« August 2004 | Main | October 2004 »

September 2004

2004.09.30

10/2、「切手収集家の集いin北海道・北見」に参加します

小型印・切手収集家の集いin北海道・北見10月2日(土)・3日(日)、ホテル網走湖荘で「切手収集家の集いin北海道・北見」が開催されます。

Continue reading "10/2、「切手収集家の集いin北海道・北見」に参加します"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.29

新ゆうパックロゴはイマイチかな

日本郵政公社は、10月1日から小包の料金を重量制からサイズ制に変更などのリニューアルを実施と今日・9月29日に発表。ゆうパックのロゴも変更となります。

Continue reading "新ゆうパックロゴはイマイチかな"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.09.28

JR北海道「ドラえもん海底ワールド」オレカ4種を購入

11月22日にはドラえもん切手が発売(アニメ&科学技術シリーズ切手)されますが、JR北海道では7月1日に「ドラえもん海底ワールド」オレンジカード4種類(各1000円券)を発売。今日(9月28日)、JR厚別駅で全4種を購入しました。

Continue reading "JR北海道「ドラえもん海底ワールド」オレカ4種を購入"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.27

日ハムプレーオフ進出、やっと「決定」

今日・9月27日のニュースで、9月18・19日に行ったストの代替試合を行わないことが正式に決まり、プロ野球パ・リーグ、北海道日本ハムの3位がこれで確定し、プレーオフ進出がやっと「決定」となりました。

Continue reading "日ハムプレーオフ進出、やっと「決定」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.26

台湾でキティちゃん切手を発売

台湾で9月24日、キティちゃん切手小型シート2種が発売されました。

中華郵政ホームページ/キティちゃん切手
http://www.post.gov.tw/post/internet/w_stamphouse/stamphouse_dtl.jsp?file_name=D468

Continue reading "台湾でキティちゃん切手を発売"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

札幌市電・スタンプテーリングに参加

札幌市電専用1日乗車券札幌市電専用1日乗車券・アンケート用紙
2004年9月25日から10月31日まで、実験で札幌市電専用1日乗車券を400円で(大人用。こども用はなし)販売しています。

Continue reading "札幌市電・スタンプテーリングに参加"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミスド・コーチャンフォーミュンヘン大橋ショップに行く

ミスド・コーチャンフォーミュンヘン大橋ショップ写真ミスド・コーチャンフォーミュンヘン大橋ショップ写真
2004年9月24日開店のミスタードーナツ・コーチャンフォーミュンヘン大橋ショップ(札幌市豊平区中の島1条13丁目1-1)に行き、ミスドカードをもらいました。

Continue reading "ミスド・コーチャンフォーミュンヘン大橋ショップに行く"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.09.25

札幌市電・広告ペインティング車両紹介

札幌市電で新しい広告ペインティング車両を紹介します。

Continue reading "札幌市電・広告ペインティング車両紹介"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

釧路・南大通(啄木通り)の啄木スタンプ完集

釧路市内の郵便局廻りで12局の風景印を完集したのですが、ついでに南大通(通称:啄木通り)にある5店舗に設置されている「啄木スタンプ」を完集しました。

Continue reading "釧路・南大通(啄木通り)の啄木スタンプ完集"

| | TrackBack (0)

ミスド・コーチャンフォーミュンヘン大橋ショップ、9/24開店

昨日・9月24日(金)、ミスタードーナツ・コーチャンフォーミュンヘン大橋ショップがオープンしました。
住所は札幌市豊平区中の島1条13丁目、営業時間は9~23時、店番号は1628です。なお、札幌市内のミスドはこれで33店目です。

Continue reading "ミスド・コーチャンフォーミュンヘン大橋ショップ、9/24開店"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こども共通ウィズユーカード・新券売機用を入手

こども・共通ウィズユーカード
地下鉄南北線さっぽろ駅にて新しい券売機用のこども・共通ウィズユーカードを買いました(1000円券、利用額1100円)。札幌市立高等専門学校4年・大澤真樹子さんがデザインした雲が浮かぶ空に走る電車に目玉と足に見立てた「SAPPORO」の文字が乗って出かけているところです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.09.24

日ハム、「実質」プレーオフ進出決定!

今日・9月24日、北海道日本ハムはプロ野球パ・リーグの実質的な最終戦、神戸・ヤフーBBスタジアムでのオリックス戦。この試合を始まるまで、実質的に全日程を終了している千葉ロッテとともに勝率5割で3位タイ。今日の試合に勝てば貯金1で3位→プレーオフ進出、負ければ借金1→4位…千葉ロッテがプレーオフ進出、引き分け→千葉マリンスタジアムで千葉ロッテと3位決定戦。まさしく、「勝てば天国、負ければ地獄」状態。

Continue reading "日ハム、「実質」プレーオフ進出決定!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.23

別海駅伝、アンカーを走る

9月23日、私にとっては毎年恒例の別海駅伝出場。今年は昨年に続き、最終の6区・7.6kmのアンカーを担当。

Continue reading "別海駅伝、アンカーを走る"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.22

釧路市のマンホール、6種類発見

今日・9月21日、釧路市の郵便局廻りをしたついでに、気が向いたときにマンホール撮影もしたのですが、私が見つけた分だけで6種類もありました。

Continue reading "釧路市のマンホール、6種類発見"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.21

これから札幌→釧路の夜行バスに乗車

これから札幌→釧路の夜行バスに乗車
9月23日は一昨年、昨年に続き、駅伝大会出場のため根室支庁の別海町へ。で、明日・9月22日も休暇をとって、釧路市内の風景印使用局全12局の郵便局廻り。と、いうことで、今日・9月21日の23時30分・札幌発→釧路行のスターライト釧路号に乗ります。

Continue reading "これから札幌→釧路の夜行バスに乗車"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道日本ハム、今日も劇的な逆転勝利!

今日・9月21日は札幌ドームでの北海道日本ハムの最終戦、対福岡ダイエー戦です。昨日の劇的勝利の翌日なだけに、絶対その勢いに乗っていかないとなりません!
先発は日ハム・ミラバル投手、ダイエー・和田投手です。

Continue reading "北海道日本ハム、今日も劇的な逆転勝利!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

札幌ドームの日ハム戦で豊平局臨時郵便局開設

豊平郵便局・札幌ドーム内臨時局
今日・9月21日、札幌ドームでの今シーズン、北海道日本ハムの公式戦最終戦が行われましたが、ドーム内で豊平郵便局が臨時郵便局を開設していました。

Continue reading "札幌ドームの日ハム戦で豊平局臨時郵便局開設"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.09.20

日ハム・SHINJO選手の劇的サヨナラ「幻ホームラン」!

おととい、昨日(9月18日・19日)とプロ野球スト。今日・9月20日、ストのあとの札幌ドームでの最初の試合、北海道日本ハム-福岡ダイエーの試合が開催。16時45分頃に着いたら、北ゲート、南ゲートとも自由席は長打の列。私は南ゲートの列に16時48分に並び、17時01分にやっと入場。1塁側の内野自由席で観戦。

Continue reading "日ハム・SHINJO選手の劇的サヨナラ「幻ホームラン」!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SHINJO選手は「キレンジャー」で登場

日本ハム外野手「ゴレンジャー」写真日本ハム外野手「ゴレンジャー」写真
札幌ドームでのプロ野球・北海道日本ハム戦がおととい、昨日(9月18日・19日)とプロ野球のストで中止となりましたが、今日・9月20日は3日振りの試合開催。対戦相手はプレーオフ1位通過が決定した福岡ダイエー。
北海道日本ハムのシートノックの際、予告どおり外野手の5人が「ゴレンジャー」の覆面をして登場しました。

Continue reading "SHINJO選手は「キレンジャー」で登場"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

