気温は2000年の29.4度)。ただ、湿度は15時時点で36%と低く、木陰も結構あったおかげで暑さを気にすることなく走ることはできました。ただ、脚だけは暑さにヤラレタ感じですね。
記録的には目標より大幅に遅れ、もちろん残念ですが、アクシデントがありながら走りきって完走できたことは大いに満足です。昔なら残り20km近くでのアクシデントなら、歩いたりして、リタイアしていたか、リタイアしていなくても4時間前後でのゴールだったと思います。
そして、完走を10回積み重ねることができたのもさらなる自信となりました。まさかここまで走り続けることになるとは、最初に参加した北海道マラソンのときには想像もできませんでした。
10回完走というひとつの目標が達成でき、次の目標は何度もチャレンジして今回もできなかった「3時間切り」です。今日の走りで足りなかった部分がわかってきました。やはり筋トレも行い、下半身の強化を図ること。そして、ストレッチもふくらはぎやアキレス腱など念入りに行うこと。あと脚がつる理由は、塩分不足の状態が第1要因だと思います。レース途中で塩の補給をやっていきたいと思います(実は当日の朝は実行しようと思っていたところ、会場到着してからすっかり忘れてしまいました…うーむ)。
それでも、中間地点までは自己最高ペース(自己記録の2002年、3時間03分55秒のときは、中間地点1時間29分17秒)。決して一杯いっぱいの状態での走りでなく、余裕をもってこのタイムだったので、脚さえしっかりとした状態なら、3時間切りも決して遠い夢とは思ってません。
道マラの3時間切りを達成するためには、まずはフルマラソン2時間55~56分台の記録で走ることを目標にしたいと思ってます。今年秋になるか、来年春になるかわかりませんが、本州(関東)のフルマラソンの大会に出て、それを目指したいと思います。それには次のレース、札幌マラソンのハーフは大会自己記録1時間21分07秒の更新。できれは平地初の1時間20分切り(途中まで思いっきり下りの美瑛ヘルシーマラソンでは1時間19分台の記録もありますが)を目標にしたいと思います。そのためには1km3分47秒ペース。レースまでの約1ヶ月、インターバル走なども取り入れたスピード強化練習、下半身強化も織り交ぜていきたいと思います。
もう、気持ちは来年の北海道マラソンのスタートラインに立つ自分。そして夢見るは2時間台での中島公園でのゴールです!(ちょっと大げさか)

|

« フレーム切手、フレーム部分のみで郵便利用可 | Main | 「石原裕次郎記念館臨時郵便局」小型印最終印を押印 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/11658482

Listed below are links to weblogs that reference 北海道マラソン…10回連続完走!:

» 千葉真子 [気になる言葉]
千葉 真子(ちば まさこ、1976年7月18日-)は、女性長距離走者、マラソン選手。 [Read More]

Tracked on 2006.09.15 at 10:53 PM

« フレーム切手、フレーム部分のみで郵便利用可 | Main | 「石原裕次郎記念館臨時郵便局」小型印最終印を押印 »