« FIS・W杯ノルディック複合、初日後半レポート | Main | FIS・W杯ノルディック複合、2日目後半レポート »

2005.01.30

FIS・W杯ノルディック複合、2日目前半レポート

1月30日、FISワールドカップ・ノルディック複合の札幌大会2日目。今度は最初にジャンプ競技、後に距離競技を行う「グンダーセン方式」です。

10時半から競技開始。身支度が遅れ、家を出たのが9時40分。円山公園駅到着が10時15分。バスターミナル到着時で1分前に大倉山どい行きバスが発車したばかり。次の発車は10時半と競技開始時刻…。
10時15分、大倉山到着。この時点で既に10番まで飛び終え、残り20人。ただ、たまに強風が吹くため、中断することがあり、なんとか後半の「おいしい」ところは残っていたという感じ。私が缶コーヒーを買って、いつもの応援している場所(K点・120m付近の真横)に向かっていくものの、まだ11番・ザウナー選手(オーストリア)は2度もゲートを外れるなど、スタートできず。応援場所のちょっと手前でやっとスタート。すると、ザウナー選手は強い向かい風に乗って、バッケンレコードの141mを超える大ジャンプ。記録は142.5m。しかし、まだ序盤ということで、キャンセル。「幻のバッケン」でした(^^;。記録は取り消されたものの、大ジャンプを見ることができて、よかったです(^^)。
ゲートが1m下げられ、12番から再スタート。3人目・14番のコイヴランタ選手(フィンランド)が強い向かい風に乗って、再び140mを越すジャンプ。先ほどの よりさらに50センチオーバーの143mの「バッケンレコード」。しかし、これもキャンセルとなり、またもや「幻のバッケン」。と、いうことで、原田雅彦選手のバッケンレコード141mはなんとか残りました(^^;。
ゲートがまた1m下げられ、カンテスピードは時速90km前後に。24番・高橋大斗選手(土屋ホーム)には140mオーバーだと3たびキャンセルになるので、138mに抑えてほしいと願っていたら、大ジャンプながら138mと私の願ったとおりの記録(^^)。テレマークを決めたあと、ちょっとバランスを崩して飛計点が計3点くらい減点になったものの、文句なしのトップ。
1本目の最後、ゴールドゼッケンの30番・マンニネン選手にはK点手前で失速してほしかった(ひいき目で(^^;)ところ、貫禄のK点ジャンプ、は121.5m。それでも、高橋選手とは19.6点差と既に距離で1分20秒近い差になる。できれば、2本目終了後で3分は開いてほしいところ。
先ほどキャンセルとなった1番から14番までの選手が再び登場。11番・ザウナー選手、14番・コイヴランタ選手はともに135.5mの大ジャンプ。しかし、高橋選手が1本目のトップを死守。
11時50分に2本目がスタートしたものの、風の状況がスタート時と大きく変わり、12時にキャンセル。30分中断したあと、12時半に競技再開。1本目11位のマンニネン選手はいい向かい風に乗って125m。距離は圧倒的に強いので、逆転V、複合W杯6連勝、札幌2年越し4連勝が見えてきました。高橋選手は135mくらい飛ばないと、距離で逆転される可能性大というところ。
1本目2位・コイヴランタ選手は136.5m。テレマークも決めて、高橋選手を残してトップに立つ。
FISW杯ノルディック複合ジャンプ・コイヴランタ選手FISW杯ノルディック複合ジャンプ・コイヴランタ選手
1本目トップの高橋選手。最低でも130mが必要なところで、しっかり132.5m。テレマークも入れて、コイヴランタ選手に続く2位で後半の距離に臨むことになりました。

FISワールドカップ・ノルディック複合第14戦/前半ジャンプ(2005.1.30・大倉山)[敬称略]
1位[14]コイヴランタ(FIN)135.5m,136.5m/271.9<0:00>
2位[24]高橋大斗(土屋ホーム)138.0m,132.0m/266.5p<0:22>
3位[16]エデルマン(GER)133.0m,128.5m/252.3p<1:18>
4位[11]ザウナー(AUT)135.5m,121.5m/246.9p<1:40>
5位[21]タルルス(FIN)125.5m,123.0m/238.4p<2:14>
6位[27]タンデ(NOR)125.5m,123.0m/238.2p<2:15>
7位[30]マンニネン(FIN)121.5m,125.0m/236.8p<2:20>
8位[22]ヘティッヒ(GER)131.5m,112.0m/231.1p<2:43>
9位[20]ハンメル(NOR)125.0m,118.0m/231.1p<2:43>
10位[12]カイタイネン(FIN)113.5m,120.5m/219.8p<3:28>
※< >内は距離競技におけるジャンプ1位選手とのタイム差

ジャンプ1位・コイヴランタ選手選手と高橋選手との差は22秒。しかし、昨日の距離10kmではコイヴランタ選手は高橋選手のより55秒遅い記録でしたので、高橋選手が逆転するのは大丈夫だと思います。3位・エデルマン選手(ドイツ)も高橋選手より45秒遅いので、高橋選手を逆転するの無理。4位・ザウナー選手は高橋選手より1分半以上遅いので、論外。昨日、高橋選手より距離で勝っている選手で、ジャンプ10位以内の選手は、5位・タルルス選手(フィンランド)(昨日のタイム差-26秒)、6位タンデ選手(29秒)、7位マンニネン選手(1分40秒)、8位ヘティッヒ(ドイツ)(30秒)、9位ハンメル選手(ノルウェー)(1分17秒)…マンニネン選手には1分58秒差なので、かわされる可能性は80%ですが、あとはなんとか逃げ切れると思いますので、表彰台の可能性90%以上というところですね。
ジャンプ競技終了が13時08分。距離競技開始の15時まであと2時間弱ということで、白旗山行きの直行無料バスで移動することに。(後半レポートに続く)

|

« FIS・W杯ノルディック複合、初日後半レポート | Main | FIS・W杯ノルディック複合、2日目後半レポート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/2771849

Listed below are links to weblogs that reference FIS・W杯ノルディック複合、2日目前半レポート:

« FIS・W杯ノルディック複合、初日後半レポート | Main | FIS・W杯ノルディック複合、2日目後半レポート »