運賃1万円のAIR DOスペシャル、売り出し開始時点で完売な理由

エコー葉書・北海道国際航空(株)
11月に入り、東京へ2度行く予定。で、移動は2往復とも「道民の翼」エアドゥを利用。理由は単純に航空運賃が安いこと。移動日時がANA・超割やJAL・バーゲンフェアの期間ではないため、航空運賃の比較をすれば、全部エアドゥの方が安くなるため、こちらを利用することに。

Continue reading "運賃1万円のAIR DOスペシャル、売り出し開始時点で完売な理由"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.19

札幌六大学観戦…北海学園大が秋季優勝決定

札幌円山球場写真札幌円山球場試合写真
9月18日(土)、札幌市交「サタデーテーリング」で、円山動物園のスタンプを押していたら、円山球場で野球の試合をやっていたので、寄り道して観戦することに。
やっていたのは高校野球ではなく、札幌六大学の秋季リーグ戦。

Continue reading "札幌六大学観戦…北海学園大が秋季優勝決定"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

72年前、南部忠平選手の金メダルを見る

1932年ロサンゼルス五輪金メダル写真1932年ロサンゼルス五輪金メダル写真
9月18日(土)、札幌市交「サタデーテーリング」で、きたえーる(北海道立総合体育センター)のスタンプを押してきました。きたえーるでは「南部忠平の大いなる足跡」の展示がありました。

Continue reading "72年前、南部忠平選手の金メダルを見る"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サッポロビール博物館に行く

9月18日(土)、札幌市交「サタデーテーリング」で、サッポロビール博物館のスタンプを押してきました。そのついでに博物館の見学をすることに。見学は最後のビールorオレンジジュースの試飲つきで50分。博物館見学のみは30分(おみやげ付き)で、料金は「無料」!

Continue reading "サッポロビール博物館に行く"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

札幌市都心部「無料都心循環バス」社会実験中

札幌市無料都心循環バス写真
札幌市では9月17日(金)~23日(木・祝)、無料都心循環バスの社会実験を行っています。1周25~30分、13~15分間隔で運行していて、運賃は「無料」です。

Continue reading "札幌市都心部「無料都心循環バス」社会実験中"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白石北郷→札幌都心部直通バスに乗る

中央バス白石本線バス写真
9月18日(土)、白石営業所から札幌駅前の中央バスの路線バス([55]白石本線)に乗りました。

Continue reading "白石北郷→札幌都心部直通バスに乗る"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.18

プロ野球ストライキ・カバーを作成

プロ野球ストライキカバー
今日と明日、9月18日(土)・19日(日)、プロ野球が初のストライキ突入となり、札幌ドームで予定されていた北海道日本ハム-大阪近鉄戦は中止。

Continue reading "プロ野球ストライキ・カバーを作成"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.09.17

北海道日本ハム、大阪近鉄に1-4の完敗

今日・9月17日から札幌ドームでの北海道日本ハム5連戦(ストがなければ…)。この5連戦が終われば、札幌ドームでの今シーズンの日ハム戦は終了となります。
先発投手は北海道日本ハムがエース・金村投手、大阪近鉄・パウエル投手です。

Continue reading "北海道日本ハム、大阪近鉄に1-4の完敗"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロ野球、9月18・19日のストライキ決定!

札幌ドーム・プロ野球スト突入表示
今日・9月17日、労働組合日本プロ野球選手会は、9月18日(土)、19日(日)のストライキ突入することを決めました。札幌ドームでの北海道日本ハム-大阪近鉄戦の試合終了後、電光表示板で「9月18・19日 北海道日本ハムvs大阪近鉄戦はストライキのため中止となりました」と表示されました。
明日、あさっての試合が札幌ドームで見られないのは非常に残念ですが、このストは仕方ないと思いますね。とりあえず、札幌ドームからの速報でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.16

白老町エコー葉書図版はポロトコタン

エコー葉書・白老町小型印・アイヌ民族博物館内臨時郵便局
明日・9月17日(金)に発売されるエコー葉書「白老町」の図版を今日・9月16日、札幌白石局で確認したところ、ポロトコタン(アイヌ民族博物館内)でした。
適正印は白老局で使用中の「アイヌ民族博物館内臨時郵便局」小型印(使用期間は2004年10月31日まで)ですね。仕事が終わってから白老局に行って押印しに行こうかな…と思ったのですが、札幌ドームで北海道日本ハム-大阪近鉄戦の観戦があったので、パスですね(^^;。ま、初日印にこだわってないので、来月までのうちに押しに行くつもりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

丸井今井値札シール付き・小型印官白

丸井今井値札シール付き・小型印官白丸井今井値札シール
以前、東京で開催の切手展の切手商ブースにて、北海道の小型印官白を買ったのですが、その中に袋入りのものがありました。その右下には「○」の中に「井」のマークと、「MARUI・IMAI」の文字入りの値札シール(40円)が貼ってありました。札幌本店の丸井今井(百貨店)のものですね。
小型印も持っていなかったのですが、丸井今井の値札シールの方が面白いと思って、すぐに買ってしまいました。私が買った価格は50円です(^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.15

JPS全国会員大会in仙台で和紙人形をもらう

nikki20040912-07.jpg仙台でのJPS会員大会の記念パーティー(9月11日夜)でのお楽しみ抽選会で、和紙人形をもらいました。
これは8月29日に逝去された今大会の実行委員長で、JPS仙台支部の秋保寛さんの奥さま、秋保淑子さんがこの大会のために作っていただいたものです。秋保淑子さんは宮城県の技能技芸の伝承文化・紙人形に登録されている方です。
いただいた紙人形は着物を着ている後ろ向きの女性ですけど、とても素敵ですね。見ていて気持ちが和みますね。
逝去された秋保寛さんにはJAPEXなど東京での切手展で毎回、お会いしていましたが、切手収集、とくにきのこ切手に対する熱意がある方でした。私もきのこのエコー葉書など提供したこともありました。逆に秋保さんから年末年始の干支カバーを送っていただいたりしてました。ご冥福をお祈りするとともに、本当に今までどうもありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.14

仙台銘菓「萩の月」、現物とエコーを買う

先日の週末(9月11・12日)、仙台に行ったときのおみやげは、菓匠三全「萩の月」を買いました。で、JPS全国会員大会のフリーマーケットで「萩の月」のエコー葉書を買いました。みほんですが(^^;。1982年8月1日発売、整理番号・宮城-55です。
エコー葉書・菓匠三全

で、「萩の月」の中に入っている「栞」の絵は林静一さんが描いています。エコー図版の絵もそうです。で、林静一さんといえば、日本の歌シリーズ「浜辺の歌」(左・1980年9月18日発行、第7集)と「花」(右・1981年3月10日発行、第9集)の2種類の切手を描いています。
日本の歌シリーズ切手・浜辺の歌日本の歌シリーズ切手・花

Continue reading "仙台銘菓「萩の月」、現物とエコーを買う"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仙台→札幌、なんとか戻る

2004年9月12日(日)、仙台でのJPS全国会員大会も無事終了。仙台→札幌の戻りはJR利用。
帰る前、昼に仙台駅3階「牛たん通り」にある牛たんのお店で「牛たん定食」を食べる。
14時43分・仙台駅から一ノ関行・普通列車に乗る(一ノ関まで行く車両は先頭の2両のみ、3両目以降は小牛田まで)。途中、小牛田駅で7分停車、駅スタンプを押す。

JR小牛田駅1

Continue reading "仙台→札幌、なんとか戻る"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.13

