« 10/29、映画「銀のエンゼル」共通ウィズユーカード発売 | Main | JR北海道「光と風の物語」10月版オレカを購入 »

2004.10.25

日本シリーズ、西武優勝!

プロ野球日本シリーズは第7戦までもつれこみ、パ・リーグ2位からプレーオフを勝ち抜いた西武が中日を7-2で破り、12年ぶりの日本一!

プレーオフでつちかった「勝つ気持ち」が中日のそれを上回っての優勝という感じですね。
日ハムファンの私としては、今回の対戦ではプレーオフ1stステージで日ハムと死闘の末、破った西武に勝ってほしかったです。第4、5戦ではパ・リーグ制覇で満足してしまった感もあって、イマイチの試合も、第6戦での松坂投手と和田選手が何としても日本一になりたい!という強い気持ちで勝利し、それが第7戦で西武の全選手にその気持ちが「点火」した感じでした。
 やっぱりキーポイントは第6戦。活躍した松坂投手と和田選手は4年前、巨人に屈辱の4連敗で全く活躍できなかった「逆シリーズ男」…密かにそのリベンジをしたかった気持ちの強さが土壇場での活躍につながったところでしょう。中日は第6戦で一気に勝ちにいかないといけないところ。中日2-1の場面、和田選手との対戦で、山本昌投手にサインを送った谷繁捕手が外角球をことごとくファールで粘られたあげく、根負けしてインコースを要求し、ホームランを打たれてしまう…これが勝負の分かれ目でしたね。
 伊東監督がインタビューで、プレーオフで死闘を繰り広げた日本ハム、ダイエーに感謝のコメントをしたところが素晴らしかったです。西武の優勝はプレーオフ無くして語れません。プレーオフではともに最終戦、日本ハム、ダイエーの粘りで土壇場の9回、守護神・豊田投手が打たれて同点にされるも、西武が最後に執念で勝利をもぎとって日本シリーズ進出。そして、3たび勝った方がVという場面で、自然と自分の力を出すことができたと思います。逆に中日にとっては土壇場の大一番は今年初めて。ことごとくミスが出て自滅…。いわば、プレーオフで勝ち抜いたチームが勝って「当たり前」の試合とも言えました。
 セ・リーグが日本一になるためには、パ・リーグ同様にプレーオフ制度でのリーグ優勝にしないと難しいでしょう。だから、セでもぜひプレーオフ制度をやってほしいですね。そうでなければ、本当にパには勝てなくなってしまうでしょうね。そうこうしているうちに、人気もパにどんどん移っていくような気がしていますね。

|

« 10/29、映画「銀のエンゼル」共通ウィズユーカード発売 | Main | JR北海道「光と風の物語」10月版オレカを購入 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/1788442

Listed below are links to weblogs that reference 日本シリーズ、西武優勝!:

« 10/29、映画「銀のエンゼル」共通ウィズユーカード発売 | Main | JR北海道「光と風の物語」10月版オレカを購入 »