« 札幌市都心部「無料都心循環バス」社会実験中 | Main | 72年前、南部忠平選手の金メダルを見る »

2004.09.19

サッポロビール博物館に行く

9月18日(土)、札幌市交「サタデーテーリング」で、サッポロビール博物館のスタンプを押してきました。そのついでに博物館の見学をすることに。見学は最後のビールorオレンジジュースの試飲つきで50分。博物館見学のみは30分(おみやげ付き)で、料金は「無料」!

行ったときはちょうど見学スタートしたときでした。30分の博物館見学のあと、いよいよビール試飲。生樽のサッポロビール「黒ラベル」1杯をおいしくいただきました。おつまみのカシューナッツとチーズももらえます。
サッポロビール博物館内記念撮影コーナー写真サッポロビール「黒ラベル」写真
なお、おかわりは自由です(^^)。

サッポロビールホームページ・サッポロビール博物館
http://www.sapporobeer.jp/brewery/Sapporo/sapporo.html

ここで、サッポロビール博物館から学んだことを発表します。
サッポロビールの始まりは、1876年(明治9年)に開拓使が札幌に麦酒醸造所(現在のサッポロファクトリー)をつくってビール製造を始めたことによります。北海道庁設置に伴い、1886年(明治19)に麦酒醸造場(醸造所を改称)は、大倉喜八郎率いる大倉組商会に払い下げられ、翌年12月、渋沢栄一・浅野総一郎らが大倉から麦酒醸造場を譲り受け、札幌麦酒会社を設立という歴史があります。
で、「大倉」といえば、札幌は「大倉山シャンツェ」(現・大倉山ジャンプ競技場)がありますが、こちらは大倉喜七郎が建設費を提供したことによるもの。大倉喜八郎と喜七郎は父子の関係です。大倉父子はともに札幌にとって歴史の1ページを刻んだ方なんですね。なお、大倉喜七郎はホテルオークラの創始者でもあり、奇しくも大倉山ジャンプ競技場のある札幌にホテルオークラが2003年に進出しています。

|

« 札幌市都心部「無料都心循環バス」社会実験中 | Main | 72年前、南部忠平選手の金メダルを見る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/1469536

Listed below are links to weblogs that reference サッポロビール博物館に行く:

« 札幌市都心部「無料都心循環バス」社会実験中 | Main | 72年前、南部忠平選手の金メダルを見る »