HPに「北海道郵便局・為替貯金番号一覧」を掲載

今まで念願のひとつであった、「新時計台通信」ホームページに「北海道郵便局・為替貯金番号一覧」を掲載しました。
リストは北海道の郵便局のリストを単純に5桁の為替貯金番号順に載せたもので、90001の札幌中央局から99785の中渚滑簡易まで収録しています。
特徴として、廃止や一時閉鎖中の郵便局も為替貯金番号が付番された局についてすべて収録している点です。また欠番の為替貯金番号も表示していますので、現在使われていない番号が廃止されたものか、元々付番されていないのかが一目瞭然です。
単に見るだけでも非常に面白いリストですので、ぜひ一度ご覧になってみてください。
なお、リストに対する感想や、内容の誤りがありましたら、この発言へのコメントで教えていただければ幸いです。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

2004.09.12

なんとか仙台到着

(話が前後しますが)日本郵趣協会(JPS)全国会員大会参加のため、JRで仙台移動。
9月10日、22時・札幌発→青森行の急行はまなすに乗ったところ、9月11日、2時半頃、アナウンスがあり、大沼~五稜郭間で停電による信号トラブルで、鹿部駅に停車とのこと。20分くらい停車したあと発車したものの、次の銚子口駅でまた停車。そのあと大沼駅で停車、七飯駅でも停車…結局、函館に到着したのが4時40分と約2時間遅れ。青森には7時08分到着。1時間33分遅れ(^^;。

Continue reading "なんとか仙台到着"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.11

JPS会員大会・郵趣ディスカッション「こんな楽しみ方発見!?」

JPS会員大会・郵趣ディスカッション
JPS会員大会in仙台、13時半から「郵趣ディスカッション「こんな楽しみ方発見!?」」が行われました。パネラーは天野安治さん、内藤陽介さん、大高光世さんの3人。テーマは
●記念切手は使用済が楽しい。
●切手に興味を持っていない人を、いかにしてひきつけるか。
●仲間を作って楽しみ、仲間と一緒に楽しむ。
でした。
私は途中からの入場(14時過ぎ)だったため、内容は途中からしか聞いてません。
3人のパネラーに共通していることは、「切手を集めていることの楽しみをみんなに伝える」点。それは多くの方に切手収集の楽しさを知ってもらう上でとても重要なことですし、私自身も率先してやっているつもりです。もっといろんな収集のやり方を提案できれば…というか、自分のやっていることをどんどん紹介していければ、と思ってます。
(私が聞いていたときのパネラーの発言などについては、あとで紹介いたします)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JPS全国会員大会in仙台、スタート

JPS全国会員大会in仙台・オープニングセレモニー
今日・9月11日、仙台で日本郵趣協会(JPS)全国会員大会がKKR仙台で開幕されました。
私も無事(本当は青森到着が大幅に遅れましたが(^^;)仙台に到着し、参加しています。また随時レポートいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「NANMOSA 流政之展」開催記念オレカを買う

オレンジカード・NANMOSA流政之展開催記念
おととい・9月9日、JR白石駅(札幌の)で「NANMOSA 流政之展」開催記念のオレンジカードを買いました。価格1000円(1種類、台紙付)、発売枚数3千枚です。
2004年9月11日(土)~10月24日(日)、北海道立近代美術館(札幌市中央区)ほかで開催されるのを記念してのオレカで、図柄は1975年に制作された、アメリカ・ニューヨークのワールド・トレード・センターにあった「雲の砦」(Cloud Fortress)です。作品の両隣にあるビルは、ワールド・トレード・センタービル(世界貿易センタービル)です。ご存じのとおり、ちょうど3年前の2001年9月11日、アメリカでで起きた同時多発テロにより、作品の両隣にあった2つのビルは倒壊。「雲の砦」はテロの直後も奇跡的に形状をとどめていた「奇跡の作品」でした。しかし、人命救助のため作品はやむを得ず取り壊されてしまいました。
そして、今回の展覧会で同じ形で新たに作った「雲の砦Jr.」を展示。展覧会終了後は道立近代美術館そばの知事公館の庭に永久展示されます。
9月11日現在、仙台駅のJR北海道プラザでも販売中でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.10

明日・9月11日、仙台へ行きます

明日・9月11日、日本郵趣協会(JPS)の全国会員大会が仙台、KKRホテル仙台で開催されるので、仙台へ行きます。
JR北海道とJR東日本の普通列車と急行はまなす(札幌~青森)の自由席、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道が利用OKの「北海道&東日本パス」(1万円)での仙台移動です。と、いうことで、これから今日22時・札幌発→青森行・急行はまなすに乗ります。
7年前(1997年)に購入のスキップカードを持って、仙台市地下鉄を利用して、会場入りする予定です。
スキップカード・広告入/仙台市・国民健康保険
参加される皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。
また、大会開催中、随時「札幌日記録」にてレポートしたいと思います。お楽しみに(^^)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.09

ライブドア関係製品を使ってた

私の使っているメールソフトはEudora(ユードラ)なのですが、Eudora製品の総販売代理店がライブドアであることを今日・9月9日、初めて知りました(^^;。
今日、「Eudoraご登録ユーザー様へ」のメールが届いたのですが、今までは発信者名が「Eudora Userinfo」だったのが、今回はメールアドレスそのもので「eudora-userinfo@livedoor.jp」でした。ま、知名度は明らかに例の件で大幅アップしているので、「ライブドア関連製品」ということをアピールしたかったのでしょう。
私にとっては効果有り、というところですね(^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平成17年用年賀切手、53円は3.3倍増の5千万枚発行

平成17年用年賀葉書・年賀切手の報道発表がありましたが、寄附金付の葉書・切手の発売枚数が大幅に変動となりました。
------------------------------
◆寄附金付年賀葉書
43500万枚→33000万枚(▼10500万枚)
寄附金金額ベース13億0500万円→9億9000万円(▼3億1500万円)
《内訳》
絵入り(55円)38500万枚→33000万枚(▼5500万枚)
インクジェット(53円)5000万枚→0枚(▼5000万枚)
◆寄附金付年賀切手
1850万枚→5350万枚(△3500万枚)
寄附金金額ベース5550万円→1億6050万円(△1億0500万円)
《内訳》
50円 1500万枚→5000万枚(△3500万枚)
80円 350万枚→350万枚(増減無し)
◆合計
寄附金ベース13億6050万円→11億5050万円(▼2億1000万円)(15.4%減)
------------------------------
絵入り年賀葉書が5500万枚減、インクジェット紙(53円)が発売中止で5000万枚減と、寄附付の葉書は1億0500万枚減と4分の1近い大幅減となりました。これもパソコン等によるでのプリンター印刷が大半となって、絵入り葉書の売れ行きが必然的に減ったからですね。
このままだと寄附金が3億以上の減となるため、50円の寄附金付切手(53円)を昨年の1500万枚から3倍以上の5000万枚とし、完売したと仮定すれば切手分の寄附金が約1億増となり、寄附金の減を2億に削減…というもくろみです。果たしてうまくいくでしょうか…。ま、50+3円の切手はまず売り切れることなく、買いやすくなることは確かですね(^^;。なお、寄附金のつかない50円切手は寄附金付き(53円)より少ない4000万枚(昨年の枚数と同じ)です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミスタードーナツ、「ポン・デ・ライオン リビングの人気者」キャンペーン開始

ミスドカード・2004年9月ミスドカード・2004年9月
ミスタードーナツ(ミスド)は9月8日(水)から10月3(日)まで、「ポン・デ・ライオン リビングの人気者」キャンペーンを実施しています。200円お買い上げごとにもらえるミスドカード(1枚1ポイント)を10枚(10ポイント)集めると、ダストボックス(部屋、大空の2種類有り)、ティッシュボックス(原っぱ、水辺)のいずれか1点もらえます。なお、今回も「さらにワクワクチャンス」のスクラッチがあり、今回のあたりは「ポン・デ・ライオン」ストラップがもらえます。
その次のキャンペーンも「ポン・デ・ライオン」!「秋のお茶会」が10月6日(水)スタートです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.08

