« 北海道マラソン2004のゴール映像 | Main | 大通公園「リンケージ・アップフェスティバル」に行く »

2004.09.03

北海道日本ハム、奇跡的なサヨナラ勝ち!

今日から札幌ドームで北海道日本ハム-西武の3連戦。これがプレーオフ2位-3位対戦の可能性もあるカードでもあるだけに、プレーオフ進出をかける意味でも、プレーオフ対戦の意味でもなんとしても勝利することが必要な試合です。先発は北海道日本ハム・ミラバル投手、西武・石井貴投手。
【1回表】西武の攻撃。2死3塁で4番・カブレラ選手は3ボールの4球目、レフトへタイムリーヒットを打ち、西武1-0と先制。
【1回裏】北海道日本ハムの攻撃。1番・SHINJO選手がセンター前ヒットで出塁。2番・坪井選手も高いバウンドのショートゴロを内野安打にして、無死1・2塁。3番・小笠原選手はファーストフライ、4番・セギノール選手があわや1塁線を破る当たりも、西武ファースト・カブレラ選手がグラブに当ててボールをこぼすも、すぐに取って打者をアウトにして2死2・3塁。5番・オバンドー選手が強い当たりのサードゴロ。サード・フェルナンデス選手がボールをはじくタイムリーエラーで1-1の同点に。
【3回表】西武の攻撃。1番・佐藤選手がサードへのゴロ。サード・小笠原選手がボールをはじいてレフト前へ転々。佐藤選手は2塁に進塁、記録は2塁打となったものの、小笠原選手のエラーに近いプレー。1死後、3番・和田選手はセンターオーバーの2塁打。ここでもミラバル投手が3ボールの4球目にまたもや打たれる。そのあと先制タイムリーを打った4番・カブレラ選手に対し、カーブで三振。このカーブが打者の手元で落ちてくる球筋。この球を効果的に使っていけば、大丈夫でしょう。
【5回裏】北海道日本ハムの攻撃。エラーにボーク、四球2つで相手からもらった2死満塁のチャンスも、6番・高橋信選手はショートゴロに打ち取られ、同点ならず。
【6回表】西武の攻撃。1死後、6番・貝塚選手が四球で出塁。そのあと貝塚選手が二盗成功し、1死2塁に。7番・中島選手はセンター後方の大飛球。センターSHINJO選手は始めから打球を取る姿勢をとらず、、打球が取れることを確認してから、打球が落ちる位置まで早いスピードで最短距離にて後方に下がり、しっかりキャッチ。2塁ランナーは最初のSHINJO選手の様子を見て、打球が抜けるかもしれないということで、あらかじめ2塁帰塁してタッチアップ体制をとらず、2塁を離れて二三塁間で打球を確認してしまい、SHINJO選手が打球をとったときには、急いで帰塁してタッチアップをしようとしたものの、SHINJO選手がすぐにショートへ返球したため、タッチアップできず。隠れたファインプレーです。8番・細川選手は三振でチェンジ。西武2-1のまま。
【7回裏】北海道日本ハムの攻撃。1番・SHINJO選手からの好打順。SHINJO選手はレフトフライ。ここで西武は2番手・サウスポーの星野投手にスイッチ。2番・坪井選手、3番・小笠原選手は連続三振に抑えられ、得点ならず。
【8回表】西武の攻撃。先頭の3番・和田選手はボテボテのサードゴロ。小笠原選手がファーストへとんでもない悪送球で、和田選手は2塁へ進塁。この日の小笠原選手は実質2つのエラー(1つは記録的に安打)と2三振とブレーキ。正直言って、ペナントレースで今まで優勝争いを一度も体験していない状況で、自分がやらなければ…という気持ちが空回りしている感じですね。4番・カブレラ選手はサードへ高い打球。いったん天井部分にボールが消え、約2秒後に再びボールが現れて落下。ボールはサード・小笠原選手がキャッチ。ラジオ中継では札幌ドームの特別ルール上ではアウトとなるものの、審判は最初ファールの判定。日ハム側の抗議で特別ルールを確認し、アウトと認定。今度は西武側が抗議するもアウトの判定は変わらず、約8分の中断。中断のとき、センターSHINJO選手はセンター後方のフェンスにへばりついて、クラブを頭に置いて、ジッとしていました。外野席の観客からはSHINJO選手が隠れた状態ですね(^^;(最前列なら身を乗り出せば見えるけど)。結局、西武は得点ならず。マズイ雰囲気も天井弾がアウトでムードは日本ハムへ…。8回表終了後、日ハムマスコット「B・B」は「SWING SWING」で、再びサッポロビール園で踊ってました。
