« 2/21、映画「シャーク・テイル」共通ウィズユーカード発売 | Main | ハローキティ30周年記念・写真付き切手を入手 »

2005.02.12

TVh杯ジャンプ、東輝選手2連覇!

nikki20050212-02b
2/12、大倉山ジャンプ場でTVh杯のジャンプ大会が行われました。

大倉山へ行く前、札幌中央郵便局で約1時間、「さっぽろ雪まつり」小型印押印のため、ジャンプ場到着は11時18分と既に競技スタートしていて「遅刻」でした(^^;。
ワールドカップ遠征中の葛西選手、伊東選手、岡部選手、一戸選手の4人は欠場したものの、ノルディック世界選手権出場の東、宮平の2選手、2/5のW杯札幌大会で優勝の船木選手が登場、そして雪まつり期間中ということもあり、私が行ったときにもらったプログラムの抽選番号が「1102」と比較的多かったです。でも、正直言ってまだまだ観客が少なすぎる。せっかくの雪まつり期間中ですから、最低でも観客は5千人以上来てもらい、大勢の中で大会をやってほしいところ。これはまだまだ札幌市が観客増への取り組みが足りないことにつきます。
2月7日(月)、STVラジオ「巻山晃のオハヨー!ほっかいどう」でスポーツライターの伊藤龍治さんが「せっかくのさっぽろ雪まつりとワールドカップジャンプ大会が全く連動されていないのは残念だ」とおっしゃっていました。そのとおりですね。「雪まつり&W杯ジャンプツアー」を企画して、旅行代理店に売り込む、雪まつり大通会場~大倉山の直行バスを運行する…ちょっとしたことでも、観光客をジャンプ大会観戦してもらうことは可能です。そして、今は中国、台湾、香港など外国からの観光客が多い状況ですから、ジャンプ大会は絶好の観光ターゲットとなるわけです。そして、ジャンプ大会に合わせて、北海道の特産品を味わえるようにするとか、いろんな企画をどんどん行ったり、ジャンプそのものも、もっと選手とふれあえる機会を増やしたり、ウィンタースポーツミュージアム内に選手の顔写真とプロフィール、今シーズンの意気込みなどをボードなどで掲示する…工夫できることはいくらでもあります。ま、そういうことは、我々もどんどん「提言」していく必要があるでしょうね。とにかく、札幌でのノルディック世界選手権開催まであと「わずか2年」なのですから。
…と、話が脱線してしまいました(^^;。本題のTVh杯ジャンプ大会のレポートに戻る。
天気は非常に良く、カンテスピードも時速88~89km台とW杯より1~2km早いものの、風はあまりない状態。でも、いい向かい風が吹けばバッケンの可能性も…という状況。
98番・東輝選手のときにいい向かい風が吹き、風を利用して、135.5mの大ジャンプ。
103番・宮平選手のときにもいい向かい風。131mまで伸ばして、東選手に続き2位につける。
続く104番・原田選手も向かい風を生かして、127.5m。久々の大ジャンプで1本目3位。上位3人は30代(^^;。ガンバレ若手!ですね(^^;。
2本目。まずは女子組ですが、出場2人(主力5人は海外遠征中のため欠場)のうち、中学生の澤谷選手は1本目に転倒したため、大事をとって2本目をキャンセル。と、いうことで、1本目82m、2本目76m飛んだ嘉部選手が優勝。
男子はスタート位置が1本目より50cm下げられ(85.5m)、いい向かい風がないとK点超えは難しい状況。
1本目12位・船木選手はいい向かい風に当たり、W杯優勝以来のK点超えジャンプの126m。調子は上向きという感じです。
1本目9位・金子選手もいい向かい風。129.5mまで伸ばし、船木選手を抜いてトップに立つ。
このあと向かい風がなかなか吹かず、K点超えジャンプがなかなか出ない状況。1本目3位・原田選手は110m。1本目2位・宮平選手は91.5mの失敗ジャンプでトップに立てず。
こうなれば1本目トップでラストに飛ぶ東選手は110m以上で優勝と非常に気楽な状況で、しっかりと121mと唯一2本ともK点超えジャンプでまとめて、文句なしの優勝。TVh杯は昨年に続き、2連覇です。

札幌スキー連盟会長杯兼
第16回TVh杯スキージャンプ大会
(2005.2.12・札幌大倉山)[敬称略]
1位[98]東輝(日本空調)135.5m◆,121.0m/263.7p
2位[94]金子祐介(東京美装)115.5m,129.5m/240.0p
3位[89]重松健太郎(東京美装)118.5m,120.5m/227.7.p
4位[99]船木和喜(フィット)112.5m,126.0m/227.3p
5位[104]原田雅彦(雪印)127.5m,110.0m/223.5p
6位[59]加藤大平(札幌ノルディックSC)126.5m,111.0m/218.5p
※ ◆印:最長不倒
TVhカップジャンプ大会表彰式写真TVhカップジャンプ大会表彰式写真

東選手にとっては世界選手権に向けて「いい優勝」だったと思います。これで、世界選手権メンバー5人のうち、本戦出場4人枠入りに猛烈アピール!というところでしょうね。私は80%大丈夫だと思います。
明日はNHK杯…テレビ局がスポンサーの大会で唯一、招待券配布がない大会(民法5社はすべて無料招待券アリ)ですが、果たしてどれだけの観客が大倉山に来るのか…注目です。

|

« 2/21、映画「シャーク・テイル」共通ウィズユーカード発売 | Main | ハローキティ30周年記念・写真付き切手を入手 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/2974188

Listed below are links to weblogs that reference TVh杯ジャンプ、東輝選手2連覇!:

« 2/21、映画「シャーク・テイル」共通ウィズユーカード発売 | Main | ハローキティ30周年記念・写真付き切手を入手 »