11月1日年賀葉書発売…北海道版は「クラーク像と札幌ドーム」

平成17年用絵入り年賀葉書北海道版
平成17年用年賀葉書発売の報道発表があり、今年は11月1日(月)発売。絵入り葉書北海道版は昨年の2種類から1種類になりました。図版は「クラーク像と札幌ドーム」。これは羊ヶ丘展望台から見た風景です。
クラーク博士像・札幌ドーム写真
適正風景印については、HP「新時計台通信」の「郵趣ニュース」をご覧願います。

新時計台通信・郵趣ニュース2004年9月分
http://www.geocities.jp/hokkaidokitte/news200409.html

年賀葉書発売初日の11月1日は適正風景印を押しに局廻りすることがほぼ決定です(^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

札幌で最大瞬間風速50.2m/秒!

ki-20010903-01.jpg台風18号が北海道を襲い、札幌では11時20分に最大瞬間風速50.2m/秒を記録。もちろん観測史上1位の記録です。ニュースでは札幌市内で倒木により2人死亡とか、屋根や看板なども飛びまくり、JRや市電の架線切断、車両も倒木の下敷きなったり、横転したりと相当な被害があったようです。そして、ふるさと切手にもなった北海道大学のポプラ並木も約50本のうち10本以上折れてしまったそうです…。
私は今日の朝、職場に向かうため、いつものようにJR厚別駅に行くと、8時から北海道全線で運転を見合わせのため、ジェイアール北海道バスでの移動に変更。この時点でかなりの強風(感覚的に風速15m/秒)でしたが、バスが到着するまで大型紳士服店の軒下で待っていたところ、ダイヤでは6分間隔のところ、20分以上も来ない(^^;。始めから地下鉄利用にすればよかったのですが、待っているうちに風がさらに強くなり、ゴミが路上まで飛んできて散乱したり、電柱も揺れて倒れそうになったり。私自身も壁際にいるのに風に持っていかれそうになったり、荷物がたくさん入っているリュックを床に置いているのに飛んでいきそうになったりと、凄まじい風(^^;。瞬間最大風速30m/秒はあったでしょう。これから歩いて倒木等でケガしても仕方ないので、少々遅刻にはなるものの、予定どおりバスが来るまで待つことに。
やっとバスが来たものの、バス車内は大混雑。どうせすぐに次のバスが来ると思ってそのバスには乗らず、次のバスを待っていたら、予想どおり3分後にバス到着。楽々座ることができました(^^)。そして、職場最寄りのバス停に着いたときには、前のバスを抜いて自分が乗っていたバスが先に着いてしまいました。私が乗らなかったバスは乗り降りで時間がかかっていて、途中で抜いてしまったのでした。降りたときには、私が乗ったバスの次のバスもすぐ後ろに到着していました。ま、こんなもんですよね(^^;。

《教訓》バスでダイヤ間隔がそれほどないとき、大幅に遅れて到着したバスには乗らず、次のバスに乗るべし。座れるし、到着時間はそれほど変わらない。場合によっては前のバスより早くつくこともあります。

ま、この強風の体験は多分もうしなくて済むかな(^^;。と、いうか、もう体験したくないですね(^^;。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2004.09.07

福原愛選手が言った「重い言葉」

アテネ五輪も終わってもう10日ほど立ちますが、今はメダリストの凱旋などのニュースがいろいろ流れてます。
で、1週間ほど前のニュースで、卓球の福原愛選手がアテネ五輪を経験して今後に向けて「技術も必要だけど、それ以上に緊張の中で力を出し切る精神力を鍛えていきたい」というコメントをしたそうです。これはオリンピックを経験して身をもって感じたことだと思います。スポーツは年齢で判断するものじゃないけど、15歳の発言じゃないですよね。小さい頃からトップで戦ってきたからこそでしょう。
五輪でメダル争いをしていくためには、まずは実力をつける。そして自信を持つ。さらに「絶対勝つ」という強い気持ちも持つ。ただし、冷静な部分も必要。ただ漠然と戦っていては、まず勝つことは無理。そういうことがもうわかっているんですね。そのことだけでも、次の五輪でメダルはいけそうな気がしてしまいますね(^^;。
福原選手が北京五輪に向けて、どういう準備をしていくのか、非常に注目ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アテネ五輪日本選手団応援写真付き切手、11万セット売れる

ニュースで、アテネ五輪日本選手団応援写真付き切手(2625円)の販売が目標5万セットの2倍以上、約11万セットとのこと。
この手のものを買う方がまだまだ大勢いるんですね。驚いたと同時に、企画さえよければ売れる!という証明ですね。
私は買わなかったです(^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.06

JR北海道「光と風の物語」9月版オレカを購入

オレカ・光と風の物語 紅葉の大雪山
JR札幌駅(オレカ発売機)で「光と風の物語」シリーズの9月版「紅葉の大雪山」(上川町)のオレンジカードを購入しました。
オレカ図版を見て、一度紅葉の大雪山を見に行きたい…と思ってしまいました(^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道日本ハム、致命的な敗北…

北海道日本ハムは今日から神戸(Yahoo!BBスタジアム)でオリックスとの4連戦。オリックスはBクラス決定、谷選手がケガで欠いているなどモチベーション的に落ちている状態。そういうチームに負けるわけにはいかない試合です。
序盤はオバンドー選手、SHINJO選手がソロホーマーで2-0と先制したものの、5回裏、北海道日本ハムの先発・入来投手の乱調でオリックスに3点とられて逆転を許し、6回裏、明らかに変化球に的を絞って、攻略しているオリックス打線に対し、入来投手を続投させてしまう「ミス」。無死1塁でSHINJO選手のスーパープレーでダブルプレーにしたものの、またもや出塁を許してしまい、日本ハムベンチはやっと交代。しかし、そのあと致命的な2失点を喫してしまう。結局、日ハム打線はそのあと沈黙で、2-5と痛い敗戦です。

北海道日本ハム
000 110 000|2
000 032 000|5
オリックス

キーポイントは6回裏、入来投手を続投させたこと。明日は台風18号の影響で中止の可能性大であり、早いうちに投手交代をして先手を打っていく必要があるのに、入来投手をひっぱってしまうミス。明らかに采配ミスですね。
あと、この時期になって明らかに調子の悪い選手は起用をすべきではありません。今日もそういう選手を起用してしまい、ことごとく失敗…。ファームから新しい選手を次々と起用した方がまだましです。
流れを変えるためには、監督の采配ひとつなのですが、そういうのが全くなかった。これでは申し訳ないけど、最後の最後で勝ち抜くことはできません。実は昨年、今年の試合傾向として、采配で勝った試合というのはあまりありません。北海道日本ハムが3位になるためには、千葉ロッテが連敗…他力本願しかないですね。残念ながら。
なお、オリックスと大阪近鉄の合併問題で選手会がストライキ決行となる見通し。となれば、3位・千葉ロッテとの直接対決が「消滅」…つまり、ストライキが9月11・12・18・19日に行われれば、4試合が無くなり、残り試合は千葉ロッテは7試合、北海道日本ハムが9試合。お互いに全勝した場合はかろうじて日本ハムが勝率で上回ることになりますけど…。つまり、日ハムにプレーオフ進出マジック「9」ということですね(^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.05

