« 3/20発売、広告デザイン共通ウィズユーカード「NTT東日本」を入手 | Main | 宝くじ・観光シリーズ、第6弾・最上峡 »

2005.03.23

建築家・丹下健三さん死去

ふるさと切手・平和記念公園
2005年3月22日、世界的な建築家、丹下健三(たんげ・けんぞう)さんが91歳で死去しました。
丹下健三さんといえば、国内外にいろんな建築物などを手がけてきました。
奇しくも、4月22日に世界的な評価を受けたさきがけとも言える、広島・平和記念公園のふるさと切手が発売されます。

そして、丹下さんが手がけたもので、切手に登場したのは…
東京五輪切手・国立代々木競技場横浜博覧会記念切手・横浜美術館

戦後50年メモリアル切手・日本国際博覧会東京グリーティング・新宿新都心
1964年・東京五輪の国立代々木競技場、1970年・大阪万博のマスタープラン、横浜美術館、新・東京都庁舎、新宿パークタワー(パークハイアット東京)…と、実にいろいろと登場しているんですね。
新・東京都庁舎、新宿パークタワーはふるさと切手「東京グリーティング」の「新宿新都心」(図・右下)で登場しているのですが、新宿パークタワーは切手のいちばん左の建物、新・東京都庁舎は中央の黄色で描かれている道路のすぐ右(切手でいえば、左から2番目の上(奥))にある建物です。
外国でも丹下さんが手がけた建築物等の切手がきっとあるんでしょうね。これだけでもアルバム作品ができてしまいそうですね。私はつくる余裕がないですが(^^;。

|

« 3/20発売、広告デザイン共通ウィズユーカード「NTT東日本」を入手 | Main | 宝くじ・観光シリーズ、第6弾・最上峡 »

Comments

yuaさん、こんばんは。

私も真っ先にふるさと切手広島版を思い出しました。じつは追悼切手だったんじゃないかと(んなわけない)。

東京オリンピックの切手が丹下作品をよくあらわしている感じがします。

名前は残さなくてもこれだけの切手に登場しているなんて驚きます。

Posted by: 太郎 | 2005.03.26 at 02:45 AM

 外国まで含めたら丹下健三氏設計の建造物を描いた切手はすんごい数になるんじゃないかと思います。渋谷の国連大学も丹下氏の設計で国連切手になってますし、建築物単体以外に都市計画も手がけておられましたし。
 私の地元の山口県立博物館の設計もそうです。そんな地方都市の建造物もふるさと切手や風景印を丹念に調べればけっこう見つかるんじゃないでしょうか。
 郵趣サービス社さんが頒布会を立ち上げることが可能なくらいの種類があると思います。

Posted by: 椙山 | 2005.04.01 at 03:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/3403439

Listed below are links to weblogs that reference 建築家・丹下健三さん死去:

« 3/20発売、広告デザイン共通ウィズユーカード「NTT東日本」を入手 | Main | 宝くじ・観光シリーズ、第6弾・最上峡 »