« 日記録を別館にお引っ越し | Main | 札幌の古物商に丸形ポスト »

2004.08.28

新切手報道発表、特印使用期間が入る

8月27日、10月6日発売「2004年世界医師会(WMA)東京総会記念」切手、10月8日発売「国際文通週間」切手の報道発表が日本郵政公社からありました。

特殊切手「2004年世界医師会(WMA)東京総会記念切手」の発行について
http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/yubin/040827j202.html

「国際文通週間にちなむ郵便切手」の発行
http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/yubin/040827j201.html

で、それまでの新切手発行に伴う報道発表と異なる点があります。お気づきでしょうか?
実は、特印・初日印(ハト印)の使用期間が入るようになりました。

(アテネ)オリンピック記念切手発行(発行日:8月6日)の報道発表があったのを受けて、6月26日、日本郵政公社にEメールにて特印使用期間の問い合わせをしましたが、回答がありませんでした。
で、7月12日に再度、同じ問い合わせをしたのですが、またもや回答なし。

そのあと、「日米交流150周年記念」切手発行(発行日:9月22日)の報道発表があったのを受けて、8月13日、日本郵政公社にEメールで問い合わせをしたところ、8月16日に日本郵政公社郵便事業総本部営業本部商品企画部信書担当CS推進室(長い(^^;)からEメールで使用期間の回答がありました。そして、以下の文章も書かれていました。
--------------------

 また、特殊通信日付印の使用期間については前もって郵便局の窓口等に掲示し、お知らせすることとしております。報道発表資料への記載のご要望につきましては、いただいたご意見を参考にさせていただきつつ、検討して参りたいと思っております。よろしくお願いいたします。
--------------------
 そして、今回の報道発表において使用期間が掲載された次第です。

 ま、長年集めていれば、使用期間は手押しの特印が切手発行日から7日、記念押印機が切手発行日当日のみ…とわかっていますが、特印のことをよく知らない方が見た場合、使用期間が書かれておらず、非常に不親切と思って要望した次第です。

 もっとも、この要望の本来の趣旨は、オリンピック記念の手押し特印はなんで、オリンピック期間中も使用しないのか…ということなんですが、こちらは前述のとおり、2度メールしたものの、全く回答なしでした。2002年のサッカーW杯のときはちゃんと決勝戦当日まで使用(37日間)使用していたのですから、できないことはないのですけど、収集している立場のことをよく考えずに、機械的に切手発行日から7日間というのはナンセンス…。

 決して日本郵政公社と対決するつもりは全くなく、いかに一般の方がもっと切手収集や手紙を出すことなどを楽しめるようにしていく視点をもって、改善していった方がいいことについて要望していきたいと思っています。
 意見を言えば、このように改善されることもあります。だから、思いは伝えた方が絶対いいと思います。それが結局、自分が趣味を楽しくすることができる環境につながっていくはずです。

|

« 日記録を別館にお引っ越し | Main | 札幌の古物商に丸形ポスト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/952/1296448

Listed below are links to weblogs that reference 新切手報道発表、特印使用期間が入る:

« 日記録を別館にお引っ越し | Main | 札幌の古物商に丸形ポスト »