駒大苫小牧高の高校野球優勝から「この道」が「札幌」なのを知る

わたしの愛唱歌シリーズ切手・この道駒大苫小牧高の校歌は駒澤大学のと同じで、北原白秋・作詞、山田耕筰・作曲です。で、北原白秋関連切手を調べていたら、わたしの愛称歌シリーズ「砂山」と「この道」の2種類ありました。で、「この道」は、作曲も山田耕筰…駒大校歌をつくったコンビと同じですね。そして、「この道」の歌詞には「白い時計台」が入っています。実はこの「時計台」は、札幌時計台とのこと。北原白秋が1925年(大正14年)夏に樺太・北海道旅行で札幌に立ち寄り、そのときの思い出を同年、つづったのが「この道」なのです(山田耕筰が1927年(昭和2年)に曲をつける)。
1925年といえば、駒澤大学が大学令による大学として認可され、校名改称した年でもありますので、校歌がつくられた年も同年ということですね。
その前年の1924年、甲子園球場が完成。高校野球の初勝利は札幌の北海中。そして80年後、前身が北海中の北海高主将が始球式をつとめた今年の高校野球選手権で、ベンチ入り18人中、札幌出身が7人いる駒大苫小牧高が優勝…今年の夏の高校野球、「札幌」が隠れキーワードとなっている感じですね(^^;。
つまり甲子園の高校野球第1勝→北海中(現・北海高)→札幌→時計台→この道→北原白秋→駒澤大学校歌→駒大苫小牧校歌(同じ(^^;)→甲子園・今年の高校野球選手権優勝…とつながるんですね(^^;。
話を「この道」切手に移しますが、切手図案は「花束を両手に抱えた女性が青い空のもと、白い時計台に続く一本の道を歩いていく様子」(原画作者:葉祥明氏)…切手に「時計台」が描かれていたんですね。これは完全に「札幌関連切手」に認定ですね(^^)。切手発行時に気づいていれば、「札幌時計台」が描かれている札幌中央局風景印を押してましたね(^^;。
最後にこの夏、駒大苫小牧高が進んできた「この道」は北海道にとっての「栄光へ架橋」というところかな(何のこっちゃ(^^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道日本ハム、しっくりこない負け方

午前中、駒大苫小牧高での高校野球選手権・深紅の優勝旗を見たあと、13時30分から札幌ドームでの北海道日本ハム-西武の試合観戦。先発は北海道日本ハム・エース金村投手。西武・サウスポー帆足投手。
【1回表】西武の攻撃。北海道日本ハムの先発・金村投手は三者凡退に抑え、幸先良いスタート。
【1回裏】北海道日本ハムの攻撃。1番・SHINJO選手は初球をセカンドフライ。2番・坪井選手は空振り三振。3番・小笠原選手は見逃し三振。あっさり三者凡退で攻撃終了。
【2回表】西武の攻撃。パンチ力のある3人が登場。4番・カブレラ選手はサードゴロ、5番・和田選手はセカンドゴロ。6番・フェルナンデス選手は3塁線を破りそうな打球をサード・小笠原選手が横っ飛び。回転しながらすぐに1塁へ送球し、間一髪アウト。
【2回裏】2死後、高橋信選手がボテボテのサードゴロ。西武サード・フェルナンデス選手が悪送球で1塁出塁。7番・エチェバリア選手は初球、頭への死球。意識はあるものの、すぐに立ち上がることができず、結局ベンチへ退き、代走・島田選手に交代。7番・木元選手は高いバウンドのセカンドゴロ。セカンド・上田選手がはじいてしまうエラーで2死満塁。9番・金子選手はうまくライトへ流し打ちするも、ライトが前進してキャッチ。先制のチャンスを逃してしまう。
【3回表】西武の攻撃。先頭の7番・中島選手にセンター前ヒット。そのあと2つの内野ゴロで3塁まで進塁し、1番・佐藤選手にうまく押っつけられて、ライト前に運ばれるタイムリーを打たれ、西武が先制。2番・赤田選手はヒットエンドランでレフト線へのフライ。レフト・島田選手が取りにいくも一歩届かず、タイムリー2塁打で西武2-0。このあと絶対に失点を与えてはいけない序盤のヤマ場で3番・貝塚選手。5球連続ファールで粘られるも空振り三振でしっかり抑えて、2失点でくい止める。
【3回裏】北海道日本ハムの攻撃。1番・SHINJO選手は大きな当たりのセンターフライ。2番・坪井選手はセカンドゴロ。3番・小笠原選手はレフトのファールフライ。ここまで西武・帆足投手にノーヒット投球をされてしまう。
【4回表】西武の攻撃。先頭・初球をレフトへ大きなフライ。またもや天井に当たって、レフト島田選手がキャッチ。なんと3試合連続天井弾の「新記録」(^^;。屋根がなければ、ホームランだったかも(^^;。5番・和田選手はセンターオーバーの2塁打。6番・フェルナンデス選手はレフトへ2ランホームランで西武4-0。4点ならまだまだわからない。あきらめてはいけません。
【4回裏】北海道日本ハムの攻撃。4番・セギノール選手はピッチャーゴロ。5番・オバンドー選手はセカンドゴロ。6番・高橋信選手はレフト線へ大きな当たりも、フェンス手前で失速。レフトフライで、この回も三者凡退に終わる。
【5回表】西武の攻撃。9番・上田選手サードゴロ。1番・佐藤選手ショートゴロ。2番・赤田選手ショートゴロとすべて内野ゴロで三者凡退。
【5回裏】2死後、8番・木元選手がセンターへ。センター・赤田選手がダイビングキャッチを試みるも、ボールをこぼして2塁打。これが日ハム初ヒット。9番・金子選手はセンターへ詰まりながらもセンター前に落ちるタイムリーヒットで1点返す。1番・SHINJO選手はショートフライ。2番・坪井選手はセカンドゴロに打ち取られ、この回は1点止まり。
【6回裏】北海道日本ハムの攻撃。先頭の3番・小笠原選手が右中間を破る2塁打。これが西武3連戦での初ヒット。セギノール選手はサードゴロ。5番・オバンドー選手は追い込まれるも粘って四球で出塁。6番・高橋信選手は空振り三振、7番・島田選手は見送り三振でチャンスを生かせず。
【7回表】西武の攻撃。日ハムの守りからセギノール選手が退く。どうやら足の故障発生。これから反撃体勢というところで厳しい戦いを強いられることに…。金村投手は下位打線を三者凡退に抑え、残り3イニングに逆転を期待!
【7回裏】北海道日本ハムの攻撃。8番・木元選手はショートライナー。9番・金子選手は振りきれないバッティングのライトフライ。1番・SHINJO選手は大きなレフトフライ。フェンスまであと3m届かず…。
【8回裏】北海道日本ハムの攻撃。2番・坪井選手は空振り三振。坪井選手が打っていかないとほんとにノッていけないのですが、調子はイマイチですね…。3番・小笠原選手は詰まりながらもセンターフライ。4番代打・森本選手は初球をサードゴロ併殺打。森本選手じゃまだこの場では荷が重いですね…。
8回表終了後の「SWING SWING」、今日のB・Bは外に出しているサッカー用のピッチ上(芝生)で寝ていたところから踊り出し(録画)、最後の最後で3階のレフト上空、エレクトーン演奏のすぐ横に登場しました(^^)。
【9回表】西武の攻撃。日本ハムはこのイニングから2番手・佐々木投手が登板。4番・カブレラ選手を三振。5番・和田選手をセカンドフライ。6番・フェルナンデス選手をレフトフライと西武の強打者を三者凡退に抑える。
【9回裏】北海道日本ハムの攻撃。こうなれば、2死満塁でSHINJO選手まで回してサヨナラ満塁ホームランを打ってもらうしかない(^^;。5番・オバンドー選手、6番・高橋信選手が連続レフトフライ。7番・島田選手は外角ストレートをあえなく空振り三振に抑えられ、ゲームセット。1-4と北海道日本ハム3連勝ならず。
2004年9月5日、北海道日本ハム-西武戦スコア
西武
002 200 000|4
000 010 000|1
北海道日本ハム

千葉ロッテはオリックスに勝ったため、1日で4位陥落。プレーオフマジックも1日で消滅です(^^;。
観客数は39000人の発表と多くの観客の中、盛り上がった場面がほとんど無し。ちょっと「しっくりこない」負け方ですね。プレーを見ていて、自信がなさそうな感じを受けました。大振りすることは禁物ですが、気持ちとしては強くいかないとなりません。それが最後の最後でプレーオフに進出できるかどうかにかかってくると思います。残り16試合…とは考えず、まずはその試合に勝利をするという強い気持ちでやっていくことが大切ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

