« 「北海道趣友のつどい」2006年2月12日開催 | Main | 堺郵便局は「堺中央」局になるか? »

2006.02.12

これが現実…トリノ五輪

ノルディック複合の高橋選手がジャンプの公式練習で、着地のときに腰を痛めてしまう。昨年も同じ台でミスをして、同じ鉄を二度踏むチョンボ。ジャンプの原田選手も体重チェックのミスで失格。メダルの期待が高かったスノーボートハーフパイプの日本4選手は実力を発揮できず、まさかの全員予選落ち…。
これが現実!

競技は各種目ごとで行われていても、「日本」というチームでやっているということを考えれば、初日、2日目と目を覆いたくなるような惨状は、今後の日本勢に大きな影響を与えることは必至で、日本勢のメダルゼロ…可能性が非常に高くなったと思います。
ま、五輪がすべてじゃないから、メダルがとれなくても、選手の頑張りに拍手なんだけども、大舞台で生半可の精神力では最高のパフォーマンスをすることは100パーセント無理だということだけは確かです。みんなが注目している中で、最高のパフォーマンスを披露したい!という気持ちの強さが必要だと思いますね。
ま、どういう選手だってちょっとしたミスが命取りになる、でもものすごい緊張する場面でも最高のパフォーマンスをする選手がいる、その最高が金メダルという形で賞賛されるわけで、そういう選手をテレビで目の当たりにできることは非常に感動を覚えます。日本選手がなかなか思うように活躍できない状況ですけど、スポーツの醍醐味を大いに味わうことができ、これがあと2週間近く続くと思えば、ほんとにワクワクですよね(^^)。

|

« 「北海道趣友のつどい」2006年2月12日開催 | Main | 堺郵便局は「堺中央」局になるか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/8630636

Listed below are links to weblogs that reference これが現実…トリノ五輪:

« 「北海道趣友のつどい」2006年2月12日開催 | Main | 堺郵便局は「堺中央」局になるか? »