【8回裏】北海道日本ハムの攻撃。西武の投手は3番手・小野寺投手にスイッチ。4番・セギノール選手は四球。5番・オバンドー選手はライトへの大きな当たりもライトがキャッチ。しかし、捕球体勢後にボールをこぼしてしまい、この様子を見て1塁走者のセギノール選手が2塁へ進塁(記録はタッチアップによる進塁)。この進塁は判断のいい好プレーですね。ここで走者は代走・森本選手に。6番・高橋信選手はレフト前への打球。レフトが取りにいくもショートバウンドでキャッチ。2塁走者はいったん二三塁間に止まってしまったため、3塁でストップし、本塁へ生還することができず。この安打が1回の1・2番で2安打して以来の3安打目。7番・木元選手はレフトへ犠牲フライ。3塁ランナーがタッチアップでホームインで2-2の同点。日ハムの勝利に対する執念でつかんだ同点ですね。
【9回表】西武の攻撃。8回まで先発・ミラバル投手が2失点の好投。ここからは2番手・建山投手が登板。2死後、左中間へのライナー性の当たりをショート・古城選手がジャンプ一番でキャッチし、チェンジ。抜けていれば2塁打というところのファインプレー。ムードは北海道日本ハムへ。こうなれば、9回裏で日ハムサヨナラ勝ちといってほしいもの。
【9回裏】北海道日本ハムの攻撃。西武は4番手・長田投手にスイッチ。1死後、1番・SHINJO選手は2ストライク後、4球ボールを見極め、四球で出塁。2番・坪井選手はセカンドゴロでランナー入れ替わり、2死1塁。3番・小笠原選手はフルカウントから空振り三振。小笠原選手は首位打者ながら3打席連続三振といつもの小笠原選手ではないですね…。
【10回表】西武の攻撃。1番・佐藤選手からの攻撃。クリーンアップに回ってくることを考えて、北海道日本ハム・ヒルマン監督は3番手・守護神・横山投手にスイッチを決断。しかし、佐藤選手に初球をセンター前ヒットを打たれる。そのあと2死2塁となり、4番・カブレラ選手。フルカウントからカブレラ選手はフルスイング。打った瞬間、文句なしのホームラン…でも天井に当たって、アウトになれー!と願っていたら、フェンス手前の天井に直撃。ボールはフェンス手前に落ちてきて、レフト・島田選手がしっかりキャッチ。もし、屋根がなければ150m以上の特大ホームランでした。悔しさのあまり、カブレラ選手はヘルメットをおもいっきりたたきつけました。ほんとにラッキーの一言。ま、「飛ぶボール」が逆に飛びすぎて、ホームランを1本損してしまった感じでしょうか(^^;。
【10回裏】北海道日本ハムの攻撃。流れが完全に日ハムに来ているので、一気にサヨナラ!といきたいところ。1死後、5番・オバンドー選手がセンター前ヒット。6番・高橋信選手が送りバントで2死2塁と一打サヨナラのお膳立てをつくる。高橋信選手が1塁へ駆け抜けたとき、西武1塁・カブレラ選手の足をスパイクしてしまい、カブレラ選手はいったんケガの治療でベンチへ下がるも、再び登場。今日のカブレラ選手は「踏んだり蹴ったり」ならぬ、「踏まれたり、天井に当たってアウトになったり」ですね(^^;。そして、先ほど同点犠飛打の7番・木元選手は3球目を右中間へ。西武外野手は浅く守っていたので、センターが背走するもボールはセンター頭上を越えるサヨナラヒット。北海道日本ハムが3-2と劇的なサヨナラ勝ちです!!!
2004年9月3日、北海道日本ハム-西武戦スコア
西武
101 000 000 0 |2
100 000 010 1×|3
北海道日本ハム

北海道日本ハムにとっては、北海道を本拠地に構えた今年、地元・札幌ドームで初めてのサヨナラ勝ちです(今年のサヨナラ勝ちは昨日時点で、東京ドームでの1度のみ)。
本当なら西武・カブレラ選手の2ランホームランで西武勝利のところ、札幌ドームの屋根を味方にしての勝利。この勝利はほんとにそうそう起きることではない、というか、まさしく奇跡的な勝利です。終盤でのこの1勝は非常に大きい。何と言っても日ハム選手のムードを良くするものです。この勝利を生かすためにも、明日、あさっても絶対勝利あるのみ。ま、観客も明日、あさってと3万人超は決定的(うまくいけば4万人台も…)なので、大応援の後押しで勝利をつかんでほしいですね!

|

« 北海道マラソン2004のゴール映像 | Main | 大通公園「リンケージ・アップフェスティバル」に行く »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/1352074

Listed below are links to weblogs that reference 北海道日本ハム、奇跡的なサヨナラ勝ち!:

« 北海道マラソン2004のゴール映像 | Main | 大通公園「リンケージ・アップフェスティバル」に行く »