駒大苫小牧高で高校野球・深紅の優勝旗を見る

甲子園球場で駒大苫小牧高が高校野球選手権大会で北海道勢として初の優勝を成し遂げてからもう2週間。北海道ではまだそのときの余韻が残っている感じなのですが、9月4日・5日の2日間、駒大苫小牧高にて深紅の優勝旗を一般公開するとのことで、今日・9月5日に行ってきました。
理髪店に行ったあと、10時30分発・大谷地バスターミナル(始発は10時発・札幌駅前バスターミナル)→苫小牧経由・登別温泉行の中央バス・高速のぼりべつ号に乗り、操車場前バス停で下車(運賃1170円)。そこから1.5km、約10分走って、駒大苫小牧高に到着。
駒大苫小牧高写真駒大苫小牧高写真
深紅の優勝旗を見よう、撮影しようと大勢の方が来ていました。私もしっかりと深紅の優勝旗を見てきました。
高校野球選手権・深紅の優勝旗写真高校野球選手権・深紅の優勝旗写真
帰りは苫小牧→札幌の中央バス・高速とまこまい号の利用で、12時15分・操車場前→13時05分・大谷地バスターミナル(運賃1170円)で帰り、札幌ドームへ行き、13時30分開始の北海道日本ハム-西武の試合観戦です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.04

ラリージャパン2004の写真付き切手

ラリージャパン2004の写真付き切手が発売されました。
さっぽろ東急百貨店外商部にて通信販売を行っています(1000セット限定)。1セット2650円(税込)+送料です。

ラリージャパン2004写真付切手
http://www.e109.com/template/SPMmod/A3.asp?GoodsID=117260

上記のアドレスから注文の場合、1度で5シートまで申し込みできます。送料は一律500円です。
また、北海道内の郵便局でも振込用紙付き専用注文書が用意されており、郵便振替による振込でも購入可です。
上記のアドレスで確認したところ、9月5日21時40分現在では12セットの注文があった模様です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

足寄局、小型印を赤スタンプで押印

小型印・2004 RALLY JAPAN/足寄局小型印・2004 RALLY JAPAN/帯広長崎屋内局
9月3~5日、帯広などで世界ラリー選手権(WRC)第11戦「ラリージャパン」が開催中で、9月1~6日、帯広局など8局で記念小型印を使用していますが、足寄局(〒089-3799足寄郡足寄町)の小型印の色がトビ色(図右)ではなく、赤色(図左)でした。赤の風景印や小型印は久々に見ますね(^^;。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

北海道日本ハム、連勝でプレーオフマジック「13」点灯!

今日も札幌ドームでプロ野球パ・リーグ、北海道日本ハム-西武戦の試合観戦。昨日のサヨナラ勝ちの勢いを今日の試合につなげてほしいところ。先発は北海道日本ハム・江尻投手、西武・張投手。
【1回表】西武の攻撃。1死1・2塁で、昨日2回、札幌ドームの天井に当ててしまった4番・カブレラ選手は高く上がったショートフライ。ショート上空でまたもや天井に当たり、ショートがキャッチ。これで「3打席連続天井弾」の珍記録。そもそも、札幌ドームでのプロ野球公式戦は今年で4年目ですが、天井弾はこれでまだ5回目。うちカブレラ選手が4回(2001年1回、2004年3回)、北海道日本ハム・セギノール選手1回です(あと、2001年のオールスターでカブレラ選手がホームラン競争と本番の試合で2度当てる)。その状況で3打席連続天井弾は今後、絶対見られないでしょうね(^^;。
続く5番・フェルナンデス選手ファーストファールフライで得点を与えず。
【1回裏】北海道日本ハムの攻撃。1番・SHINJO選手は三振。2番・坪井選手はセンター前ヒット。3番・小笠原選手はサードへのファールフライ。4番・セギノール選手ライト前ヒット、5番・小田選手が死球で2死満塁とチャンスが広がるも、6番・高橋信選手は空振り三振で、先制ならず。
【2回裏】北海道日本ハムの攻撃。7番・木元選手は四球。1死後、9番・金子選手がセンターオーバーの2塁打。木元選手は打球が落ちてから2塁を回ったため3塁どまり。あの打球なら間違いなくセンターオーバーで、ホームまで行ける場面でした。1死2・3塁で1番・SHINJO選手がセンターへの大飛球。センターがジャンプしてフェンスぎりぎりでキャッチ。それでも3塁走者はタッチアップでホームインし、北海道日本ハム1-0と先制。これも2塁走者はセンターが捕球体勢に入っているので、すぐに2塁ベースに戻り、3塁へタッチアップすべき。日ハムは走塁でこういう小さなミスが多すぎます。これをやってはプレーオフで勝ち抜くことは絶対できません。これからの残り試合で修正してほしいですね。
【3回裏】北海道日本ハムの攻撃。3番・小笠原選手はファーストフライ。4番・セギノール選手が右中間へ大きな当たり。打球はフェンスオーバーの42号ソロホームラン。2-0とリードを広げる。
【4回表】西武の攻撃。先頭の4番・カブレラ選手は高く弾んだサードゴロ。4打席連続天井弾はならず(^^;。
【4回裏】北海道日本ハムの攻撃。先頭の7番・木元選手はヒット。今日はチャンスメーカーとして活躍ですね。8番・石本選手は送りバントで1死2塁。9番・金子選手は大きなセンターフライ。しかし、2塁走者は2塁に帰塁タッチアップの体勢をとることができず、3塁へ進塁できず。こういう小さなミスは命取りになりかねないのですが…。1番・SHINJO選手は左中間へ。レフト、センターとも追いかけるのをあきらめ、2ランホームラン!北海道日本ハム4-0と主導権を完全に握る。
【5回裏】北海道日本ハムの攻撃。先頭・小笠原選手は空振り三振。完全にスランプ状態に入ってしまった感じです…。2死後、5番・小田選手がサード後方への小飛球。ショートがスライディングキャッチを試みるもキャッチできず、2塁打に。6番・高橋信選手がセンター前ヒットでランナーホームインし、5-0。着々と加点する。
【6回表】西武の攻撃。1死後、4番・カブレラ選手は江尻投手のスローカーブを軽く振ってレフトスタンドへホームラン。北海道日本ハム5-1。この当たりなら屋根に当たることはありません(^^。本人コメントで「バットの先っぽだけど、天井に当たらなくてよかった」とのこと(^^;。
【7回表】西武の攻撃。先頭の7番・中島選手が右中間を破る2塁打で出塁。8番・野田選手にセンターオーバーの2ランホームランを打たれ、5-3と2点差に迫られる。ここで日ハムベンチは2番手・井場選手にスイッチ。井場投手は後続を3人で抑える。
【7回裏】北海道日本ハムの攻撃。3番・小笠原選手、4番・セギノール選手と連続四球。5番・小田選手は送りバントをせず、そのまま打たせるも、空振り三振。6番・高橋信選手はレフト前ヒットで1死満塁。西武は4番手・星野投手にスイッチ。好調の7番・木元選手は星野投手の変則的な投球に合わず、空振り三振。8番代打・島田選手のところで、西武は5番手・長田投手に交代。2ストライク1ボールで3球ファールで粘るも、空振り三振。大きな追加点を奪うチャンスを逸してしまう。
【8回表】西武の攻撃。3番・和田選手はフルカウントから球速145kmの外角ストレートで見逃し三振。4番・カブレラ選手は四球、5番・フェルナンデス選手にセンター前ヒットで1死1・2塁とピンチが広がる。6番・貝塚選手はフルカウントからフォークで空振り三振。2死となったところで、3番手・建山投手にスイッチ。初球を左中間に抜ける2塁打。5-4と1点差にされる。2死2・3塁で先ほどホームランを打った8番・野田選手。ここはショートゴロでなんとかピンチを切り抜ける。
8回表終了後の「SWING SWING」。今日のB・Bは黒子で両チームのマスコットの人形を操りながらの踊りでした。
【8回裏】北海道日本ハムの攻撃。9番・金子選手はショートゴロ、1番・SHINJO選手はセカンドゴロ、2番・坪井選手はセンターフライと三者凡退で日ハム1点差のまま9回裏へ。
【9回表】西武の攻撃。北海道日本ハムのマウンドはもちろん守護神・横山投手。9番代打・石井義選手はフルカウントからストレートで見逃し三振。1番・佐藤選手はフォークで空振り三振。2番・赤田選手はファーストゴロ。ファースト木元選手から1塁ベースカバーに入った横山投手に送球してゲームセット。北海道日本ハムが5-4と2連勝!!
2004年9月4日、北海道日本ハム-西武戦スコア
西武
000 001 210|4
011 210 00×|5
北海道日本ハム

