« 11/1、美幌局移転…美幌南局との距離はわずか250m | Main | 旭川マラソン、なんとか完走 »

2004.10.10

ドラえもん切手、郵頼での外国あては手押し絵ハト印しか押せない…

11月22日、科学技術&アニメシリーズ第6集が発売。今回のテーマは「楽」、そしてアニメは「ドラえもん」が登場です。

初日指定局は金沢中央局。そして、記念押印機用の絵入りハト印の郵頼先は長野中央局(消印は「金沢中央」で押印)。報道発表などで郵頼による初日印の押印を見ると、郵頼先は手押しが金沢中央局、記念押印機は長野中央局、手押しは和文ハト印と手押し絵入りハト印のみ。金沢中央局の窓口ではこのほか機械ハト印も使用していますが、郵頼では手押しのみなので「押せない」ことになります。
もし、外国あて引受便を郵頼で押印するとなれば、和文ハト印は不可なので、手押し絵入りハト印のみの押印となります。いわゆる外国専門のハト印が押せないことになります。
はっきり言って、収集家の立場なんか全く考えてない郵頼受付方法ですね。記念押印機用の印のみ単独で受付するのは、まぁ仕方ないかな…と思うけど、記念押印機用…機械印、機械ハト印…機械印、と同じ「機械印」のカテゴリにひっくるめてしまい、手押し用郵頼では機械ハト印の押印は不可…郵政の立場としては、1枚の封筒に機械ハト印と手押し印の両方をするのが面倒だから、手押しの郵頼では機械ハト印の押印を不可…としたのでしょう。でも、1通の郵頼で封筒1枚には1枚の切手に和文ハト印、もう1枚の封筒には1枚の切手に機械ハト印…というパターンもあるわけで、わざわざ同じ郵便局あてに2通も差し出すというのは、逆に収集家にとって「面倒」の一言。ただでさえ、収集家が減っている現状を考えれば、今の郵頼方法でかえって収集家を減らしてしまう要因になっていることを郵政はわかっていないですよね…。
もっとも、実際のところは郵頼で機械ハト印の押印依頼があれば、引き受けてくれるとは思いますけどね。また、収集家自体も郵便局側にとってはかなり「面倒」なお願いをするケースが多いことも事実だったりしますけど…。結局、割を食うのがシンプルに収集しようとしている方だったりします(^^;。

|

« 11/1、美幌局移転…美幌南局との距離はわずか250m | Main | 旭川マラソン、なんとか完走 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/1645908

Listed below are links to weblogs that reference ドラえもん切手、郵頼での外国あては手押し絵ハト印しか押せない…:

« 11/1、美幌局移転…美幌南局との距離はわずか250m | Main | 旭川マラソン、なんとか完走 »