« イサム・ノグチ切手に広島中局風景印を押印 | Main | 8月22日、根室へ… »

2005.08.13

北海道大学第2農場の小型印を入手

小型印・北海道大学祭記念第3回切手展
8月6日、ていぱーくで行われた「サマーペックス」の切手商ブースで、北海道大学札幌農学校第2農場(北海道遺産)が描かれた小型印を入手しました。

小型印は、1975年(昭和50年)、「北海道大学祭記念第3回切手展」として使用されています。で、現在の様子と小型印印影を比較すると、ちょっと異なってます。はっきりわかる部分は、牧牛舎に隣接しているサイロが現在は1つですが、小型印では2つです。
北大のサイトにて調べたところ、1909年に石造りのサイロが造られたあと、1916年に隣接してコンクリート製サイロが増設されたのですが、1975~77年実施された文化財として修復工事の際に解体撤去とのこと。
ですから、第2農場の昔の様子がわかる郵趣品として、非常に貴重ですよね。
なお、サイロの上には避雷針があります。これは建設当初から設置されていたそうです。避雷針と明らかにわかる絵の小型印というのも珍しいような気がします。
以前に使用された小型印の図版について、資料が残っていないものも多く、どんな印影があるのか、ほとんどわからない状態で、切手商等で売られている小型印押し葉書をチェックしては、いろいろ買っているのですが、こういうのを見つけると非常に嬉しくなりますね。こんなのを随時、ちょっとした解説を入れて紹介していきたいと思います。
余談ですが、この小型印官白は10円でGETしました(10円葉書に押されたものなので、一応、額面ということになりますね(^^;)。ある収集家のコレクションがまとめて処分されたのを販売しているのでしょうが、安すぎますね(^^;。

|

« イサム・ノグチ切手に広島中局風景印を押印 | Main | 8月22日、根室へ… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/5445421

Listed below are links to weblogs that reference 北海道大学第2農場の小型印を入手:

« イサム・ノグチ切手に広島中局風景印を押印 | Main | 8月22日、根室へ… »