楽勝ムードも後半は完全に西武ペースとなり、あやうかったですが、かろうじて1点差を逃げ切りました。どんな形でも勝ちは勝ち。2位西武との対戦で2連勝は非常に大きいですね。
ヒーローインタビューは勝利投手の江尻投手と守護神・横山投手。横山投手は「昨日は運もあったので、天井にぶつけられないよう思い切り投げました。」と爆笑コメントでした(^^;。
北海道日本ハムは5割復帰。3位の千葉ロッテがオリックスに1点差負けで、3位の座を奪い返しました(^^)。そして、プレーオフマジック「13」も点灯しました!もっとも残り15試合での数字ですが(^^;。
明日の予告先発は北海道日本ハムがエース・金村投手なので、一気に3連勝と行きたいですね。
なお、今日の試合の観客数発表は35000人(見た目は2万ちょっとですが(^^;)。明日は絶対4万ですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大通公園「リンケージ・アップフェスティバル」に行く

午前中、三岸好太郎美術館で明日・9月4日(日)までの特別展「三岸美術館へのリクエスト」を鑑賞したあと、札幌大通公園5~8丁目で開催の「第11回札幌大通ふるさと市場 リンケージ・アップフェスティバル2004」に行ってきました。
今年は105市町村+8団体が参加。13時から札幌ドームでの日ハム戦観戦があるので、サラリと目を通す程度でしたが、以下のものを食べ飲みしました(^^)。

長沼町/豚汁(300円)
上富良野町/上ふらのびいる(地ビール)・ハンガリアンライト(400円)
上富良野町/豚串(100円)
風連町/コロッケ(100円)

あと、稚内~サハリン(コルサコフ(旧大泊))間のフェリー時刻表(東日本フェリー)とサハリンタウンガイドマップをもらいました。絶対行きたい!というほどでもないけど、九州で韓国が身近なように、北海道にとってはロシア・サハリンは距離的にすごく身近ですので、情報だけ入手しようと思った次第。フェリーは週2往復運航。稚内~コルサコフ間は159km。就航時間は5時間半で、運賃は往復で1等(椅子席)4万円、2等3万円です。ちなみに、函館~青森間は113km、3時間50分、運賃(片道)特等4630円、2等1850円です。今すぐ行くことはないけど、一度は行ってみたいですね。でも、フェリー運賃、往復2万くらいにならないかなぁ(^^;。
そして、後志観光連盟で観光パンフ配布とともにアンケートに答えると、「後志の四季」絵はがき9枚セットがもらえます。
ほんと、いろんな情報を入手できるのが、このイベントのいいところですね。ちなみに、明日(9月5日)の午後、終わり際に飲食関係のものは処分価格として割り引きになることがありますので、要チェックですよ。私は明日も札幌ドームで日ハム戦観戦ですので、今年はそれができませんけど(^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.03

北海道日本ハム、奇跡的なサヨナラ勝ち!

