« 白石サイクリングロードの桜並木を走る | Main | 新券売機用共通ウィズユーカードを購入 »

2006.05.25

7/3、ふるさと切手「北の動物たち」発売

ふるさと切手・北の動物たち
7月3日(月)、ふるさと切手北海道版「北の動物たち」の図案が発表され、写真家が撮影した動物4種連刷。登場動物は、キタキツネ、エゾヒグマ、シマリス、エゾフクロウです。キタキツネ以外の3種はふるさと切手北海道版としては「初登場」です。写真撮影者はキタキツネ:神田博氏、エゾヒグマ:山本盛雄氏、シマリス:矢部史朗氏、エゾフクロウ:富士元寿彦氏です。神田博さんは、ふるさと切手北海道版「エゾクロテン」の写真に続き、2回目の登場です。あとの3人は初登場ですが、富士元さんは、エゾモモンガの図案のもととなった写真を撮影した方でもあります。

適正風景印は以下のとおりです。

風景印・浜佐呂間局《キタキツネ》
093-0499浜佐呂間△(常呂郡佐呂間町)
099-3699小清水△(斜里郡小清水町)
070-0813旭川川端▲(旭川市)※変形印の外周がキタキツネ
《エゾヒグマ》
047-0044小樽梅ヶ枝▲(小樽市)※クマの雪像
078-3699古丹別△(苫前郡苫前町)※クマ獅子舞
《エゾリス》
098-3399天塩△(天塩郡天塩町)※シマリス
《エゾフクロウ》
061-0299当別△(石狩郡当別町)※フクロウ
092-0024福住▲(網走郡美幌町)※フクロウ
※△:集配特定局、▲:無集配特定局

クマはともにちょっと苦しい感もありますが(^^;。
で、いつもは適正風景印を初日押印しに局廻りをするのですが、この日が今の仕事で1年のうち超多忙のうちの1日なため、まずは休めません。ま、切手発行記念の小型印使用もないので、初日押印にこだわらず、休暇がとれるときに2日くらいかけて局廻りしようと思います。
なお、発売枚数が460万枚(115万組)、うち北海道内では260万枚(65万組)…少ないですね。封書62円時代ではハマナス300万枚(47種連刷シート分を除く)、アジア冬季競技大会350万枚、第44回国体400万枚(いずれも額面62円)がありますが、封書80円時代に入っては今までで一番少ない発売枚数。昨年の「北海道の花」が1400万枚(350万組)、「最北の自然・北海道」が1000万枚(250万組)ですから、いかに少ないかわかるでしょう。とにかく初日のうちに買っておいた方がいいですね。

|

« 白石サイクリングロードの桜並木を走る | Main | 新券売機用共通ウィズユーカードを購入 »

Comments

ふくろうは根室局にもいますね。
シマフクロウですが

Posted by: 739163 | 2006.05.26 at 09:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/10241143

Listed below are links to weblogs that reference 7/3、ふるさと切手「北の動物たち」発売:

« 白石サイクリングロードの桜並木を走る | Main | 新券売機用共通ウィズユーカードを購入 »