今日から札幌ドームで北海道日本ハム-西武の3連戦。これがプレーオフ2位-3位対戦の可能性もあるカードでもあるだけに、プレーオフ進出をかける意味でも、プレーオフ対戦の意味でもなんとしても勝利することが必要な試合です。先発は北海道日本ハム・ミラバル投手、西武・石井貴投手。
【1回表】西武の攻撃。2死3塁で4番・カブレラ選手は3ボールの4球目、レフトへタイムリーヒットを打ち、西武1-0と先制。
【1回裏】北海道日本ハムの攻撃。1番・SHINJO選手がセンター前ヒットで出塁。2番・坪井選手も高いバウンドのショートゴロを内野安打にして、無死1・2塁。3番・小笠原選手はファーストフライ、4番・セギノール選手があわや1塁線を破る当たりも、西武ファースト・カブレラ選手がグラブに当ててボールをこぼすも、すぐに取って打者をアウトにして2死2・3塁。5番・オバンドー選手が強い当たりのサードゴロ。サード・フェルナンデス選手がボールをはじくタイムリーエラーで1-1の同点に。
【3回表】西武の攻撃。1番・佐藤選手がサードへのゴロ。サード・小笠原選手がボールをはじいてレフト前へ転々。佐藤選手は2塁に進塁、記録は2塁打となったものの、小笠原選手のエラーに近いプレー。1死後、3番・和田選手はセンターオーバーの2塁打。ここでもミラバル投手が3ボールの4球目にまたもや打たれる。そのあと先制タイムリーを打った4番・カブレラ選手に対し、カーブで三振。このカーブが打者の手元で落ちてくる球筋。この球を効果的に使っていけば、大丈夫でしょう。
【5回裏】北海道日本ハムの攻撃。エラーにボーク、四球2つで相手からもらった2死満塁のチャンスも、6番・高橋信選手はショートゴロに打ち取られ、同点ならず。
【6回表】西武の攻撃。1死後、6番・貝塚選手が四球で出塁。そのあと貝塚選手が二盗成功し、1死2塁に。7番・中島選手はセンター後方の大飛球。センターSHINJO選手は始めから打球を取る姿勢をとらず、、打球が取れることを確認してから、打球が落ちる位置まで早いスピードで最短距離にて後方に下がり、しっかりキャッチ。2塁ランナーは最初のSHINJO選手の様子を見て、打球が抜けるかもしれないということで、あらかじめ2塁帰塁してタッチアップ体制をとらず、2塁を離れて二三塁間で打球を確認してしまい、SHINJO選手が打球をとったときには、急いで帰塁してタッチアップをしようとしたものの、SHINJO選手がすぐにショートへ返球したため、タッチアップできず。隠れたファインプレーです。8番・細川選手は三振でチェンジ。西武2-1のまま。
【7回裏】北海道日本ハムの攻撃。1番・SHINJO選手からの好打順。SHINJO選手はレフトフライ。ここで西武は2番手・サウスポーの星野投手にスイッチ。2番・坪井選手、3番・小笠原選手は連続三振に抑えられ、得点ならず。
【8回表】西武の攻撃。先頭の3番・和田選手はボテボテのサードゴロ。小笠原選手がファーストへとんでもない悪送球で、和田選手は2塁へ進塁。この日の小笠原選手は実質2つのエラー(1つは記録的に安打)と2三振とブレーキ。正直言って、ペナントレースで今まで優勝争いを一度も体験していない状況で、自分がやらなければ…という気持ちが空回りしている感じですね。4番・カブレラ選手はサードへ高い打球。いったん天井部分にボールが消え、約2秒後に再びボールが現れて落下。ボールはサード・小笠原選手がキャッチ。ラジオ中継では札幌ドームの特別ルール上ではアウトとなるものの、審判は最初ファールの判定。日ハム側の抗議で特別ルールを確認し、アウトと認定。今度は西武側が抗議するもアウトの判定は変わらず、約8分の中断。中断のとき、センターSHINJO選手はセンター後方のフェンスにへばりついて、クラブを頭に置いて、ジッとしていました。外野席の観客からはSHINJO選手が隠れた状態ですね(^^;(最前列なら身を乗り出せば見えるけど)。結局、西武は得点ならず。マズイ雰囲気も天井弾がアウトでムードは日本ハムへ…。8回表終了後、日ハムマスコット「B・B」は「SWING SWING」で、再びサッポロビール園で踊ってました。
【8回裏】北海道日本ハムの攻撃。西武の投手は3番手・小野寺投手にスイッチ。4番・セギノール選手は四球。5番・オバンドー選手はライトへの大きな当たりもライトがキャッチ。しかし、捕球体勢後にボールをこぼしてしまい、この様子を見て1塁走者のセギノール選手が2塁へ進塁(記録はタッチアップによる進塁)。この進塁は判断のいい好プレーですね。ここで走者は代走・森本選手に。6番・高橋信選手はレフト前への打球。レフトが取りにいくもショートバウンドでキャッチ。2塁走者はいったん二三塁間に止まってしまったため、3塁でストップし、本塁へ生還することができず。この安打が1回の1・2番で2安打して以来の3安打目。7番・木元選手はレフトへ犠牲フライ。3塁ランナーがタッチアップでホームインで2-2の同点。日ハムの勝利に対する執念でつかんだ同点ですね。
【9回表】西武の攻撃。8回まで先発・ミラバル投手が2失点の好投。ここからは2番手・建山投手が登板。2死後、左中間へのライナー性の当たりをショート・古城選手がジャンプ一番でキャッチし、チェンジ。抜けていれば2塁打というところのファインプレー。ムードは北海道日本ハムへ。こうなれば、9回裏で日ハムサヨナラ勝ちといってほしいもの。
【9回裏】北海道日本ハムの攻撃。西武は4番手・長田投手にスイッチ。1死後、1番・SHINJO選手は2ストライク後、4球ボールを見極め、四球で出塁。2番・坪井選手はセカンドゴロでランナー入れ替わり、2死1塁。3番・小笠原選手はフルカウントから空振り三振。小笠原選手は首位打者ながら3打席連続三振といつもの小笠原選手ではないですね…。
【10回表】西武の攻撃。1番・佐藤選手からの攻撃。クリーンアップに回ってくることを考えて、北海道日本ハム・ヒルマン監督は3番手・守護神・横山投手にスイッチを決断。しかし、佐藤選手に初球をセンター前ヒットを打たれる。そのあと2死2塁となり、4番・カブレラ選手。フルカウントからカブレラ選手はフルスイング。打った瞬間、文句なしのホームラン…でも天井に当たって、アウトになれー!と願っていたら、フェンス手前の天井に直撃。ボールはフェンス手前に落ちてきて、レフト・島田選手がしっかりキャッチ。もし、屋根がなければ150m以上の特大ホームランでした。悔しさのあまり、カブレラ選手はヘルメットをおもいっきりたたきつけました。ほんとにラッキーの一言。ま、「飛ぶボール」が逆に飛びすぎて、ホームランを1本損してしまった感じでしょうか(^^;。
【10回裏】北海道日本ハムの攻撃。流れが完全に日ハムに来ているので、一気にサヨナラ!といきたいところ。1死後、5番・オバンドー選手がセンター前ヒット。6番・高橋信選手が送りバントで2死2塁と一打サヨナラのお膳立てをつくる。高橋信選手が1塁へ駆け抜けたとき、西武1塁・カブレラ選手の足をスパイクしてしまい、カブレラ選手はいったんケガの治療でベンチへ下がるも、再び登場。今日のカブレラ選手は「踏んだり蹴ったり」ならぬ、「踏まれたり、天井に当たってアウトになったり」ですね(^^;。そして、先ほど同点犠飛打の7番・木元選手は3球目を右中間へ。西武外野手は浅く守っていたので、センターが背走するもボールはセンター頭上を越えるサヨナラヒット。北海道日本ハムが3-2と劇的なサヨナラ勝ちです!!!
2004年9月3日、北海道日本ハム-西武戦スコア
西武
101 000 000 0 |2
100 000 010 1×|3
北海道日本ハム

北海道日本ハムにとっては、北海道を本拠地に構えた今年、地元・札幌ドームで初めてのサヨナラ勝ちです(今年のサヨナラ勝ちは昨日時点で、東京ドームでの1度のみ)。
本当なら西武・カブレラ選手の2ランホームランで西武勝利のところ、札幌ドームの屋根を味方にしての勝利。この勝利はほんとにそうそう起きることではない、というか、まさしく奇跡的な勝利です。終盤でのこの1勝は非常に大きい。何と言っても日ハム選手のムードを良くするものです。この勝利を生かすためにも、明日、あさっても絶対勝利あるのみ。ま、観客も明日、あさってと3万人超は決定的(うまくいけば4万人台も…)なので、大応援の後押しで勝利をつかんでほしいですね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.02

北海道マラソン2004のゴール映像

北海道マラソン2004が終わって4日たつのですが、足などの調子は特に問題なしということで、軽く4km走りました。で、走り終わったあと、北海道新聞社サイト内にある動画ニュースでゴール地点の映像を見ることができるので、8月30日の道新朝刊に載った記録を見ながら、マラソン仲間のゴール映像を見てました。

北海道マラソン2004・動画ニュース
http://www5.hokkaido-np.co.jp/sports/marathon2004/goal.php3

50代で2時間50分を切ってゴールするランナーもいれば、足をひきづりながら4時間弱でゴールをするランナー…夫婦でいっしょにゴールして、奥さんはゴールしてはしゃいでいたシーンもあれば、ゴールしたあと、振り返ってゴール地点(マラソンコース)に向かって一礼するランナー…こういうシーンはなかなか見ることができないので、こういうサービスは非常にありがたいですね。
どのゴールシーンを見ても、一生懸命42.195km走った達成感がありますよね。これを見て、益々マラソンの楽しさが深まりました。私も来年の北海道マラソンに向けて今から頑張っていきたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.01

共通ウィズユーカード・新券売機用を買う

共通ウィズユーカード・札幌のマチイラスト
地下鉄南北線さっぽろ駅にて新しい券売機用の共通ウィズユーカードを買いました。札幌市立高等専門学校4年・仁科里英さんがデザインした札幌のマチと地下鉄路線図をイメージしたイラストのカードです。
なお、札幌のマチにデザインされているものを私の独断で解説します。

タマネギ(右上)…東区の特産品
飛行機(右上)…札幌丘珠空港
ビル(中央)…都心部の象徴
★(星)マーク入りビール瓶(中央)…サッポロビール園・サッポロファクトリー(元工場)
キリン(左)…円山動物園
ヒツジ(下)…羊ヶ丘展望台
塔(右)…北海道百年記念塔(野幌森林公園内)
木…札幌の豊かな緑を象徴

なお、前のSAPPOROの文字をデザインしたカードが各駅で売り切れ次第の販売のため、現時点では旧デザインカードを販売している駅もありますので、購入の際は注意願います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「新時計台通信」30万アクセス達成、ありがとうございます。

ホームページ「新時計台通信」が今日・9月1日の朝、30万アクセス達成しました。多くの方に何度もご覧いただいた積み重ねでここまでの数字となりました。本当にありがとうございます。
スタートしてから5年2か月で達成。そして、20万から30万までの期間は1年と10日でした。郵趣ホームページでローカルな話題でも情報を蓄積していけば、多くの方にご覧いただける、という実績はこれでつくれたと思います。あとは、過去の情報もどんどん追加していって、図鑑的なHPにしていければ…と思います。これからもHP「新時計台通信」をよろしくお願いいたします。
なお、日記については本体のHPから分離して、この別館「札幌日記録」として掲載していますので、こちらもよろしくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »